タグ ‘スマートフォン’の記事一覧

ようやく気づいた「自分の時間」の確保法

2016年12月31日15:45| 個別URL

 更新履歴をみると、年末の12月31日に個人ブログを更新するのは、2011年以来、5年ぶりだった。2011年といえば、スマートフォンが本格的に普及し始めた頃。その間、仕事に追われ、スマートフォンの月間ランキングやスマートフォンのシェア向上を伝える記事を執筆し、一部は大きな反響を得た。

 いろいろと執筆するなかで、タイトル・内容ともに短時間で仕上がった割に記憶があり、自信をもって今でも紹介できる記事は、下記の6本ほど。意外に少ない。
(さらに…)


つぶやき, , ,

夏の熱さで思い出す、8年前のiPhone上陸騒ぎとコードギアス

2016年8月9日09:20| 個別URL

 最終回から1年目、3年目、5年目……。2006年から2008年にかけて、生活の中心となり、各話を何度も見返した「コードギアス」を振り返る記事を書こうと思いつつ、はや数年経ってしまった。世間的には、2008年夏は、iPhone日本上陸の夏だ。しかし、個人的には、後に悪性リンパ腫だと判明した父の入院と、「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」の夏だった。

 正直にいうと、当時、IT業界やメディアで騒がれた「iPhone 3G」にはあまり興味はなく、父の入院時の待ち時間は、ケータイ版の2chにアクセスして、「コードギアス」のネタバレや感想を読み続けていた。まさか数年後、日本人の象徴だったケータイがすっかり廃れ、iPhoneをはじめとするスマートフォンが広く普及するとは、夢にも思わなかった。Webサイト「BCNランキング」の閉鎖を前に、当時の記事をいくつか読み返したが、ことごとく日本ではスマートフォンは根付かない、と語っていて、つくづく予想は難しいと思った。たった8年前だが、遠い過去のようだ。
(さらに…)


つぶやき, デジタル, , ,

盛り上がり、そして縮小に向かったデジタル家電普及の10年

2016年7月30日07:18| 個別URL

 スマートフォン・携帯電話、携帯オーディオ、液晶テレビ、デジタルカメの4ジャンルについて、過去の販売データを振り返って記事を書いた。時間が足らず、PCやその他の機器は、データを追うことができなかった。ただ、全般的な傾向は変わらないだろう。

・デジカメは「一人1台」から「一家に1台」に逆戻り? ニーズに応えるカタチは一眼か
・10年間、進まなかった液晶テレビの大画面化 40型4K登場でついにシフト始まる?
・スマホの普及率がついに従来型を逆転 「ケータイ」はいつまで残る?
・2010年をピークに縮小続く携帯オーディオ 生き残りの道はハイレゾか、それとも?

 液晶テレビやレコーダー、デジタル一眼レフカメラなどは、「値下がり」によって、普及に弾みがついた。しかし、急激な値下がりが止まり、単価が上昇に転じた頃から販売台数は伸び悩んだ。iPod nanoが大ヒットした携帯オーディオプレーヤー、コンパクトデジタルカメラ、ノートPCなど、多くのジャンルは、それぞれピーク時より市場規模は縮小し、買い替え時のサイズアップによって、4Kテレビ=大画面テレビが伸びている液晶テレビ以外、下げ止まりの歯止めをかける要因は見当たらない。

 携帯オーディオやPND(ポータブルナビ)、電子辞書は、同じ機能をもつスマートフォンに需要を奪われた。その一方で、4Kテレビやウェアラブル端末、最近では、VR(バーチャルリアリティ)関連製品など、付加価値の高い新たなジャンルが立ち上がり、ユーザーから資金を調達して製品化するクラウドファンディングも活発になっている。デジタル製品のクラウドファンディングは、単なる先着割り引き販売にもみえるが、うまく回れば、最良の仕組みといえる。

 この10年の間に、さまざまなヒット商品が生まれたが、PLCやワンセグチューナー、デジタルフォトフレームなど、一過性のブームで終わったものも多い。PCソフトから生まれたバーチャルシンガー「初音ミク」、iPhoneをきっかけに、2011年から本格的に普及し始めたスマートフォンは、すっかり定着し、生活に溶け込んだ。

 ドコモのiPhone参入、3社横並びを招いた最初のきっかけは、2011年10月に掲載した記事<「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート>かもしれない。

