「iPad」タグアーカイブ

スマートフォンの料金プランに望むこと~タブレットとの2台持ちのために

 わずか1か月ほど前なのに、すでに記憶が曖昧になっている。アップルが毎年、秋にiPhoneの新モデルを発表する限り、秋の定番行事は、「iPhoneまつり」だろう。それ以外に思い出はない。

 日本時間9月11日のアップルの発表を受け、3キャリアは微妙な駆け引きを行い、9月13日の昼から夜にかけて、iPhone 5s/5cの端末価格(実質負担額)とiPhone向けキャンペーンを発表した。当日中に手がつけられなかったため、9月14日は、朝6時に起床し、記事執筆後、マンションの管理組合の定例理事会に参加した。帰宅後、書き途中だった記事の本文と表を仕上げ、その後、表タグの作成に着手した。翌15日の午前中、予定より少し遅れて、3キャリアの「iPhone 5s/5c」の料金比較記事を掲載した(正しくは、端末の実質負担額+通信料金だが、便宜上、「料金」と記載している)。他のITニュースサイトより遅かったことと、改定を重ねた比較表が功を奏し、Yahoo!トピックスのトップに掲載され、大量にアクセスされた。「早起きは三文の徳」の事例として、忘れないようにしたい。

地元平塚のiPhone 5sの販売状況

 発売日の9月20日、ビックカメラ有楽町店を訪れた。今年で3年連続。朝8時過ぎの時点は、ドコモの列が一番長かった。auコーナーは店の奥のため、様子がよくわからなかった。発売日の翌日、9月21日は休日出勤した。帰りにビックカメラ有楽町店を訪れると、在庫のあるスペースグレイなら購入できた。

 9月22日の午前中、途中経過のデータを見ながら記事を執筆し、午後、地元のケーズデンキ湘南平塚本店に行った。ソフトバンクモバイルのiPhone 5sは、発売直後にも関わらず、「MNPなら2万1000円引き(分割払い時は2万1000円分の商品券プレゼント)」だった。ただし、期間限定・終了時期未定と言っていた。実際、次に訪れた時(10月14日)は、同様の割引はなかった。ドコモコーナーは、これまでと代わり映えなく、片隅に無理やりiPhoneコーナーを新設していた。MNP向けの割引(キャッシュバック)は、Android搭載スマートフォンのほうが多く、そちらを売りたいように見えた。ドコモの販売スタッフは、iPhone 5sとiPhone 5cの違いを満足に説明できず(そもそも人数がいない)、客も一部を除き、興味を持っていないようだった。
続きを読む スマートフォンの料金プランに望むこと~タブレットとの2台持ちのために

期待はずれの「新しいiPad」と地味に便利な「iCloud」―それでもiPadは「買い」

 初代iPad、iPad 2は、ある意味、仕事で使うために購入した。本体代・維持費ともにすべて自分で支払っているが、毎日持ち歩き、オフィスの机の横に置いて、iPhone/iPad用アプリの内容確認やスクリーンショットの撮影などに利用している。当初、「新しいiPad」も購入する気だったが、今回はレビュー記事執筆用に試用する機会を得たため、すっかり購入意欲が下がってしまった。

 iPad 2 Wi-Fi + 3Gモデルのユーザーにとって、正直、新しいiPad Wi-Fi + 4Gモデルは、あまりメリットがない。確かにディスプレイは美しく、処理能力は高く、カメラも実用性に問題のないレベルに向上した。しかし、通信回線の速度はまったく変わらず(少しだけ体感では速くなったが)、画像化された文字は、ディスプレイの高画素化の恩恵を受けない。キレイになったといっても、文字とRetina対応アプリ、もともと高画素の写真・動画だけ。しかも、本体価格の値下げに伴い、「月月割」の金額が下がっており、端末代金一括購入派は、毎月支払う通信費が値上がってしまう。去年、初代iPadからiPad 2に機種変更した決め手は、「月月割」の増額にあった。iPad 2から新iPadへの機種変更はそのメリットがない。
続きを読む 期待はずれの「新しいiPad」と地味に便利な「iCloud」―それでもiPadは「買い」

あっという間に過ぎた1か月(2012年3月のツイートまとめ)

 通常業務、フリーマガジン関連の臨時業務、ジャーナリストエデュケーションフォーラム、新しいiPadの発表・発売・レビュー執筆、FP相談など各種セミナー、病院、そして「劇場版ストライクウィッチーズ」「戦姫絶唱シンフォギア」と、平日・休日ともに予定が立て込み、あっという間に時間が過ぎた。iPhone 4Sが発売された2011年10月、同7月に次ぐ忙しさだったかもしれない。

