「インターネット」タグアーカイブ

スマホ・ネット・SNSの普及を経て「横国マルチ」が「都市社会」に進化した

 生涯年収は、新卒で就職した年の景気に左右されるという。2017年時点で30代後半から40代の世代は、就職状況が悪く、氷河期世代と呼ばれている。未婚率も高く、将来への懸念から節約志向も強い。実際、あと数年経てば、夫婦2人とも平均年収まで達するとは思えない。

主要家電量販店の初任給を比較 ほぼ横並びだが、実際は大きな差?
 「平成28年(2016年)賃金構造基本統計調査」によると、2016年6月の平均賃金(時間外勤務手当、休日出勤手当などを含めない税込の給与額)は30万4000円(平均年齢42.2歳、平均勤続年数11.9年)、男性に限ると33万5200円(平均年齢43.0歳、平均勤続年数13.3年)、女性に限ると24万4600円(平均年齢40.7歳、平均勤続年数9.3年)で、賞与や残業手当などをプラスすると、男女あわせた平均年収は400万円台半ばと推測される。

ITスキル・情報収集意欲の差が大きい氷河期世代

 そんな不景気の底から脱却しつつあった2002年に大学を卒業し、新卒で地元・神奈川の中小企業に就職した。皮肉なことに、浪人・留年、海外留学などで、現役モデルケースからはずれた人のほうが就職活動は容易だっただろう。折しも2002年度は、今に続く、インターネットを利用した「誰でも多くの企業にエントリーできる仕組み」が本格的に稼働した元年だった。PC・インターネット、携帯電話が使えない人は、その時点ではじかれた。大手企業も手探りで、まずは大学名で選別したため、著しく不平等だった。

 ひとくちに氷河期世代といっても、ITリテラシーの差は大きい。学生時代にWindows 95/98や、カラフルなカラーとスケルトンデザインで一斉を風靡したiMacなどでPCの存在を知り、その操作方法を独学や学校で習った層は、生まれて初めて触れたインターネット端末が10キー入力のケータイだったプレデジタルネイティブ世代、すでに最初からタッチ操作のスマートフォンだった、その下の完全デジタルネイティブ世代とは違い、PCのキーボード入力やマウスに慣れ親しみ、固定回線はダイヤルアップからADSL、光ファイバー(FTTH)、モバイルデータ通信は2G/3Gから4G(LTE)と、インフラの変化のともに、インターネットの普及をリアルタイムで体感してきた唯一の”アナログ→ネット世代”ともいえる。
続きを読む スマホ・ネット・SNSの普及を経て「横国マルチ」が「都市社会」に進化した

アーカイブの事実上の消滅に思うこと

 妊娠・出産・育児のため、2014年8月を最後に、ブログを更新できなかった。子どもは、2014年生まれの女児。妊娠中の出来事は、「はてなブログ(名無し34歳の自分語り)」に少しだけ書き残してある。TWO-MIXをきっかけに知り合った2人にふさわしい日に生まれ、曲を聞くたびに、「喜び」と「呪い」の両方を感じる。子どもと引き換えに、失ったものは大きい。

スマホの普及が引き起こしたユーザー層の変化とネットメディアの淘汰

 Webからスタートしたネットメディアはアーカイブを消さない。それが従来の取材手法と姿勢を頑なに守り、サーバー保守費用削減のため、配信した記事をすぐに削除する新聞社のオンラインメディアや、他媒体から配信された記事を集めだだけのポータルサイトとの最大の違いであり、検索から多くの流入が見込める強みだと認識していた。サイトリニューアルに伴い、ドメインが変わり、必然的にURLも変わる。当然のように、前回同様、記事ごとに新URLに転送されると思っていたが、今回は「URL転送設定は行わない」と決定していた。
続きを読む アーカイブの事実上の消滅に思うこと

