年別アーカイブ: 2017年

映画『はいからさんが通る』レビュー「紅緒はいつでも自分の理想」

『はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』を見て、どれだけ大きく影響を受けていたのか、改めて思い知らされた。もともとのイメージと、声優のイメージが違っていたのは、主役の二人。紅緒は想定されるパターンの一つだったが、伊集院少尉はまったく違い、人気声優・宮野真守氏の起用によって、映画版ならではの新たな少尉が誕生した。

駅ナカが欲しい―平塚駅西口周辺の広域再開発を切望する

 首都圏各地で再開発が進行中だ。計画中のものを含めると非常に多い。仕事用に一覧表を作ろうと思い、情報を追ってみて頭を抱えた。多すぎる。とても通常業務の時間内ではまとめられない。  しかし、平塚市の再開発は、駅から離れた日… 続きを読む »

スマホ・ネット・SNSの普及を経て「横国マルチ」が「都市社会」に進化した

 生涯年収は、新卒で就職した年の景気に左右されるという。2017年時点で30代後半から40代の世代は、就職状況が悪く、氷河期世代と呼ばれている。未婚率も高く、将来への懸念から節約志向も強い。実際、あと数年経てば、夫婦2人… 続きを読む »