 学生時代は毎日書き綴っていた日記をやめなければよかったと、今になって後悔している。社会人1年目から2007年あたりまでの記憶がほとんどない。いつ、どこへ行ったのか、どんな記事を書いたのか。きちんと「記録」しておかないと、やがてすべて忘れてしまう。Twitter上での「独り言」ツイートは、日記代わり。ブログを含むソーシャルメディアに対して、個人情報漏えいの危険性より、私はライフログとしてのメリットを評価したい。ただ、この露出主義に賛同しない人も多く、判断に悩む。どこまで正直に何もかもオープンにしていいのか。あと数年の間に、世界規模でどちらに向かうのか、方向性がより明確になるだろう。

続きを読む あっという間に過ぎた1か月(2012年3月のツイートまとめ)

第3世代Padは、クリエイティブのためのツール(文章・ブログは除く)

 2048×1536ピクセルの「Retinaディスプレイ」を搭載した「The new iPad」(第3世代iPad)は、アップル自身、プロモーションの試行錯誤を繰り返し、「ポストPC」のデバイスとして再定義した、これからのiPadのベースモデルになるだろう。ディスプレイ解像度の向上、グラフィックスの4コア化によって、主に自宅でのネットツール、写真・音楽・動画のクリエイティブツールとして格段に使いやすくなり、プレミアム感が高まった。

 タブレット端末は、ディスプレイの美しさとマルチタッチの反応速度が操作性を大きく左右する。アップルが日本向けに開催したプレスイベントで実機を見た限り、Androidを搭載した他のメーカーとは比べものにならない完成度に仕上がっていると感じた。

マルチタッチ操作のクリエイティブツールに進化した新iPad

 過去にも書いた通り、私はiPad 2を、往復約2時間の通勤時間や外出中の空き時間を有効活用するためのネット端末として利用している。主に使うのはTwitter、メール、ブラウザなど、ネット系のアプリ。日本では、少なくとも量販店に限ると、Wi-Fiモデルのほうが圧倒的に多く売れており、私のようにスマートフォン代わりに使うユーザーは少数派のようだ。

 全世界でも同様の傾向かどうかはわからないが、2世代目はモバイルでの利用を想定して薄型・軽量化を図り、3世代目は自宅での利用を想定し、完全にPC・Macの代わりになるようチューンアップした。「再定義」とは、「方向性の転換」を意味していると思う。同時に、「Retinaディスプレイ」を搭載したiシリーズのプロトタイプになるだろう。今後、iMacやiPhone、iPod touchの新モデルにも搭載され、近いうちにマルチタッチ対応の「スマートテレビ」も発表される気がする。

 しかし、モバイル環境で利用するユーザーも一定数、存在するため、今回は「Wi-Fi + 4Gモデル」として米国のLTEサービスに対応し、3Gでも、より高速なデータ通信規格にも対応した。ただし、速度アップの恩恵は、発売時点では日本では受けられない(7月以降は、900MHz帯を利用した下り最大21MbpsのHSPA+に対応するらしい)。今回の新iPadの通信機能付きモデルは、名前(4G/LTE)と実態(3G)が合わないという困った存在になってしまった。

 私は、iPadで仕事やブログ用の文章を書きたいと思い、初代・第2世代iPadを購入した。しかし、頭のなかで構想を練り、一気に文章を書き、最後に数字や固有名詞を埋めていくスタイルのため、コピー&ペーストがしにくく、打鍵の感覚がないソフトウェアキーボードのiPadでは、結局、ほとんど書けなかった。ただ、発表の当てのない、走り書きのメモばかりたまっている。

 別売のキーボードを接続すれば文字入力しやすくなると思い、何度か探したが、求めるサイズ・押しやすさ・価格帯を満たす製品がなく、iOS 5から搭載された「フリック入力」にも慣れず、最近はもっぱらTwitterや掲示板の書き込みを見るだけ。貴重な自由時間とiPadのポテンシャルを無駄にしていると、自分自身、反省している。

