「仕事のこと」タグアーカイブ

地頭がいい人の雑な生き方の結果

平均年収は調査によって異なる。今回は、全体的に高めの「転職サービスdoda」から引用する(出典:doda 平均年収ランキング最新版)。平均年収は20代346万円、30代452万円、40代528万円。年功序列は健在のようだ。dodaの調査は1歳ごとの年齢別平均年収が出ており参考になる。

年収ピークは20代後半

自分も配偶者も、実はリーマン・ショック前の2008年の年収が最も高い。その時は28歳だった。2017年のdodaの調査によると、28歳の平均年収は390万円、男性に限ると412万円、女性に限ると354万円。この結果を参考にすると、2008年時点では世代平均を超えていた。しかし、その後は昇給はなく(正確には給与体系を下方修正する見直し、労働時間短縮などがあった)、今は世代平均を大きく下回る。特に配偶者は酷い。首都圏在住・理系大卒フルタイム勤務にもかかわらず、平均より200万近く低い。はたして平均に達する日は来るのだろうか。

現状は、学歴と年収は比例しない。配偶者の出身高校は卒業後、偏差値が上がり、今は私が卒業した高校を超え、東大進学者も増えている。高校入学時点では、2人との学業成績は上位で、大学進学時点でも決して底辺ではなかった。しかし今は、「首都圏」というフィルタで見るならば負け組だろう。それでもダブルインカムだから世帯年収で見るとさほど低くない。

夫は頻繁に子育てのため専業主夫になりたいと口にする。しかし、主婦・主夫とは、小学校〜高校の理不尽な仕組み、PTAに率先して関わり、地域に根ざして生きる覚悟と行動力のある人のみの天職であり、地元に関わろうとしないタイプには不向きである。何より偏差値60のプライドが許さない。散らかった部屋に怒るモチベーションを転職活動や年収アップに振り分けて欲しい。

改めて表を確認して欲しい。調査によると、38歳の男性の平均年収は535万円、男女あわせても489万円だ。同年齢の男女差は約140万。平均的な年収のフルタイム勤務の男性とパート勤務の女性の組み合わせで達する世帯年収600万は首都圏で暮らすために必要な最低ラインであり、氷河期世代は、男性一人の稼ぎでは難しくなってきた。

夫婦あわせて1400万円以上のパワーカップル(定義によっては900万円以上)は、女性も男性並みに稼ぎがあり(女性の平均を大きく上回る年収を続けており)、だからこそマーケティングの格好のターゲットとなっている。類は友を呼ぶという真理が格差を拡大させ、少子化を加速させる。男性だけで十分な収入がなければ子どもは持つべきではないのだ。

「丁寧」だけでは年収は上がらない

地頭がいい人は存在していると感じる。自分が、頭の回転が良すぎて明後日の方向に向かいがちと自覚している。対して、夫は地頭はさほど良くなく、一点突破の能力だけ高いようだ。いわゆる「丁寧な人」だ。

自分は幅広く手を出す好奇心とハッタリで生きてきた、地頭の良さを生かしきれていない「雑な人」である。支えてくれる支援者がいればきっと起業家として成功しただろう。残念ながら、若い時分は毒親から離れる決心がつかず、地元に囚われた結果、生涯のビジネスパートナーとは出会えなかった。

今の日本で高年収を得たければ、各世代の年収水準の高い大規模企業またはベンチャー企業に勤務し、同時に人脈を広げることが不可欠。人とひとのつながりでビジネスが回る。ブログ論壇さえ人脈が大事ということは、Hagex氏刺殺事件が示している。加害者の低能先生はネット上でも孤独だった。Hagex氏はネット上で出会い、リアルで交友している友人が多数いたため、事件発生後、多くの追悼が寄せられた。

ブログやPVの数値は、顔の見えない応援者だと信じている。一人よがりでもいい。発信した情報、心の言葉が誰かの役に立つように。向上心は常に持ち続けるべきだが、その向上心の矛先は、キャリアアップと社会貢献に向けたい。

繊細な連載作家になれなかった

2012年12月から始まった景気(第15循環)は、2002年2月から2008年2月までの拡大した好景気「いざなみ景気」を上回ったという。ノートPCの底値は2012年11月。翌12月は現住居に入居した月で、居住年数は景気拡大期の月数と一致する。

