タグ ‘戦姫絶唱シンフォギア’の記事一覧

予想外にイイ! 「戦姫絶唱シンフォギア」 第1話感想

2012年1月9日13:40| 個別URL

 声優・高山みなみさんの名を知ったのは1989年の夏。映画「魔女の宅急便」の数々のプロモーションのどれかだと思う。ただ、映画自体はテレビ放送されるまで見なかったので(親が劇場に連れて行ってくれなかった)、その声を初めて聞いたのは、「らんま 1/2 熱闘編」か「まじかるタルるートくん」、それ以外の作品の端役だと思う。

 熱心なファンになったのは1994年、「幽遊白書」のムクロ役、「魔法騎士レイアース」のアスコット役から。さらに1995年、TWO-MIXのデビュー曲「JUST COMMUNICATION」を文化放送のラジオ「ドリカン」で聴き、雑音まみれでよく聞き取れないながら、なぜか気になり、主題歌目当てに「ガンダムW」本編を見るようになった。その後、過去のアニメ誌のインタビュー記事から、声優業のかたわら、音楽活動にも真剣に取り組んでいることを知り、その多才さに憧れた。1995年、1996年あたりは、「天空のエスカフローネ」のディランドゥ役をはじめ、声優としても数々の作品に出演しており、歌と演技の両面から「声」に惚れた。

 「ガンダムW」のOP曲「JUST COMMUNICATION」を収録したTWO-MIXのファーストアルバム『BPM143』は、カセットプレーヤー、CDラジカセ、MDウォークマン、iPodを合わせて、最も多く再生したアルバムだ。15年以上経った今でも、サウンドは色褪せない。歌唱力は「デルタ」の活動以降、さらに上達しており、本人作曲の新曲を聴きたいと思っていた。

「歌う高山みなみさん」のファンなら大満足!

 
 前置きが長くなったが、かつて熱心な高山みなみファン、TWO-MIXファンだった私が、水樹奈々さんと共演し、歌姫役を演じるという新作アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」を見ないわけがない。第一報を知った時から大いに期待していたが、OP・ED曲ともに「ツヴァイウィング」の曲ではないと知り、少しテンションが下がっていた。公式サイトで紹介されているわかりにくい世界観と、やや古めのキャラクターデザインから、ストーリーと作画が破たんしていた「キスダム」の再来になるのでは、と心配になったからだ。

 「戦姫絶唱シンフォギア」 第1話(TVK放送版)は、そんな杞憂を吹き飛ばしてくれた。Twitterでは、視聴直後に「ぶっ飛び過ぎて何もいえない」とツイートしたが、1話の時点ではそれで十分かもしれない。確かに、映像、音響面では、いまだに心配が残る。しかし、ストーリーは、冷静に考えると支離滅裂でも、なぜか引き込まれる「熱さ」があった。30分の放送時間が非常に短く感じた。

 本人は”絶唱”し、命を散らしたものの、「生きるのを諦めるな」と、次につなぐ言葉を主人公らしい立花響に残した天羽奏。奏の死をきっかけに、戦いにより真剣になったようにみえる風鳴翼。第1話は、日本のアニメ・マンガで人気の「戦闘美少女」の系譜に、新たなキャラクターの名が刻まれた瞬間だったかもしれない。

 「紅白」出演経験のある歌手・声優の水樹奈々さんと高山みなみさんの2人組女性ボーカルユニットが歌うだけの日常系作品でも、ある程度売れたはず。あえてSF(特撮?)系のシリアスな展開に挑んだ点を評価したい。すでに第1話を、現時点名で3回視聴している。2・3回目は、音楽(歌)とセリフ中心。むしろ「音」だけに絞ったほうが、作品の全貌が浮かび上がってくる気がした。この作品は、CDとキャラクターCDの特典がついたBDソフトが売れれば商業的に成功したといえる。その目論見に、すっかり乗る気になっている。

【関連記事】
・TWO-MIX iTunes Store入り!
・魔法少女まどか☆マギカ9話までを見て〜想像力を刺激する物語の圧縮と空所


アニメ感想, ,