タグ ‘ライフハック’の記事一覧

駅ナカが欲しい―平塚駅西口周辺の広域再開発を切望する

2017年10月15日08:25| 個別URL

 首都圏各地で再開発が進行中だ。計画中のものを含めると非常に多い。仕事用に一覧表を作ろうと思い、情報を追ってみて頭を抱えた。多すぎる。とても通常業務の時間内ではまとめられない。

 しかし、平塚市の再開発は、駅から離れた日産車体工場跡地と、「ツインシティ整備計画」と連動した大神地区だけで、駅一帯はない。北口バスロータリーは整備されたが、駅から降りた際の印象が一変したわけではない。

 2017年時点で、平塚市の人口減少を緩やかにし、子育て世代の移住を図るための案は、(1)平塚駅西口周辺再開発・駅ナカ新設、(2)夕方の東海道線通勤快速新設(東京駅発の復活)、(3)出社義務からの開放の3つだ。テレワーク・リモートワークが浸透すれば通勤の負担減り、家賃の少ない場所に住んだほうが合理的になる。ただ、いわゆる「働き方改革」は、自治体レベルの取り組みで解決する課題ではなく、今すぐ市が取り組んで解消する課題ではない。(1)と(2)が重要だ。

最強! 「湘南新宿ライン」+「上野東京ライン」

 残念ながら、平塚市全域ではなく、「平塚駅」周辺の限られたエリアだけ、住宅地として高いポテンシャルがあると考える。理由は、JR山手線のターミナル駅、東京・新宿・渋谷・上野の各駅に乗り換えなしの1本で行けるからだ。乗車時間はおおむね1時間から1時間半程度。特に日中50分の品川駅は行きやすい。
(さらに…)


湘南ローカル情報, 社会批評, , ,

某都市銀行のサービス改悪

2014年7月12日22:30| 個別URL

 住宅購入時、メインバンクを住宅ローンを組んだ別の銀行に切り替えた。実名を出すと、「りそな銀行」だ。市内にATMが一つもなく、不便だと知っていたが、不動産会社の提携ローンのメリットを評価した。会社近くにはATMや支店があり、今は通勤途中に利用できるので問題ない。さらに、ローン返済中は、特典として、「コンビニATM手数料月間最大3回まで無料」という説明を受け、休日、どうしても現金が必要になったら、自宅周辺のコンビニで引き出せばいいと考えた。
(さらに…)


つぶやき

人生で初めての胸焼けで気づいた健康と「食」の矛盾(2012年2月のツイートまとめ)

2012年4月29日09:35| 個別URL

 2月上旬、相方が実家に帰った日、母と日帰り温泉に行った。入浴中から胸から喉かけてにズキズキとした痛みを感じ、自宅に帰る頃にはさらに傷みが増した。これが「胸焼け」という症状なのか? 生まれて初めて感じる強烈な痛みに苦しみ、激しく後悔した。

 もともと軽い症状が出ていた逆流性食道炎が長時間の入浴によって悪化し、胸焼けが起きたようだ。その日は、温泉施設に向かう前に消化器科を受診し、「大腸内視鏡検査以来、食欲がなく、気づいたら体重が減っていたので、無理して多めに食べたところ、胃もたれする」と訴え、胃薬「マーズレンS顆粒」を処方してもらっていた。インターネットで調べたところ、「マーズレンS顆粒」は、逆流性食道炎にも効果があるらしい。藁にもすがる気持ちで薬を服用したところ、やがて痛みは収まった。しかし、それ以来、ますます仕事・家事・その他生活全般の作業効率が悪化している。「食べること」が怖い。また同じように胸焼けや胃もたれ、吐き気が発生するのではないか……。しかし、身体は栄養を欲しているらしく、時折、強烈な空腹感に襲われる。

・逆流性食道炎の予防法(対処療法)
(1)脂肪を多く含んだ食べ物や、ケーキやまんじゅうなどの甘い物、香辛料などは胃酸の分泌を促進させるため、出来るだけ控えましょう
(2)食事を食べた後、すぐに横にならない。早食い、食べすぎはいけません。いつも腹八分目を心がけましょう
(3)普段から背筋を伸ばし、前かがみにならない

