期待はずれの「新しいiPad」と地味に便利な「iCloud」―それでもiPadは「買い」

投稿者: | 2012/04/29

 初代iPad、iPad 2は、ある意味、仕事で使うために購入した。本体代・維持費ともにすべて自分で支払っているが、毎日持ち歩き、オフィスの机の横に置いて、iPhone/iPad用アプリの内容確認やスクリーンショットの撮影などに利用している。当初、「新しいiPad」も購入する気だったが、今回はレビュー記事執筆用に試用する機会を得たため、すっかり購入意欲が下がってしまった。

 iPad 2 Wi-Fi + 3Gモデルのユーザーにとって、正直、新しいiPad Wi-Fi + 4Gモデルは、あまりメリットがない。確かにディスプレイは美しく、処理能力は高く、カメラも実用性に問題のないレベルに向上した。しかし、通信回線の速度はまったく変わらず(少しだけ体感では速くなったが)、画像化された文字は、ディスプレイの高画素化の恩恵を受けない。キレイになったといっても、文字とRetina対応アプリ、もともと高画素の写真・動画だけ。しかも、本体価格の値下げに伴い、「月月割」の金額が下がっており、端末代金一括購入派は、毎月支払う通信費が値上がってしまう。去年、初代iPadからiPad 2に機種変更した決め手は、「月月割」の増額にあった。iPad 2から新iPadへの機種変更はそのメリットがない。

・過去記事から転載(2012.3.12時点の価格)
 直営のソフトバンクショップでのiPad Wi-Fi + 4Gモデルの価格は、16GBが5万3760円、32GBは6万1680円、64GBが6万9600円。2011年に発売したiPad 2 Wi-Fi + 3Gモデルは、当初16GBが5万6640円、32GBが6万4800円、64GBモデルが7万2720円だったので、16GBは2880円、32GB・64GBは3120円、値下がっている。分割購入時の実質負担額は変わらず。ただし、「月月割」の金額は、第3世代iPadのほうが少ない(16GBモデルの場合、差額は120円)。また、データ定額プラン名が変更されており、基本使用料が値上がっている(「iPad for everybody」キャンペーン適用時は、以前と同じ月額4410円)。

 おそらく量販店は、「新しいiPad」の売れ行きに失望しているだろう。「見た目」の変化がなかったため(新聞・雑誌の写真やテレビの映像だと、Retinaディスプレイの美しさが伝わらない)、客寄せ効果は薄くなり、売れるのは単価の安いWi-Fiモデルばかり。そもそも取り扱い店舗が年々増えているため、客が分散し、アクセサリの取り扱い点数を絞らざる得ない。すると、ますます客は、アクセサリ類の豊富な大型店舗に逃げてしまう。

※2012.5.3追記
・iPadが約7割――過去2年間のタブレット端末の売れ行きを振り返る

 iPadは、インターネットをより幅広い世代に浸透させる「ポストPC」の可能性を秘めた存在であることは間違いない。Retinaディスプレイは、今後のアップル製品のスタンダードになるだろう。また、借用した「新しいiPad」、相方が衝動的に購入した「Mac mini」の自分用アカウントで、それぞれ「iCloud」のID・パスワードを入力しただけで、もともと持っていた「iPad 2」のメールやブラウザのお気に入りが連携した瞬間、Apple IDと「iCloud」こそ、アップルの強みだと感じた。しかし、iPhone/iPad、Macとも、今の売り方ではやがて限界が来るだろう。特に、iPadの通信機能付きモデル(3G/4Gモデル)は、早々にSIMロックフリー化しないと、私のように、何らかの理由で「ガラケーとiPadの2台持ち」にこだわる層しか興味を示さなくなるかもしれない。

iCloud
 実際に使ってみても、発売前の印象と変わらなかった。その結果、新iPadのレビュー記事は、発売前に書いたブログ記事の焼き直しのような内容になってしまった。いつもと同じように、往復の通勤時間しか使えず、ポテンシャルを活かす新たな使い方を発見できなかったことを反省している。ただ、「第3世代Padは、クリエイティブのためのツール」という見方は間違いないと確信した。もともとMac自体、自ら創作・編集し、発信するクリエイティブ作業に最適化されている。iPadは、その要素をより直感的にわかりやすくし、ハードルを下げた。しかし、ライター・ブロガーなどが最も重視する「日本語の文字入力」には強くない。新たに搭載された音声入力機能では代わりにならない。ないものねだりはやめ、「フリック入力」をマスターすれば、持ち歩ける大画面スマートデバイス「iPad」は、最強の原稿書きツールに変身するだろうか?

【関連記事】
・第3世代Padは、クリエイティブのためのツール(文章・ブログは除く)
・iPadの欠点、それは情報発信ツールとして使いにくいこと
・iPad 3Gとガラケーの2台持ちの理由