タグ ‘仕事のこと’の記事一覧

スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

2018年3月31日08:31| 個別URL

 1日24時間では、やりたいこと、やるべきことがこなせない。削るとしたら睡眠しかない。最近話題のワード「睡眠負債」は、情報が多すぎて時間がない現代の歪みそのもの。「眠い」「休んだほうがいい」と感じたら、抗わずに寝てしまえばいいのだ。

何かに焦り、悩み、呆然とする……

 2016年12月に書いた<ようやく気づいた「自分の時間」の確保法>は取り下げなければならない。子どもの寝付きが悪くなった2017年2月頃から徐々に、5月には明確に「不眠」だと思い、3つの病院をはしごした結果、3つ目の病院で処方された薬と有料カウンセリング、自問自答を経て、不眠とイライラ感・ストレス感の原因は判明したものの、抜本的な解決策は、見つからず。ただ、少しだけ緩和法に気づき、完全な解消に向けた道筋は見えている。

 睡眠専門家を自称している医師によると「1日7時間半」の睡眠が最適らしい。自分の場合は、平日は布団の上で4時間半、電車内で1時間半の計6時間、土日は布団の上で5〜6時間、歯科の治療中や美容院の施術中に40分程度の熟睡がベストとわかったものの、うまく調整できず、朝、起床するまで、1日の予定が立たなくなってしまった。

スマホ育児は救い 動画ダラダラ見が悪

 一般的に土日・平日とも「子どもを早く就寝させ、夜は夫婦や自分一人の時間をもつ」生活スタイルが推奨されている。実際に保健師からも成長ホルモンは22時から分泌されるので早めに寝かしつけるよう、アドバイスを受けた。保健師の言葉をそのまま伝えているにも関わらず、夫は子どもを早く寝かせようとしない。最大のストレスと生活リズムのズレ、集中力欠如の要因だ。

 「スマホ育児」自体はさして子どもに害はない。スマートフォンやテレビをダラダラ見続けたり、ゲームをしたり、そのほかの遊びをしたり、就寝時刻がずれこむことが問題なのだ。育児関係者は啓蒙するべき内容を間違えている。そもそも労働時間を短くし、帰宅時間を早めなければ「早寝早起き」は難しい。

年齢構成と労働状況が歪んだ国・日本

 自分や同僚は毎日忙しい。取引先も多忙そうだ。しかし、17時台に東京駅から帰宅する中高年や若い女性の多さをみると、世の中の人は「ヒマ」なのかと思ってしまう。子どもの保育園の送り迎えをするまで知らなかったが、18時〜19時台にごく普通の男性が帰宅している。18時前に保育園前に着いた時には、18時きっかりに、保育園隣のオフィスからおじさんが出てきて驚いた。

 自分の業界では18時は仕事の真っ最中だ。そもそも「定時」という概念は存在しない。しかし、給与は、大企業に勤めるおじさんのほうがだいぶ高いだろう。実は忙しいのはごく一部だけで、あとは皆、ヒマなのかもしれないと、最近思うようになった。

その一方で、睡眠と食事時間を削って仕事と美容や趣味に割く時間を確保している働く男女、特に子持ち女性は多いはず。多忙な人はネットショッピングやスキマ時間にできるアプリ・ゲーム・ネット検索に現実逃避し、浪費していく。同じ「消費」でも質が違う。この格差の要因は何だろうか?


つぶやき, ,

理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない

2017年11月26日08:25| 個別URL

 7月のある朝、目覚めた時点で絶望的になり、いま一番書きたいこと、自分しか書けないことを考え、書き上げた。その予測通り、政府はモデル例となる標準就業規則から「副業・兼業の禁止」の項目を外そうとしている。

・「副業・兼業の推進」は、デジタル家電・白物家電の販売を後押しする

 テレワークの普及、副業解禁は、これまでの仕事とプライベートの「分離」から「融合」へ大転換となる。仕事は会社のオフィスでやるべき、無能と罵る古い考えの人とはやっていられない。仕事は自宅や外出先でするもの、オフィスは、プロジェクトの根回しやその成果をアピールする場所だ。打ち合わせすら、本来ならテレビ会議システムがあれば遠隔でOK。わざわざオフィスに出勤する必要はない。それでも出勤する理由は、自宅の寝室・リビングが合わないからだ。電車内や知った人のいないフードコードのほうが落ち着く。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評, ,

「人づくり革命」への提案

2017年8月6日10:30| 個別URL

 政治絡みのニュースはよくわからない。そもそも正式名称がわからない。国は国民運動と称し、さまざまな啓蒙を進めているが、伝わってこない。例えば7月24日の「テレワーク・デイ」は開催直前に知った。

 以前、河野太郎氏の自宅のすぐそばに住んでいた(参照)。自治会の副会長、神社の氏子会の副会長を務めていた父は生前、河野太郎氏と顔見知りの仲だった。自分自身も平塚市の活性化策としてJT跡地の有効活用法を直接訴えたことがある。その河野氏は外務大臣に就任し、地元を離れることが増えるだろう。それでも事務所に案を持ち込めば聞いてもらえるはずだ。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評, ,

新サイト「BCN RETAIL」を改めて紹介

2017年5月27日06:55| 個別URL

 産前産後休業(実際には出産日から取得しているため、産前は1日も休んでいない)、育児休業中に旧サイト・デジタル生活応援サイト「BCNランキング」の閉鎖、新サイト「BCN RETAIL」への移行とサイトコンセプトのリニューアルが決定し、正直、非常に戸惑い、せっかく培ってきたブランド力の低下、消滅は非常に大きいと感じているけれど、結果的に方針転換は、自分のキャリア形成にはプラスになったと感じている。仕事として執筆・発表できる文章の幅が広がったからだ。
(さらに…)


つぶやき

ようやく気づいた「自分の時間」の確保法

2016年12月31日15:45| 個別URL

 更新履歴をみると、年末の12月31日に個人ブログを更新するのは、2011年以来、5年ぶりだった。2011年といえば、スマートフォンが本格的に普及し始めた頃。その間、仕事に追われ、スマートフォンの月間ランキングやスマートフォンのシェア向上を伝える記事を執筆し、一部は大きな反響を得た。

 いろいろと執筆するなかで、タイトル・内容ともに短時間で仕上がった割に記憶があり、自信をもって今でも紹介できる記事は、下記の6本ほど。意外に少ない。
(さらに…)


つぶやき, , ,