Webサイトより一部抜粋

 数年前、記事や広告で大々的に取り上げられていたため、逆流性食道炎について、おおむね概要は知っていたが、改めて文章を読むと、「逆流性食道炎の予防法」は、美食・飽食の現代日本の価値観を真っ向から否定するものだ。簡単にいうと「和食中心の粗食」以外はNGで、果物(柑橘類、苺などは悪化させる)や和菓子、飲み物すら制限がかかる。指示に従い、甘いものを断ち、姿勢を正すよう努めたが、わずか2日間しか続かなかった。健康と人生の満足感(特に食生活)は両立しない。多少ストレスを感じても、長生きしたければ、食事の内容と量に気をつけなければならない。医療費削減のもっとも効果的な方法は、効率重視の外食・中食産業、食品製造業の生産・製造規制かもしれない。

(さらに…)


つぶやき,

無線LAN不調の原因は電子レンジ

2011年8月16日09:50| 個別URL

 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生した2011年3月11日の3日前、3月8日火曜日、突然、自宅の無線LANに接続できなくなった。iPadは3Gに切り替わるので、それほど不便ではなかったが、相方が使っているiPod touchは無線LANに接続できなければただの音楽プレーヤー。困ると言いながら、その日は何も対応しなかった。

無線LANの突然のダウンは地震の前触れか

 翌朝、バッファローのWebサイトのサポートページを見ながら解決方法を探った。どうもファームウェアの更新が必要らしく、正直、面倒だと思った。ルーター関連のトラブルの最も単純な解決方法といえば「電源オフ→再起動」。しかし、最初にそれを行ったが、効果がなかったという。念のため、自分でやり直したところ、復旧した。

 この出来事のあと、私は地震の前触れだと騒いだ。相方は、2009年7月の購入以来、ずっと電源を入れっぱなしだったので、ルーターが熱暴走しただけだと反論した。しかし、3月11日、神奈川でも震度5弱の揺れを感じる大地震が発生した。無線LAN自体がダウンしたのは、計画停電後を除き、その時のみ。無線LANの不調は、地震の前触れとして信頼性に足るのではないかと思っている。

“正しいパスワード”なのに無線LANにつながらない!?

 前述のトラブル以外に、私のiPadのみ自宅の無線LANに接続できないことが何度かあった。iPad 3Gモデルだと、自動的に3G回線に切り替わってしまうため、しばらく気づかないことも多かった。しかし、iPad 2を購入し、初代iPadを自宅用のiPad Wi-Fiモデルとして使うようになって、ようやく原因が判明した。

 原因は、単純に電子レンジである。無線LANの原理を考えれば当たり前。しかし、電子レンジ使用中でも問題なく使える場合が多く、ずっと問題ないと思い込んでいた。どうも端末と電子レンジの角度が一致した状態で、ページを更新するなど、新たにインターネットに接続した時のみ、エラーになるらしい。その時、「無線LANに接続できません」(うろ覚え、もう一度出たら正しいものに変更します)ではなく、「Wi-Fiパスワードが違います(○○○○のパスワードを入力)」と表示され、本来の正しいパスワードを入力して連打すると、エラーの状態が固定されてしまい、その後、数日間、無線LANに正常にアクセスできなくなってしまう。

 「無線LANに接続できません」「Wi-Fiパスワードが違います」といったエラーメッセージが表示されたら、何もせず、電子レンジの動作が終了し、Wi-Fiの受信強度のマーク(アイコン)が復活するまで待てばいい。アイコンが復活すれば、パスワードを再入力しなくともそのまま使える。この解決方法に気づいた後は、無線LANにつながらないトラブルは発生しなくなった。

 しかし、FONやBBモバイルポイントなどの「ソフトバンクWi-Fiスポット」、「FREESPOT」に正常にアクセスできない問題は解決していない。接続が確立しても、電波が弱く、3G回線よりも速度が遅くなったり、正常にページが開かなかったりする。そのため、最近はWi-Fiの電波をキャッチすると、あえて無線LAN機能を切ることが多い。

 各キャリアとも、スマートフォンで増大するパケット通信を公衆無線LANに逃そうとしているが、肝心の公衆無線LANにつながらないのでは意味がない。無線は便利だが、「つながらない」トラブルの解決策とサポートを厚くするべきだと思う。デジタル好きを自認する私でさえ、無線LAN機器の取扱説明書や設定ページは、専門用語が多く、理解しにくい。iPad/iPhone/Androidスマートフォンの最大の難所は、無線LANの設定ではないだろうか?

【関連記事】 
・iPad 2を買って、逆に自宅でiPad(初代)を使う時間が増えた
・iPadの欠点、それは情報発信ツールとして使いにくいこと
・“世界の終わり”の予感に怯える日々


デジタル, ,