しかしながら、好景気の実感はない。30代後半、まったく昇給していないのだ。正確には配偶者は若干上がったが、社会保険料の増加で手取りはむしろ減った。自分は出産を挟んだため、年収は1年間ゼロになり、しばらく昇給の見込みはない。

それでも貯金は積み上がっている。節税対策として新たに保険に加入し、今年1月からiDeCoにも加入した。円預金ではなく、投資に振り分けざるを得なくなったからだ。

週刊少年マンガがなぜ面白いのか。それは締切に追われ、限られた時間の中で集中して描くから。手に神が宿り、キャラクターが勝手に動く。身体的には厳しくても精神は充足している。散漫な長時間労働より濃密な短時間労働または締切ありの無制限クリエイトを。— デジタルライター・sf_mi (@sf_mi) 2016年12月29日

ここ数年、何度も同じことをツイートしている。この持論<締切に追われているから面白い>は変わらない。年収が上がらないと、モチベーションが下がるのだ。週刊漫画家はファンの声と年収を励みにがんばっている。アニメーターや美術家など薄給のクリエイターは名声のみ。ならば、普通のライターは何を励みにすればいいのだろう?

続きを読む 繊細な連載作家になれなかった

スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

1日24時間では、やりたいこと、やるべきことがこなせない。削るとしたら睡眠しかない。最近話題のワード「睡眠負債」は、情報が多すぎて時間がない現代の歪みそのもの。「眠い」「休んだほうがいい」と感じたら、抗わずに寝てしまえばいいのだ。

何かに焦り、悩み、呆然とする……

2016年12月に書いた<ようやく気づいた「自分の時間」の確保法>は取り下げなければならない。子どもの寝付きが悪くなった2017年2月頃から徐々に、5月には明確に「不眠」だと思い、3つの病院をはしごした結果、3つ目の病院で処方された薬と有料カウンセリング、自問自答を経て、不眠とイライラ感・ストレス感の原因は判明したものの、抜本的な解決策は、見つからず。ただ、少しだけ緩和法に気づき、完全な解消に向けた道筋は見えている。

続きを読む スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない

 7月のある朝、目覚めた時点で絶望的になり、いま一番書きたいこと、自分しか書けないことを考え、書き上げた。その予測通り、政府はモデル例となる標準就業規則から「副業・兼業の禁止」の項目を外そうとしている。

・「副業・兼業の推進」は、デジタル家電・白物家電の販売を後押しする

 テレワークの普及、副業解禁は、これまでの仕事とプライベートの「分離」から「融合」へ大転換となる。仕事は会社のオフィスでやるべき、無能と罵る古い考えの人とはやっていられない。仕事は自宅や外出先でするもの、オフィスは、プロジェクトの根回しやその成果をアピールする場所だ。打ち合わせすら、本来ならテレビ会議システムがあれば遠隔でOK。わざわざオフィスに出勤する必要はない。それでも出勤する理由は、自宅の寝室・リビングが合わないからだ。電車内や知った人のいないフードコードのほうが落ち着く。
続きを読む 理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない

「人づくり革命」への提案

 政治絡みのニュースはよくわからない。そもそも正式名称がわからない。国は国民運動と称し、さまざまな啓蒙を進めているが、伝わってこない。例えば7月24日の「テレワーク・デイ」は開催直前に知った。

 以前、河野太郎氏の自宅のすぐそばに住んでいた(参照)。自治会の副会長、神社の氏子会の副会長を務めていた父は生前、河野太郎氏と顔見知りの仲だった。自分自身も平塚市の活性化策としてJT跡地の有効活用法を直接訴えたことがある。その河野氏は外務大臣に就任し、地元を離れることが増えるだろう。それでも事務所に案を持ち込めば聞いてもらえるはずだ。
続きを読む 「人づくり革命」への提案

ようやく気づいた「自分の時間」の確保法

 更新履歴をみると、年末の12月31日に個人ブログを更新するのは、2011年以来、5年ぶりだった。2011年といえば、スマートフォンが本格的に普及し始めた頃。その間、仕事に追われ、スマートフォンの月間ランキングやスマートフォンのシェア向上を伝える記事を執筆し、一部は大きな反響を得た。

 いろいろと執筆するなかで、タイトル・内容ともに短時間で仕上がった割に記憶があり、自信をもって今でも紹介できる記事は、下記の6本ほど。意外に少ない。
続きを読む ようやく気づいた「自分の時間」の確保法