 2016年、ついに総務省は、端末の実質0円販売を禁止するなど、過剰な規制を指示するに至り、販売店には大きなマイナスを与えてしまった。とはいえ、あと何年も経てば、誰もキャリアの違いなどは気にしなくなるだろう。iPhoneはiPhoneであり、総務省の目論見が成功すれば、やがて端末と回線の販売は分離せざるを得なくなる。

 振り返ると、2011年は、地デジ化ではなく、従来のケータイからスマートフォンへのシフトによって、大きな転換点となった年だった。これだけは、後世まで伝わる記録に残るよう、訴えていきたい。

【関連記事】
・スマートフォンの普及と日本の歪み
・iPhoneをめぐる争い 最後に勝つのはどのキャリアか


つぶやき, デジタル, ,

スマートフォンの料金プランに望むこと~タブレットとの2台持ちのために

2013年10月26日18:20| 個別URL

 わずか1か月ほど前なのに、すでに記憶が曖昧になっている。アップルが毎年、秋にiPhoneの新モデルを発表する限り、秋の定番行事は、「iPhoneまつり」だろう。それ以外に思い出はない。

 日本時間9月11日のアップルの発表を受け、3キャリアは微妙な駆け引きを行い、9月13日の昼から夜にかけて、iPhone 5s/5cの端末価格(実質負担額)とiPhone向けキャンペーンを発表した。当日中に手がつけられなかったため、9月14日は、朝6時に起床し、記事執筆後、マンションの管理組合の定例理事会に参加した。帰宅後、書き途中だった記事の本文と表を仕上げ、その後、表タグの作成に着手した。翌15日の午前中、予定より少し遅れて、3キャリアの「iPhone 5s/5c」の料金比較記事を掲載した(正しくは、端末の実質負担額+通信料金だが、便宜上、「料金」と記載している)。他のITニュースサイトより遅かったことと、改定を重ねた比較表が功を奏し、Yahoo!トピックスのトップに掲載され、大量にアクセスされた。「早起きは三文の徳」の事例として、忘れないようにしたい。

地元平塚のiPhone 5sの販売状況

 発売日の9月20日、ビックカメラ有楽町店を訪れた。今年で3年連続。朝8時過ぎの時点は、ドコモの列が一番長かった。auコーナーは店の奥のため、様子がよくわからなかった。発売日の翌日、9月21日は休日出勤した。帰りにビックカメラ有楽町店を訪れると、在庫のあるスペースグレイなら購入できた。

 9月22日の午前中、途中経過のデータを見ながら記事を執筆し、午後、地元のケーズデンキ湘南平塚本店に行った。ソフトバンクモバイルのiPhone 5sは、発売直後にも関わらず、「MNPなら2万1000円引き(分割払い時は2万1000円分の商品券プレゼント)」だった。ただし、期間限定・終了時期未定と言っていた。実際、次に訪れた時(10月14日)は、同様の割引はなかった。ドコモコーナーは、これまでと代わり映えなく、片隅に無理やりiPhoneコーナーを新設していた。MNP向けの割引(キャッシュバック)は、Android搭載スマートフォンのほうが多く、そちらを売りたいように見えた。ドコモの販売スタッフは、iPhone 5sとiPhone 5cの違いを満足に説明できず(そもそも人数がいない)、客も一部を除き、興味を持っていないようだった。
(さらに…)


デジタル, 湘南ローカル情報, , ,

スマートフォンの普及と日本の歪み

2013年10月19日12:40| 個別URL

 2年前の2011年10月、ネット上の書き込みをきっかけに、<「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート>という記事を執筆した。ほぼ半々という数字を見てから書いた。続報として、翌週、<「iPhone 4S」キャリア対決、発売2週目はauがシェア59.5%でソフトバンクを引き離す>を執筆し、何とかその週のうちに掲載した。特に、1本目の記事は、誕生日返上で書いたため、思い入れが深い。「iPhone 4s」の最終的な累計販売台数は、ソフトバンクモバイルのほうがはるかに多く、auのシェア上昇は、一時的な現象だった。

 2012年は、前年に比べ、発売時期が約1か月早まり、慌ただしく、いろいろな記事を書いた。記憶が曖昧で、はっきりと覚えていない。この個人ブログも、何も更新していない。Twilogによると、<「iPhone 5」キャリア対決、発売1週目はシェア63.2%でソフトバンクが制する>は、2012年9月27日の午前中に書いたようだ。記事掲載後、下記のようなコメントをツイートしていた。1社独占体制が崩れ、2キャリアが取り扱うようになって以来、どちらか一方に肩入れするiPhoneユーザー同士のネット上の言い争いが激しくなり、辟易していたからだ。
(さらに…)


デジタル, 社会批評, , , ,