新iPad(第3世代iPad)の購入を検討している方へ

 新iPad(第3世代)と値下ったiPad 2(第2世代)、Wi-Fiモデルと通信機能付きモデル(Wi-Fi + 4Gモデル)のどちらがいいか、悩んでいる人へ、個人的な見解に基づくアドバイスを。写真・ビデオ・音楽制作ツールとして利用するなら、最大容量の64GBがいい。逆に、主にネット端末として使うなら16GBで十分。ネットだけではなく、写真や音楽も保存するなら、中間の32GBがベストだろう。

 Wi-Fi/通信機能付きかの判断は、今回は非常に悩む。LTEサービス、少なくともソフトバンクモバイルの下り最大21Mbpsのデータ通信サービスに対応するまでは待っていたほうがいいかもしれない。ただ、ヘビーユーザーの一部がauのiPhone 4Sに乗り換えたらしく、2011年秋あたりから、東京都内の電車内での電波状況はだいぶ改善している。iPad 2 Wi-Fi + 3Gモデルの場合、接続が途切れることはあっても、重くてなかなかページが表示されない状況は改善された。「ソフトバンクWi-Fiスポット」も相変わらずつながらない/速度が低下するケースが多いが、正常につながるスポットでは快適だ。目に見えないところでサービス内容は確実に改善していると、一応、評価しておきたい。

※2012.3.12追記
直営のソフトバンクショップでのiPad Wi-Fi + 4Gモデルの価格は、16GBが5万3760円、32GBは6万1680円、64GBが6万9600円。2011年に発売したiPad 2 Wi-Fi + 3Gモデルは、当初16GBが5万6640円、32GBが6万4800円、64GBモデルが7万2720円だったので、16GBは2880円、32GB・64GBは3120円、値下がっている。分割購入時の実質負担額は変わらず。ただし、「月月割」の金額は、第3世代iPadのほうが少ない(16GBモデルの場合、差額は120円)。また、データ定額プラン名が変更されており、基本使用料が値上がっている(「iPad for everybody」キャンペーン適用時は、以前と同じ月額4410円)。こうした細かい変更が意図するものは何か? 売れ行きにどのような影響を与えるのか? あと1週間弱、考えてみたい。

【関連記事】
・iPadの欠点、それは情報発信ツールとして使いにくいこと
・iPad 3Gとガラケーの2台持ちの理由
・iPhoneをめぐる争い 最後に勝つのはどのキャリアか

【参考(仕事で書いた記事)】
・ソフトバンクモバイル、新iPadの料金プラン発表、16GBで実質負担0円から
・2011年4月28日発売の「iPad 2」、発売3日間ではWi-Fiモデルが7割占める
・アップル、iPad 2を4月28日に発売、オンラインのApple Storeでは29日から

スティーブ・ジョブズ氏が遺してくれたもの

 現地時間2011年10月5日(日本時間10月6日)、アップル創業者で現会長だったスティーブ・ジョブズ氏(Steven Paul Jobs)が亡くなった。1997年に暫定CEO(正確には1996年末に復帰)、2000年に正式CEOに復帰してから2011年8月24日まで、約11年にわたって、CEO職を務めた。アップルのスティーブ・ジョブズCEOは、日本のアップルファン、デジタル製品好き、IT業界人にとって、非常に大きな存在だった。2001年のMac OS X、初代iPodから始まり、アップルの名を全世界的に知らしめたiPod mini、iPod nano、そしてiPhone、iPad。独創的なプレゼンとともに、次々と斬新な製品を発表し、特にiPhoneは、誰でも簡単に使えるスマートフォンとして一大ブームを築いた。それは現在進行形で進んでいる。
アップルのトップページ(2011.10.6)
 このうち私は、Max OS X 10.1をプリインストールしたiBook(2001年末に購入、白いiBook Late 2001)、iPod mini、第2世代iPod nano、初代iPad、iPad 2を持っている。iBook、iPod mini以外は今も現役だ。以前に勤めていた会社では、業務にPower MacやiMacを使用していた。相方は初代iPod shuffle、第3世代iPod nano、昨年発売の第4世代iPod touchを持っている。製品に封入されているアップルマークのシールはあわせて何枚あるだろう?