【名無し】「はてなブログ」はじめました

 「Googleリーダー」終了後、代わりに「はてなブックマーク」を頻繁に見るようになった。独特の言論空間「はてな村」は、確かに存在している。この「はてな村」の一員になるべく、TWO-MIXのデビューから19年後の2014年4月29日から、ある特定のテーマに絞った「はてなブログ」を新たに始めた。

 数あるブログサービスのうち、「はてなブログ」を選んだ理由は、「はてな」の影響を受け、考え方が変わったから。インターネットをきっかけにリアルで出会った男性と結婚し、ネット言論の影響を受け、人生を大きな左右する決断を下してしまった。今やネットは人生そのもの。単なる情報収集/発信ツールではなく、個人の思想や行動を変える知の源泉だ。
続きを読む 【名無し】「はてなブログ」はじめました

2013年の振り返り

 2013年を振り返ろうと思ったものの、1月・2月の記憶がまったくないと気づいた。記憶はすぐに曖昧になり、やがてすっかり細部を忘れてしまう。確実に自分の軌跡や想いを残したければ、「記録」を心がけ、積極的に文字として書き残さなければならない。ブログの更新頻度が減った年は、精神的に余裕がなく、ストレスの多い年だ。

 最近、本当に言いたいこと(心の叫び、思いつき)は、ブログではなく、「はてな匿名ダイアリー」に書いている。同じ内容でも、通称「増田」のほうが注目され、より多くの人に読んでもらえると気づいてしまったからだ。

 ある時、書き込んだ日記は、書き込みから数時間後、「はてなブックマーク」のホットエントリーに入り、共感・否定・疑問・罵倒のコメントが並んだ。Twitterでも、同様に、さまざまなコメントが流れていた。「はてブ数」は、自己最高を更新。このままだと、仕事で書いた記事を含め、生涯最大になるかもしれない。従来のマスメディアは、「何を言ったか」より、「誰が言ったか」が重視される世界だった。インターネットも、雑誌の手法を取り入れた商業メディアが増え、SNSが普及した結果、一部の例外を除き、「誰が何を言ったか」が重要になり、影響力の強い人(ブログ・まとめサイト)がリンクを紹介すると、爆発的にPVが伸びる傾向が年々強まっている。「はてな匿名ダイアリー」は、唯一、「内容」だけで戦えるプラットフォームだ(注目されるかどうかは、偶然に左右される)。まさに玉石混交で、最近はパターン化した釣りネタも目立つ。ただ、どんどん流れていくさまざまな書き込みの中に、時々、決して実名では書けない、一般人の「リアルな心の声」を感じる。

 創作者は、多くの場合、「評価」を求める。個人ブログをはじめ、無報酬の創作は、「読者の反応」が最大の励み。いくら自己満足だと割りきっても、反応がなければモチベーションが下がり、無力感にさいなまれる。ちきりん氏は、市場に評価される人間になるべきと提言した。すべての業種・職種に当てはまるわけではないが、会社や業界という狭い枠にとらわれていては、伸びるはずの能力が伸びず、それが日本の経済的停滞につながっているという指摘には、おおむね同意する。多くの読者に共感される文体を持っているブロガー、Twitter著名人は、作家に等しい。大学時代に書いた文章は、独自の文体だと評価された。今は、自分が一部の人に感じるように、「なぜかイラッとする」文体・内容なのだろう。ネット時代は、アイコン(写真)と文体と内容が揃って初めて評価される。 だから、ブックマークされることなく、読み捨てされる。

 たとえ、自分自身の評価につながらなくとも、仕事を通じ、世の中に役に立つ情報を発信し、Twitterやブログなどの個人的メディアには、自分のありのままの気持ちを書き残す。少しでも多くの反応を求め、個人ブログではなく、完全に匿名で書ける「はてな匿名ダイアリー」に逃げた自分を少し反省したい。

