タグ ‘住まい’の記事一覧

宅配トランクルームは「情弱ビジネス」か、「持たない暮らし」の必須サービスか

2017年5月5日07:50| 個別URL

 宅配便を利用した「宅配型トランクルーム」を利用しようとしたら、夫が激怒した。専用段ボールを送付しない限り、契約は成立せず月額費用は発生しない、請求した段ボールは収納に再利用する、といったにも関わらず、箱をメチャクチャに壊された。「宅配トランクルームビジネスは今後普及する。だから、物流・倉庫関連の企業の株価が上がっている」と主張すると、「ステマで盛り上がる”情弱ビジネス”だからだ。自分が情弱から巻き上げるならいいが、巻き上げられる側になってはダメだ」とさらに怒った。

オンラインストレージのリアル版「宅配トランクルーム」

 実は、「宅配トランクルーム」は、現在、母一人で住んでいる家を遺産相続した際、自分達の荷物を置くトランクルームとして活用した上で、最低限かかる維持費用をゼロにするためにやりたいと思っていた副業のアイデアに近いものだった。自宅が狭く、年に数回しか使わないもの、捨てたくはないが、捨てられないものを保管する場所が欲しい、というニーズは高いはず。むしろ、「職住接近」で地価の高い都心部、その近郊に住む人が増えると、「狭い自宅にモノを極力置かない」ことが重要になる。

 「宅配トランクルーム」は、モノの正当な価格設定を判断できない”情弱”ではなく、正当に判断したうえで、必要とあれば費用を投じることを惜しまない、金銭的なゆとりのある富裕層向けのサービスではないか。ならば、今後、伸びるに違いない。

いま一番欲しいもの―それは自分だけのスペース

 子どもが部屋を毎日散らかし、夫はゴミ出しをほぼ一切せず、室内はデットスペースばかり、という状況を打開するため、当初は収納用品と本棚を検討していた。しかし、実物を見てもピンとこず、本当にいま、欲しいものは「自分だけのゆったりとしたスペース」だと気づき、視界から要らないものを消せばストレスが減ると気づいた。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評, , ,

それでも『残念な街』といわれる湘南平塚に住み続ける理由

2014年3月1日13:20| 個別URL

 神奈川新聞(カナロコ)に、平塚市の現状を的確に分析した、手厳しい内容の記事が掲載された。末尾の提言以外、ほぼ同意する。

・平塚市14年度予算案は約1756億円、ツインシティに力点

 (前略)新年度はさらに、平塚市大神地区と相模川対岸の寒川町倉見地区を新橋で結び一体的なまちづくりを行い、倉見地区に新幹線新駅を誘致する大型事業「ツインシティ計画」の推進に力を注ぐとしている。しかし同計画は、新駅の見通しが立たない中で肝心の倉見地区のまちづくりが進まず、現状では大神地区「ワンシティ」の国道129号沿線開発の様相が濃くなっている。地域住民の十全の理解も得られないまま、土地区画整理事業など数百億円規模の大型事業に突き進むことが妥当なのか厳しく問われている。

 落合市政が大型事業中心に動く陰で、平塚は2010年11月をピークに過去3年で人口が約2800人も減少した。昨年は転出超過(社会減)が県内で横須賀市に次ぐ規模。出生数も急減し、人口が約2万人少ない茅ケ崎市の出生数を下回った。社会減、自然減とも拡大傾向だ。働き盛り世代に選ばれず、子どもが生まれにくい街になっている。人口増が続いている藤沢、茅ケ崎市と比べ、湘南地域での平塚の地盤沈下は顕著だ。ハード、ソフト両面で、新年度予算案が、事態に十分対応しているか疑問も出よう。

 働き盛り世代に選ばれるには、都心への通勤が便利な駅周辺の活性化が重要な要素だ。駅北口の中心商店街は、平塚のアイデンティティーである湘南ひらつか七夕まつりを支える基盤でもある。駅前再開発の中心で懸案の見附台周辺地区再開発事業は、調査などが難航し、新年度予算案に盛り込めていない。まちづくりの方向性が問われている。

(さらに…)


つぶやき, 湘南ローカル情報, ,

賃貸の定番・2DKの需要は消えた?

2013年8月11日07:35| 個別URL

 引越し前に住んでいた賃貸アパートは、次の入居者が決まらないらしい。もう何か月も、不動産情報サイトに情報が掲載されている。このままだと、「空き家」となり、不良資産となってしまう【退去から約10か月後、別の方が入居されました】。私達がずっと住んでいれば、こんなことにはならなかった。心苦しく思うため、その理由を考察してみた。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評,

住宅ローンは住居費の前借り、資金計画さえ間違わなければ問題ない

2013年5月6日09:14| 個別URL

 この個人ブログの更新を休止していた間に引っ越した。余りにも露骨な新築・持ち家優遇の国の政策や、旧態依然の不動産業界の慣習などに対し、いろいろ思うところがあり、折にふれてTwitterでつぶやいてきた。一度、きちんと文章にまとめたいと思っているが、完全に住所が特定されてしまうため、躊躇している。

 以前から、新聞や雑誌には、家計簿(年間/月間の収支)をもとに、アドバイザー(FP)が診断するという記事が時々掲載されていた。新聞・雑誌記事をWebに転載するケースが増え、インターネット上でも頻繁にみかけるようになってきた。また、新築マンション情報誌「スーモ」では、巻頭特集として、世帯人数・年収・物件価格(物件情報)・住宅ローンの実例を紹介する記事が定期的に掲載され、ここ1年、その頻度が以前より増えている気がする。

・住宅を賃貸と購入どっちがいいの?と聞かれたら「賃貸最強!」と答えよう
・こんな理由で家を買ってはいけない! その3「結婚したから」「子どもが生まれるから」
※その1・その2・その4(最終回)もあり

 「賃貸最強!」は、ある意味、正しい。いくら家賃より出費が抑えられるからといって、既婚・未婚問わず、貯金がほとんどない状態で住宅ローンを組んで家を買うことには反対だ。ある程度、貯蓄があり、総支払額が確定している全期間固定金利(フラット35)で、20年~35年間、払い続けられる見通しが立っているならいい。多くの場合、不動産会社に勧められるまま、不確定な変動金利を選んでしまう。

 「結婚したから」「子どもが生まれるから」、圧倒的に多い「家賃がもったいないから」という安易な理由で家を購入するのも反対だ。日本は、引越しに伴う事務手続きが多く、気軽に引っ越せない。持ち家の場合、そもそも、希望する価格で売却できない場合が考えられる。その街に定住するつもりがないなら、買うべきではない。いくら好立地でも、永久に「売れる」「貸せる」保証はない。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評,

人生40年時代を豊かに生きるためにーなぜ、いま「持ち家」購入に踏み切ったのか

2012年5月4日10:40| 個別URL

 広告代理店や不動産業界から指示があったのか、単に春の引っ越しシーズンに合わせたのか、インターネット上で反響があり、PVや広告収入(アフィリエイト)が見込めるからか、最近、「持ち家VS賃貸どちらが得か」というテーマの記事を頻繁に見かける。結論は、主に女性向けの媒体・質問掲示板は「ライフスタイル次第」という無難なもの、ビジネスマン向けの媒体は「マンションを投資と考え、損をしない投資物件を購入せよ」という強い論調、ノマド志向の独身者向けのブログ・掲示版では「リスクを負わない賃貸がベスト」と、おおむね3パターンに分かれている。
(さらに…)


社会批評, ,