タグ ‘メディア’の記事一覧

スマホ・ネット・SNSの普及を経て「横国マルチ」が「都市社会」に進化した

2017年5月14日06:50| 個別URL

 生涯年収は、新卒で就職した年の景気に左右されるという。2017年時点で30代後半から40代の世代は、就職状況が悪く、氷河期世代と呼ばれている。未婚率も高く、将来への懸念から節約志向も強い。実際、あと数年経てば、夫婦2人とも平均年収まで達するとは思えない。

主要家電量販店の初任給を比較 ほぼ横並びだが、実際は大きな差?
 「平成28年(2016年)賃金構造基本統計調査」によると、2016年6月の平均賃金(時間外勤務手当、休日出勤手当などを含めない税込の給与額)は30万4000円(平均年齢42.2歳、平均勤続年数11.9年)、男性に限ると33万5200円(平均年齢43.0歳、平均勤続年数13.3年)、女性に限ると24万4600円(平均年齢40.7歳、平均勤続年数9.3年)で、賞与や残業手当などをプラスすると、男女あわせた平均年収は400万円台半ばと推測される。

ITスキル・情報収集意欲の差が大きい氷河期世代

 そんな不景気の底から脱却しつつあった2002年に大学を卒業し、新卒で地元・神奈川の中小企業に就職した。皮肉なことに、浪人・留年、海外留学などで、現役モデルケースからはずれた人のほうが就職活動は容易だっただろう。折しも2002年度は、今に続く、インターネットを利用した「誰でも多くの企業にエントリーできる仕組み」が本格的に稼働した元年だった。PC・インターネット、携帯電話が使えない人は、その時点ではじかれた。大手企業も手探りで、まずは大学名で選別したため、著しく不平等だった。

 ひとくちに氷河期世代といっても、ITリテラシーの差は大きい。学生時代にWindows 95/98や、カラフルなカラーとスケルトンデザインで一斉を風靡したiMacなどでPCの存在を知り、その操作方法を独学や学校で習った層は、生まれて初めて触れたインターネット端末が10キー入力のケータイだったプレデジタルネイティブ世代、すでに最初からタッチ操作のスマートフォンだった、その下の完全デジタルネイティブ世代とは違い、PCのキーボード入力やマウスに慣れ親しみ、固定回線はダイヤルアップからADSL、光ファイバー(FTTH)、モバイルデータ通信は2G/3Gから4G(LTE)と、インフラの変化のともに、インターネットの普及をリアルタイムで体感してきた唯一の”アナログ→ネット世代”ともいえる。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評, , ,

2013年の振り返り

2014年1月1日10:00| 個別URL

 2013年を振り返ろうと思ったものの、1月・2月の記憶がまったくないと気づいた。記憶はすぐに曖昧になり、やがてすっかり細部を忘れてしまう。確実に自分の軌跡や想いを残したければ、「記録」を心がけ、積極的に文字として書き残さなければならない。ブログの更新頻度が減った年は、精神的に余裕がなく、ストレスの多い年だ。

 最近、本当に言いたいこと(心の叫び、思いつき)は、ブログではなく、「はてな匿名ダイアリー」に書いている。同じ内容でも、通称「増田」のほうが注目され、より多くの人に読んでもらえると気づいてしまったからだ。

 ある時、書き込んだ日記は、書き込みから数時間後、「はてなブックマーク」のホットエントリーに入り、共感・否定・疑問・罵倒のコメントが並んだ。Twitterでも、同様に、さまざまなコメントが流れていた。「はてブ数」は、自己最高を更新。このままだと、仕事で書いた記事を含め、生涯最大になるかもしれない。従来のマスメディアは、「何を言ったか」より、「誰が言ったか」が重視される世界だった。インターネットも、雑誌の手法を取り入れた商業メディアが増え、SNSが普及した結果、一部の例外を除き、「誰が何を言ったか」が重要になり、影響力の強い人(ブログ・まとめサイト)がリンクを紹介すると、爆発的にPVが伸びる傾向が年々強まっている。「はてな匿名ダイアリー」は、唯一、「内容」だけで戦えるプラットフォームだ(注目されるかどうかは、偶然に左右される)。まさに玉石混交で、最近はパターン化した釣りネタも目立つ。ただ、どんどん流れていくさまざまな書き込みの中に、時々、決して実名では書けない、一般人の「リアルな心の声」を感じる。