 英語が苦手なため、スティーブ・ジョブズCEOのプレゼンは仕事中、数回しか見たことがないが(日本語同時通訳付き)、製品紹介やデータを使った記事は何本も書いた。私のライターとしての実績(PV)は、アップル人気に乗っかった面が大きいことは否めない。記事はすべて日本語だが、日本市場を把握するため、もしかしたら機械翻訳したものを読んでくれたかもしれない。今思えば、自ら英訳して米アップル宛てに送ればよかった。スティーブ・ジョブズ氏の生存中に、このアイデアが思い浮かばなかったことが悔しい。
続きを読む スティーブ・ジョブズ氏が遺してくれたもの

無線LAN不調の原因は電子レンジ

 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生した2011年3月11日の3日前、3月8日火曜日、突然、自宅の無線LANに接続できなくなった。iPadは3Gに切り替わるので、それほど不便ではなかったが、相方が使っているiPod touchは無線LANに接続できなければただの音楽プレーヤー。困ると言いながら、その日は何も対応しなかった。

無線LANの突然のダウンは地震の前触れか

 翌朝、バッファローのWebサイトのサポートページを見ながら解決方法を探った。どうもファームウェアの更新が必要らしく、正直、面倒だと思った。ルーター関連のトラブルの最も単純な解決方法といえば「電源オフ→再起動」。しかし、最初にそれを行ったが、効果がなかったという。念のため、自分でやり直したところ、復旧した。

 この出来事のあと、私は地震の前触れだと騒いだ。相方は、2009年7月の購入以来、ずっと電源を入れっぱなしだったので、ルーターが熱暴走しただけだと反論した。しかし、3月11日、神奈川でも震度5弱の揺れを感じる大地震が発生した。無線LAN自体がダウンしたのは、計画停電後を除き、その時のみ。無線LANの不調は、地震の前触れとして信頼性に足るのではないかと思っている。

“正しいパスワード”なのに無線LANにつながらない!?

 前述のトラブル以外に、私のiPadのみ自宅の無線LANに接続できないことが何度かあった。iPad 3Gモデルだと、自動的に3G回線に切り替わってしまうため、しばらく気づかないことも多かった。しかし、iPad 2を購入し、初代iPadを自宅用のiPad Wi-Fiモデルとして使うようになって、ようやく原因が判明した。

 原因は、単純に電子レンジである。無線LANの原理を考えれば当たり前。しかし、電子レンジ使用中でも問題なく使える場合が多く、ずっと問題ないと思い込んでいた。どうも端末と電子レンジの角度が一致した状態で、ページを更新するなど、新たにインターネットに接続した時のみ、エラーになるらしい。その時、「無線LANに接続できません」(うろ覚え、もう一度出たら正しいものに変更します)ではなく、「Wi-Fiパスワードが違います(○○○○のパスワードを入力)」と表示され、本来の正しいパスワードを入力して連打すると、エラーの状態が固定されてしまい、その後、数日間、無線LANに正常にアクセスできなくなってしまう。

 「無線LANに接続できません」「Wi-Fiパスワードが違います」といったエラーメッセージが表示されたら、何もせず、電子レンジの動作が終了し、Wi-Fiの受信強度のマーク(アイコン)が復活するまで待てばいい。アイコンが復活すれば、パスワードを再入力しなくともそのまま使える。この解決方法に気づいた後は、無線LANにつながらないトラブルは発生しなくなった。

 しかし、FONやBBモバイルポイントなどの「ソフトバンクWi-Fiスポット」、「FREESPOT」に正常にアクセスできない問題は解決していない。接続が確立しても、電波が弱く、3G回線よりも速度が遅くなったり、正常にページが開かなかったりする。そのため、最近はWi-Fiの電波をキャッチすると、あえて無線LAN機能を切ることが多い。

 各キャリアとも、スマートフォンで増大するパケット通信を公衆無線LANに逃そうとしているが、肝心の公衆無線LANにつながらないのでは意味がない。無線は便利だが、「つながらない」トラブルの解決策とサポートを厚くするべきだと思う。デジタル好きを自認する私でさえ、無線LAN機器の取扱説明書や設定ページは、専門用語が多く、理解しにくい。iPad/iPhone/Androidスマートフォンの最大の難所は、無線LANの設定ではないだろうか?

