タグ ‘TWO-MIX’の記事一覧

予想外にイイ! 「戦姫絶唱シンフォギア」 第1話感想

2012年1月9日13:40| 個別URL

 声優・高山みなみさんの名を知ったのは1989年の夏。映画「魔女の宅急便」の数々のプロモーションのどれかだと思う。ただ、映画自体はテレビ放送されるまで見なかったので(親が劇場に連れて行ってくれなかった)、その声を初めて聞いたのは、「らんま 1/2 熱闘編」か「まじかるタルるートくん」、それ以外の作品の端役だと思う。

 熱心なファンになったのは1994年、「幽遊白書」のムクロ役、「魔法騎士レイアース」のアスコット役から。さらに1995年、TWO-MIXのデビュー曲「JUST COMMUNICATION」を文化放送のラジオ「ドリカン」で聴き、雑音まみれでよく聞き取れないながら、なぜか気になり、主題歌目当てに「ガンダムW」本編を見るようになった。その後、過去のアニメ誌のインタビュー記事から、声優業のかたわら、音楽活動にも真剣に取り組んでいることを知り、その多才さに憧れた。1995年、1996年あたりは、「天空のエスカフローネ」のディランドゥ役をはじめ、声優としても数々の作品に出演しており、歌と演技の両面から「声」に惚れた。

 「ガンダムW」のOP曲「JUST COMMUNICATION」を収録したTWO-MIXのファーストアルバム『BPM143』は、カセットプレーヤー、CDラジカセ、MDウォークマン、iPodを合わせて、最も多く再生したアルバムだ。15年以上経った今でも、サウンドは色褪せない。歌唱力は「デルタ」の活動以降、さらに上達しており、本人作曲の新曲を聴きたいと思っていた。

「歌う高山みなみさん」のファンなら大満足!

 
 前置きが長くなったが、かつて熱心な高山みなみファン、TWO-MIXファンだった私が、水樹奈々さんと共演し、歌姫役を演じるという新作アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」を見ないわけがない。第一報を知った時から大いに期待していたが、OP・ED曲ともに「ツヴァイウィング」の曲ではないと知り、少しテンションが下がっていた。公式サイトで紹介されているわかりにくい世界観と、やや古めのキャラクターデザインから、ストーリーと作画が破たんしていた「キスダム」の再来になるのでは、と心配になったからだ。

 「戦姫絶唱シンフォギア」 第1話(TVK放送版)は、そんな杞憂を吹き飛ばしてくれた。Twitterでは、視聴直後に「ぶっ飛び過ぎて何もいえない」とツイートしたが、1話の時点ではそれで十分かもしれない。確かに、映像、音響面では、いまだに心配が残る。しかし、ストーリーは、冷静に考えると支離滅裂でも、なぜか引き込まれる「熱さ」があった。30分の放送時間が非常に短く感じた。

 本人は”絶唱”し、命を散らしたものの、「生きるのを諦めるな」と、次につなぐ言葉を主人公らしい立花響に残した天羽奏。奏の死をきっかけに、戦いにより真剣になったようにみえる風鳴翼。第1話は、日本のアニメ・マンガで人気の「戦闘美少女」の系譜に、新たなキャラクターの名が刻まれた瞬間だったかもしれない。

 「紅白」出演経験のある歌手・声優の水樹奈々さんと高山みなみさんの2人組女性ボーカルユニットが歌うだけの日常系作品でも、ある程度売れたはず。あえてSF(特撮?)系のシリアスな展開に挑んだ点を評価したい。すでに第1話を、現時点名で3回視聴している。2・3回目は、音楽(歌)とセリフ中心。むしろ「音」だけに絞ったほうが、作品の全貌が浮かび上がってくる気がした。この作品は、CDとキャラクターCDの特典がついたBDソフトが売れれば商業的に成功したといえる。その目論見に、すっかり乗る気になっている。

【関連記事】
・TWO-MIX iTunes Store入り!
・魔法少女まどか☆マギカ9話までを見て〜想像力を刺激する物語の圧縮と空所


アニメ感想, ,

今年の年末商戦は前倒し-2010年10月5日~8日のツイート

2010年10月8日23:39| 個別URL
    ■Twitterより

  • 2010年10月8日
  • 2ページ目のメーカー別シェアは必見。シャープがついに2割を切り、アップルとほぼ同水準に…。2010年9月の携帯電話ランキング、iPhone 4 32GBがトップ獲得も2位とは僅差 bit.ly/bnFGcz #iphonejp #xperia posted at 22:18:04
  • この告知にずっと気づかず、記事化できなかった。年末商戦を前倒しにしたいメーカー・量販店がエコポイントの11月終了を提案したのでしょう。混雑するとクレームにつながるから。(メモ)家電エコポイント制度の見直しについて bit.ly/bBnrVv posted at 20:31:40
  • Twitterフォロワーが多ければ面白そう。(メモ)iPhone/iPod touch/iPad用アプリ、あんけったー。無料。  bit.ly/bExbkI posted at 15:12:12
  • 2010年10月7日
  • 突然、TWO-MIXのBPM132が聴きたくなって、何回もリピートしている。1995年、私がMacという存在を初めて知ったのは高山みなみさんと永野氏がきっかけだった。iPadでネットを見ながらiPodで音楽を聴く2010年。 #ipadjp #ipodjp posted at 23:25:38
  • 2010年10月5日
  • CEATEC、幕張メッセでなければ、有休を取得してでも行くのに…。あの遠さは自腹では厳しい。ドコモはスマートフォンと呼んでいるらしいが、「GALAXY Tab」はAndroid搭載タブレット。パソコンと電話の境目が曖昧になってきた。bit.ly/9rW8Sl posted at 14:34:01

つぶやき,

TWO-MIX iTunes Store入り!

2007年6月17日10:34| 個別URL

■mixiより転記

ついにTWO-MIXの楽曲が音楽配信される時代に…! 2007年は、やはりTWO-MIX回帰の年になりそう。再ブレイクの予感に震える。

有力アーティストを多く抱えるワーナーが「iTunes Store」に楽曲提供を開始、東芝がDRMフリーの曲を提供、日本の「iTunes Store」と「Yahoo!ミュージック」が提携と、売上が前年並みに落ち着き、電車での暇つぶしがiPodでの音楽視聴からワンセグケータイやニンテンドーDSに流れるなか、さらに多くのユーザーをつかむためのテコ入れがなされた。

そのおかげでTWO-MIXファンを始めて12年、iTunesを利用して6年、iPodユーザーになって3年、TWO-MIXとiPodがようやくつながった!今のところワーナー時代の最後のアルバム「0G」とダンス編曲の企画アルバム1枚の計2枚だけの配信だが、少なくてもワーナーから発売された楽曲、CDはフルで取り揃えて欲しい。

キングレコードも一部の新曲だけではなく、TWO-MIXをはじめ、林原めぐみや故・岡崎律子さんの楽曲を「iTunes Store」で配信して欲しい。需要は必ずある。iTunes Storeは、廃盤になって新品では買えないアルバム、シングル単位で売れる楽曲を買うべきストア。やや割高だが、事前に試聴してから買える点が気に入っている。

楽曲の配信開始は、すでにCDを持っているユーザーにも利点がある。iTunes Storeで配信されている楽曲は、自分のCDから取り込んだ場合でももれなくジャケット写真が付くのだ。カラー画面のiPodに買い替えた甲斐があったものだ。「ガンダムW」のBS-iでの再放送中に「コードギアス」の16:9のCMがかかった時以上に、連綿と続くつながりと、時代の移り変わりに驚く。


つぶやき,