 創作者は、多くの場合、「評価」を求める。個人ブログをはじめ、無報酬の創作は、「読者の反応」が最大の励み。いくら自己満足だと割りきっても、反応がなければモチベーションが下がり、無力感にさいなまれる。ちきりん氏は、市場に評価される人間になるべきと提言した。すべての業種・職種に当てはまるわけではないが、会社や業界という狭い枠にとらわれていては、伸びるはずの能力が伸びず、それが日本の経済的停滞につながっているという指摘には、おおむね同意する。多くの読者に共感される文体を持っているブロガー、Twitter著名人は、作家に等しい。大学時代に書いた文章は、独自の文体だと評価された。今は、自分が一部の人に感じるように、「なぜかイラッとする」文体・内容なのだろう。ネット時代は、アイコン(写真)と文体と内容が揃って初めて評価される。 だから、ブックマークされることなく、読み捨てされる。

 たとえ、自分自身の評価につながらなくとも、仕事を通じ、世の中に役に立つ情報を発信し、Twitterやブログなどの個人的メディアには、自分のありのままの気持ちを書き残す。少しでも多くの反応を求め、個人ブログではなく、完全に匿名で書ける「はてな匿名ダイアリー」に逃げた自分を少し反省したい。

【関連記事】
・2011年を振り返ってー「なりたい自分」が見えてきた


つぶやき, ,

リアルタイム重視のTwitterの面白さと物足りなさ

2011年12月30日23:26| 個別URL

 3月11日に1000年度に一度といわれた大地震が発生した。その後の調査・研究によると、発生間隔は600年と、もっと短い可能性もあるらしい。2011年11月11日は、余りにも日付に「1」が並ぶことから、大地震の発生が危惧されたが、何事もなく終わった。11月29日火曜日は、Twitter上は「スライム肉まん(スライムまん)」の話題で埋め尽くされ、日常がようやく戻ってきた感じがした。ただ、今の日々が「つかの間の平和」に思えなくもない。

Twitterは「情報発信するネットユーザー」の世相を映す鏡

 12月9日の「天空の城ラピュタ」テレビ放送時は、Twitterの秒間ツイート数の最高値を更新。その数は、1秒間に2万5088件にも達した。未曾有の大地震・大災害など、まるでなかったかのように、映画のテレビ放送を見ながら(実際には見ていない人も多かったと思われるが)、アニメ好き、ジブリ好きしかわからない言葉「バルス」を同じタイミングでツイートし、世界記録を更新してしまった。つくづく日本は平和な国だと呆れるしかない。

 その一方で、ネット上には、2011年12月のクリスマス前後に大地震が発生する、という噂が流れていた。遅くとも2012年1月12日(20日)までに起きるだろうと、確からしい学説とデータを挙げて力説する書き込みを見かけたこともある。少なくとも現時点までは、国内では大被害をもたらすような地震は発生していない。例年と変わらず、「今年を振り返る企画」がテレビ・新聞・雑誌・Webメディアなどのマスメディアにあふれている。個人レベルのブログでも「今年を振り返る」「来年を予想する」ネタは定番中の定番だ。

 日記から発展したSNS、個人ひとりで作る音楽・小説・批評文から集団作業の映像作品・イベントなどまで、すべてのプロダクト・製品、言葉は、その人がこの世に生まれて、生きてきた証。ごく普通の一般人でも、意欲さえあれば自由に発信/返答/編集できるネット上の数々のサービスは、運営企業やクライアントの介入なしに、ユーザー同士で自由に発言しあえる状況が望ましい。しかし、実際には一般人を装った企業担当者が口コミサイトやソーシャルメディアに多数紛れ込み、残念ながら、よく内容を吟味しないと、本当にユーザーによる評価なのか、なかなか見極めにくくなっている。

ソーシャルメディアは格差を助長する

 インターネットは、印刷や蒸気機関の発明に並ぶ、画期的な発明であり、社会を根本的に変革させる可能性を秘めていると思う。けれども、中身の薄い人間のつぶやき(ツイート)やブログの記事は、残念ながら面白くなく、心が動かされない。何のひねりもないボットや一方的な宣伝アカウントは、かつて個人ブログを見つける面白さ半減させたように、Twitterをつまらなくしている。Twitterは、自分にとって有益な情報の収集とコミュニケーションのための「場」であってほしい。

 Facebookに代表される、オン/オフが融合したソーシャルメディアの活用を前提とした、コミュニケーション力による新しい評価基準は、「就職活動の失敗を苦に自殺する大学生」に代表されるように、新しい「格差」を生み出しつつあるように思える。それは別の機会に改善策を考えていきたいと思う。格差の要因は、単純に、世代間の差とデジタルデバイドだけにあるわけではない。

 個人ブログに、わざわざ手作業で「ツイートまとめ」を転載している理由は、将来、万が一、TwitterやTwilogがサービスを閉鎖した場合に、バックアップを取る作業に非常に手間がかかるだろうと思われるため。仕事の記事やブログほど、理路整然ときちんとまとめていないけれど、TwitterのツイートやGoogle+のコメントは、偽りのない本音であり、その場、その時のリアルタイムの言葉。記録しておかなければ、やがて本人すら忘れてしまう貴重な言葉だ。

