ドラクエの思い出(1) FC版「ドラクエ II」とWiiの「SFC版ドラクエII」

投稿者: | 2011/10/30

 DS版「ドラクエ4」や「ドラクエ5」をプレイした時、変にリメイクしないでいいので、オリジナルのFC版・SFC版をそのまま携帯型ゲーム機の「ニンテンドーDS」に移植して欲しいと思った。そうしたユーザーの要望が多く届いたのか、25周年記念として、ロト編3部作を1本にまとめたスペシャルバージョン「ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III」が発売された。

・ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III(Wikipedia)

 ハードは「DS」ではなく、据え置き型ゲーム機の「Wii」だった。「Wii」だと、移動時間(通勤時間・待ち時間)に遊ぶことができないため、当初は買わないつもりだったが、店頭でパッケージを見て、つい購入してしまった。

 私はゲーマーではなく、「ドラクエ好き」である。コンピュータゲームは、ドラクエシリーズと、懸賞で当たった恋愛シュミレーションゲーム1本、「幽遊白書」「コードギアス 反逆のルルーシュ」のゲーム(いわゆるキャラクターゲーム)しかプレイしたことがない。ドラクエのシナリオやダンジョン・謎解きそのものは、それほど評価していない。モンスターとの戦闘を通じて、着実にレベルアップしていると感じられるシステムと、すぎやまこういち氏の音楽が好きだ。理由はわからないが、とにかくはまる。特に大学以降は、ゲームを始めると序盤から中盤までは一気に進めてしまうようになった。

 「DS」なら、平日でも最大1日3時間(往復の通勤時間全て+帰宅後)くらいプレイできる。購入後1週間もあれば、とっくにSFC版のI・IIはクリアしていただろう。「DS」のIV・V・VI・IXに比べかなり遅いテンポで、WiiのSFC版I・IIを進め、ようやくIIもクリアした。プレイ中、いろいろと思い出し、何度もブログに、これまでのいろいろな思いや出来事を書きたい衝動に駆られた。ゲームそのものの思い出ではなく、自分の過去の話を。

 まずは、「ドラクエII」の思い出を簡単に語ってみたい。Wii版の仕様(ほとんど手を加えていない完全な移植、よくいえばオリジナル重視、悪くいうと、「そのまま」の手抜き)を知って以来、FC版「ドラクエII」の復活の呪文を書き記したノートを捨ててしまったことを強く後悔した。

 1987年の発売直後ではなく、中学生の時にソフトを友人から借りてプレイし、ソフトを返却した後も「復活の呪文ノート」を大学時代まで大切に保存していた。当時、エミュレータの存在を知っていれば、鉛筆で手書きしていたノートをスキャンしてデジタル化し、FC版が完全移植される日のために残しておいただろう。ムーンブルクの王女がパルプンテを覚えるくらい、レベルを上げても倒せなかったシドー。あと少しで倒せると思った瞬間、ベホマを唱えられ、敢なく撃沈した。そして、なぜか合わない復活の呪文……。FC版ドラクエ2の思い出は、多くの人と同様、過酷でハードで、ロンダルキアへの長い洞窟を抜けた後の白い大地が非常に恨めしいものだった。

 世の中にはモノを捨てる人と、捨てない人がいる。母親は後者の典型的なタイプで、私が自発的に捨てない限り、基本的に何でも残っている。もしかしたら、ノートも探せば出てくるかもしれない。それだけに悔しい。あのノートさえあれば、ラスボスを倒せず、唯一、クリアできなかったFC版ドラクエ2の続きを、15年以上の時を経てWiiでプレイできたのだ。

 今回のWiiのソフトの最大の目玉であるSFC版「ドラクエIII」は、発売直後ではなく、大学3年の時にプレイしているので、それほど懐かしくない。オープニングも戦闘シーンも、つい最近見たばかりの気がする。ストーリーもはっきりと覚えている。その時点で、インターネットに接続したパソコンが自宅にあり、攻略サイトも少し見た。ただし、ネットは従量課金のダイヤルアップ回線で、ゲームをしながら攻略サイトを見るなんてことはできなかった。

 Wii版のメリット。(1)DSに比べ、音楽がいい。(2)起動が早い。データが消えない。(3)DSとは違い、iPadで攻略サイトを見ながらプレイできる。あまりにも便利で効率的なので、攻略サイトを見ないように自制するほうが大変だった。

 10年前には予想もつかなかったこと、実現していたがお金が非常にかかるがこと、今は無料または廉価で「当たり前」のようにできる。さて、10年後に登場する「ドラクエ」では、何が出来るだろうか? デジタルを取り巻く環境はどうなっているだろうか? 案外、今後の10年は進歩せず、30歳以上をターゲットにした「懐かしゲーム」ばかりになるかもしれない。今回の25周年Wii版ドラクエのように、すでにそうした傾向は顕著になりつつある。正直、嬉しいし、ゲームそのものは楽しいけれど、回顧モードに入ったら、その業界の成長は止まる。

 時代の変化にあわせ、インターフェイスをiPadやAndroidタブレットなどのタッチパネルに最適化した「タッチパネル版ドラクエ」を発売したら売れると思う。個人的には、未プレイの7・8を強く希望する。かなり現実的な予測として、Sony TabletやXperia PLAYなどで利用できる、「PlayStation Certified」対応ゲームのキラータイトルとして、近々、無移植で登場するような気がする。

【関連記事】
・夏・冬・冬、過去3回のデータ消滅事件
・ドラクエ9と幻の原稿