アーカイブの事実上の消滅に思うこと

 妊娠・出産・育児のため、2014年8月を最後に、ブログを更新できなかった。子どもは、2014年生まれの女児。妊娠中の出来事は、「はてなブログ(名無し34歳の自分語り)」に少しだけ書き残してある。TWO-MIXをきっかけに知り合った2人にふさわしい日に生まれ、曲を聞くたびに、「喜び」と「呪い」の両方を感じる。子どもと引き換えに、失ったものは大きい。

スマホの普及が引き起こしたユーザー層の変化とネットメディアの淘汰

 Webからスタートしたネットメディアはアーカイブを消さない。それが従来の取材手法と姿勢を頑なに守り、サーバー保守費用削減のため、配信した記事をすぐに削除する新聞社のオンラインメディアや、他媒体から配信された記事を集めだだけのポータルサイトとの最大の違いであり、検索から多くの流入が見込める強みだと認識していた。サイトリニューアルに伴い、ドメインが変わり、必然的にURLも変わる。当然のように、前回同様、記事ごとに新URLに転送されると思っていたが、今回は「URL転送設定は行わない」と決定していた。
続きを読む アーカイブの事実上の消滅に思うこと

盛り上がり、そして縮小に向かったデジタル家電普及の10年

スマートフォン・携帯電話、携帯オーディオ、液晶テレビ、デジタルカメの4ジャンルについて、過去の販売データを振り返って記事を書いた。時間が足らず、PCやその他の機器は、データを追うことができなかった。ただ、全般的な傾向は変わらないだろう。

・デジカメは「一人1台」から「一家に1台」に逆戻り? ニーズに応えるカタチは一眼か
・10年間、進まなかった液晶テレビの大画面化 40型4K登場でついにシフト始まる?
・スマホの普及率がついに従来型を逆転 「ケータイ」はいつまで残る?
・2010年をピークに縮小続く携帯オーディオ 生き残りの道はハイレゾか、それとも?

液晶テレビやレコーダー、デジタル一眼レフカメラなどは、「値下がり」によって、普及に弾みがついた。しかし、急激な値下がりが止まり、単価が上昇に転じた頃から販売台数は伸び悩んだ。iPod nanoが大ヒットした携帯オーディオプレーヤー、コンパクトデジタルカメラ、ノートPCなど、多くのジャンルは、それぞれピーク時より市場規模は縮小し、買い替え時のサイズアップによって、4Kテレビ=大画面テレビが伸びている液晶テレビ以外、下げ止まりの歯止めをかける要因は見当たらない。

携帯オーディオやPND(ポータブルナビ)、電子辞書は、同じ機能をもつスマートフォンに需要を奪われた。その一方で、4Kテレビやウェアラブル端末、最近では、VR(バーチャルリアリティ)関連製品など、付加価値の高い新たなジャンルが立ち上がり、ユーザーから資金を調達して製品化するクラウドファンディングも活発になっている。デジタル製品のクラウドファンディングは、単なる先着割り引き販売にもみえるが、うまく回れば、最良の仕組みといえる。

この10年の間に、さまざまなヒット商品が生まれたが、PLCやワンセグチューナー、デジタルフォトフレームなど、一過性のブームで終わったものも多い。PCソフトから生まれたバーチャルシンガー「初音ミク」、iPhoneをきっかけに、2011年から本格的に普及し始めたスマートフォンは、すっかり定着し、生活に溶け込んだ。

ドコモのiPhone参入、3社横並びを招いた最初のきっかけは、2011年10月に掲載した記事<「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート>かもしれない。

2016年、ついに総務省は、端末の実質0円販売を禁止するなど、過剰な規制を指示するに至り、販売店には大きなマイナスを与えてしまった。とはいえ、あと何年も経てば、誰もキャリアの違いなどは気にしなくなるだろう。iPhoneはiPhoneであり、総務省の目論見が成功すれば、やがて端末と回線の販売は分離せざるを得なくなる。

振り返ると、2011年は、地デジ化ではなく、従来のケータイからスマートフォンへのシフトによって、大きな転換点となった年だった。これだけは、後世まで伝わる記録に残るよう、訴えていきたい。

【関連記事】
・新サイト「BCN RETAIL」を改めて紹介
・スマートフォンの普及と日本の歪み
・iPhoneをめぐる争い 最後に勝つのはどのキャリアか