【関連記事】 
・iPad 2を買って、逆に自宅でiPad(初代)を使う時間が増えた
・iPadの欠点、それは情報発信ツールとして使いにくいこと
・“世界の終わり”の予感に怯える日々

iPadの欠点、それは情報発信ツールとして使いにくいこと

 iPadやiPhoneなどのスマートフォンは便利だ。いつでもどこでもインターネットに接続し、最新の情報をチェックできる。しかし、本音をいうと、今のiPad 2/iPadは物足りない。モバイル環境で、仕事用の記事を書く・ブログを更新するという最大の目的を達成できていないからだ。

便利だが、不満も募るiPad

 Google Analyticsは有料・無料の専用アプリがあるので、iPadでも簡単に数字をチェックできる。一部のブログサービスは専用アプリを利用し、iPadやiPhoneからも手軽に更新できるらしいが、WordPressのiPad用アプリは使いにくく、ブラウザのSafariから作業したほうがマシなレベルだ。「するぷろ」などの有料アプリか、メール投稿などの別の手段を活用しない限り、なかなか厳しい。仕事の記事管理システムは、VPN接続・IE必須のためNG。現状、iPadでは、Twitterのツイートとアイデアメモ代わりの下書きしか書けない。

 iPad用の外付けキーボードを購入すれば、今より文字は入力しやすくなるだろう。しかし、Wikipediaや過去記事、プレスリリースを見て、事実や数字、固有名詞を調べながら書くスタイルなので、タブブラウザで簡単に手軽にタブを切り替え、簡単にコピー&ペーストできない限り、スムーズに書けない点は変わらない。

 さらに最近は、Google Chromeの使用頻度(依存度)が増し、iPadでのネット検索が以前ほど楽しくなくなっている。気に入ったページ・記事はGoogle Chromeのブックマークに入れるか、はてなブックマークに登録するか、Facebookの「いいね!」ボタンを押したい。しかし、iPadでは各アプリの内蔵ブラウザでWebページを見ることが多く、いちいちID・パスワードを入力するのが面倒で、結局、見るだけで終わってしまう。iPadを使い始めて、1日のうち、ネットで情報を見る時間は飛躍的に増えた。しかし、Twitterのツイートのような短文のコメントを除き、自ら情報を発信する時間はそれほど増えていない。
続きを読む iPadの欠点、それは情報発信ツールとして使いにくいこと

iPad 3Gとガラケーの2台持ちの理由

 スマートフォンがヒットすればするほど、家電量販店は売るものがなくなる、というツイート(@wataru4)を見た。デジカメ、携帯オーディプレーヤー(iPod/ウォークマン)、ポータブルナビ、ゲーム機、デジタルフォトフレーム、そしてパソコン。高機能なスマートフォンが1台あれば、アプリを活用しながら何でもできる。特にカメラと携帯オーディオプレーヤーは、画質や音質にこだわる人以外、新たに購入・買い替えをしなくなり、このところ販売台数が落ち込んでいるようだ。

スマートフォン人気の実態は、ドコモとauのAndroid端末の広まり

 2011年6月、携帯電話の月間販売台数に占めるスマートフォンの比率は5割を超え、新機種発売の影響を大きく受ける週次集計では6割を超えた。実際には首都圏に集中しており、全国的に普及しているとは言い難い。しかし、人口が多く、メディアの中心である首都圏で一般的になれば、やがて日本全国に広がるだろう。

【参考】
・スマートフォン人気で拡大する「液晶保護フィルム」、販売数は本体の2.5倍に!
・「GALAXY S II」が「INFOBAR A01」を抑え2週連続1位! 最新の携帯電話ランキング

 昨年秋以来のスマートフォン人気は、正しくはNTTドコモの「Android搭載スマートフォン」の浸透と、auの「Android auのブーム」にある。OSが異なるiPhoneは、本来は、別物として考えたほうが正しい。2008年7月の発売以来、スマートフォンと呼べる端末のなかでiPhoneが人気だった。それ以外の選択肢はなく、メインキャリアのガラケー(フィーチャーフォン)と2台持ちする人が多かった。

 2010年4月以降、ドコモユーザーに”Android搭載スマートフォン”という選択肢が加わり、秋以降は、従来の携帯電話の上位機種として「Android au」の端末を購入するauユーザーが増えた。iPhone以外、端末の魅力に惹かれて新規契約・MNPする人は少ないように思える。GALAXY SシリーズやXperiaシリーズが売れている最大の理由は、ドコモの端末だからだ。iOSのiPhoneより機能やデザインが大きく優れているわけではない。

 もし、iPhone 3Gがドコモから発売されていれば、2008年中にスマートフォンの比率は5割を超していたかもしれない。過去3回のモデルチェンジのなかで、日本ではiPhone=アップル&ソフトバンクというイメージが広まってしまい、アップルやソフトバンク、孫正義社長を快く思わない人には、iPhoneは選択肢にすら入っていないに違いない。
続きを読む iPad 3Gとガラケーの2台持ちの理由