好きだからこそ感じる機能面の不足感

 Twitterの素晴らしい点は、ストック命のインターネットに「リアルタイム重視」の視点を取り入れたところにあるだろう。確かに、度重なるインターフェイスの変更やアプリの仕様、一部のヘビーTwitterユーザーのFacebook・Goggle+への移行など、若干の不満はある。ただ、他のSNSとは異なるオープンな雰囲気と、時節交わされる鋭い社会批評や知的な言葉、プライベートや日々の息遣いを感じるコメントに、面白みを感じる。それゆえに、せめて丸1、2日程度は自分のタイムラインを後から遡って読むことができれば、「Twitterをチェックする時間がない」というストレスを感じることなく、効率的に情報を収集できるはずだと、残念に思う。さらに、一定期間のタイムラインを遡ることができれば、やたらツイート数が多い人やあえて異なる視点(クラスタ)の人をフォローしても不都合はなく、今以上に面白くなるはず。正直なところ、現状のやや固定化した「お約束の流れ」に、物足りなさも感じている。

【関連記事】
・2011年を振り返ってー「なりたい自分」が見えてきた
・mixi・Twitter・Facebook、3大ソーシャルメディア私論(2011年6月)
・“世界の終わり”の予感に怯える日々

(さらに…)


つぶやき,

ニュース記事の署名なんて誰も気にしない

2011年8月6日16:31| 個別URL

 Yahoo!トピックス掲載を記念し、プロフィールを一新した。完全に自己満足のための作業。無駄な時間だと思いつつ、レイアウトを含め、ついこだわってしまう。思い通りになると何だか嬉しい。自分だけのメディア、『ブログ』。もっとコンテンツ作成に時間をかけ、大規模に展開したいとも思う。ふいに、生活の役に立つ、まったく新しいサイト・サービスを創り出したくなる。一人で企画から運営、サポートまで対応できたら、きっと楽しい。

 完全実名制のSNS「Facebook」の影響力が高まる中、インターネット上での活動について、実名(戸籍名)/匿名(ペンネーム、2chのような完全匿名=名無し)のどれで行うべきか論争が起こっている。今のところ、企業の社長やコンサルタント、フリーで仕事をしている人以外、実名で活動するメリットはないと思う。パーソナルブランディングのため、ブログや外部サイトへの寄稿を通じて、自分の考えを残す、という必要性のない職業に就いている人も多い。それよりも匿名(ペンネーム)で、仕事や学校、家族のしがらみとは無関係に活動し、知名度を上げたほうがいい。

 7月は、スマートフォン関連の記事が2本続けて、Yahoo!トピックスのトップに掲載された。以前からもたまにあったが、2chにスレが立ち、複数のまとめサイトに掲載された。今回は抜粋なしのフル転載だったので、自分の名前でエゴサーチすると、2chまとめサイトの記事ばかり表示される始末。はっきり言って、恥ずかしい…。

 何らかの媒体を通じ、記事を読んだ人は数万人にのぼるはず。しかし、ブログのPVが伸びるわけでも、Twitterのフォロー数が増えるわけでもない。すでに有名な人以外、読者は執筆者や制作スタッフの名など気にしないと、改めてわかった。記事に書かれている内容、音楽、イラスト、映像などの「コンテンツ」が重要。ただ、名前が売れていて、ファン(フォロワー)が多いと、コンテンツの露出が増え、評価されやすくなるだけだ。だからこそ、今後はパーソナルブランディングが重要になる。

【関連記事】
・mixi・Twitter・Facebook、3大ソーシャルメディア私論(2011年6月)
【参考】
・英語圏最大の匿名掲示板4chan管理人mootが語る、ソーシャルメディアと匿名コミュニティの未来
・インフルエンサーとして活躍するために
・ソーシャルメディア時代の企業広報活動を考察する。

(さらに…)


つぶやき,

<魔法少女まどか☆マギカ>さやか不人気説を生み出したのは誰?

2011年6月18日17:48| 個別URL

 アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は、鹿目まどか、暁美ほむら、美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子の5人の少女の物語だった。途中はともかく、アニメ本編全話を通して見れば、主人公は「まどか」という意見に、反論はないだろう。公式サイトのキャスト欄の表記は、上からまどか、ほむら、マミ、さやか、キュゥべえ、杏子の順となっており、なかでも、「まどか」と「ほむら」の2人が重要人物といえる。最近、インターネット上で、キャラクターグッズのうち、「さやか」だけが売れ残っている、完売まで時間がかかるという書き込みを頻繁に目にする。証拠写真もアップされている。個人的には「さやか」は、アニメ版(最後の周回)の最重要人物であり、彼女が一番主人公らしかった。それにも関わらず、キャラクターグッズを集めるような熱心な「まどマギ」のファンには不人気なのだろうか?

(さらに…)


アニメ感想,