【関連記事】
・2011年を振り返ってー「なりたい自分」が見えてきた

スマートフォンの普及と日本の歪み

 2年前の2011年10月、ネット上の書き込みをきっかけに、<「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート>という記事を執筆した。ほぼ半々という数字を見てから書いた。続報として、翌週、<「iPhone 4S」キャリア対決、発売2週目はauがシェア59.5%でソフトバンクを引き離す>を執筆し、何とかその週のうちに掲載した。特に、1本目の記事は、誕生日返上で書いたため、思い入れが深い。「iPhone 4s」の最終的な累計販売台数は、ソフトバンクモバイルのほうがはるかに多く、auのシェア上昇は、一時的な現象だった。

 2012年は、前年に比べ、発売時期が約1か月早まり、慌ただしく、いろいろな記事を書いた。記憶が曖昧で、はっきりと覚えていない。この個人ブログも、何も更新していない。Twilogによると、<「iPhone 5」キャリア対決、発売1週目はシェア63.2%でソフトバンクが制する>は、2012年9月27日の午前中に書いたようだ。記事掲載後、下記のようなコメントをツイートしていた。1社独占体制が崩れ、2キャリアが取り扱うようになって以来、どちらか一方に肩入れするiPhoneユーザー同士のネット上の言い争いが激しくなり、辟易していたからだ。
続きを読む スマートフォンの普及と日本の歪み

「ドコモiPhone」に関するつれづれ(正式発表前)

 従来のマスメディア(新聞・雑誌・テレビ)は、なぜか、特定の新カテゴリに飛びつき、大きく持ち上げる。しかし、一般に普及せず、フェードアウトしていくことが多い。「メディアが人為的に作ったブーム」は短期間で終わる。初音ミク・ボーカロイドのように、本当に自然発生したものや、実務上、便利なものだけが残り、その他の多くのコンテンツ・商品は消えていく。

 パソコンは、1980年代から20年以上かかり、ようやく一般化した。後押ししたのは、わかりやすいインターフェイスを持った「Windows 95」、デザイン的にインパクトがあった「iMac」、そして孫正義社長がそれまでの常識を変える低価格で参入した「ADSL」だ。その後、ADSLは、より高速な光ファイバー(FTTH)、CATVインターネットに置き換わり、価格競争が沈静化したため、料金は高止まりした。代わりに、フラット型パケット定額サービスを契約すれば、いつでもどこでもインターネットを利用できるスマートフォンが普及した。インターネットにアクセスするデバイスの主役は、パソコンからスマートフォン・タブレット端末に切り替わりつつある。最近、ネット上で話題になるさまざまな事件は、従来のパソコンから入った層と、ガラケーからスマートフォンに切り替え、スマートフォンで初めて「世界とつながった制約のない本当のインターネット」を知った層との意識の乖離が生み出している気がする。
続きを読む 「ドコモiPhone」に関するつれづれ(正式発表前)

格差の前段階として、「分断」が進んでいる

 理不尽な母親に悩み、ずっと”生まれ”と”運”に左右される「格差」が問題だと思ってきた。しかし、最近、”生まれ”と、触れてきた教育・文化・教養・人間関係の差による日本人同士の「分断」のほうが致命的な問題だと思うようになってきた。同じ市内ですら、学区が違うとまるで違う街。同じ学区でも、電車通勤・車通勤のフルタイム正社員と自転車通勤の非正規雇用者では、生活のリズムや街に対する評価がまるで違う。

 一口に非正規といっても、正社員になれずに妥協して勤務している若年層、夢を叶えるための自己研鑚や学業の合間に働くアルバイト層、家計の足しや小遣い増額のために働くパート主婦層では、求める水準が異なる。残念ながら、子どもを産むなら正社員に限る。少子化の要因の一つは、きちんと産休・育休を取得できる企業に勤務する正社員か実績のあるフリーランスしか安心して産めない現状の社会保障制度にあるだろう。一刻も早く改善して欲しい。

 本題に戻ろう。今の日本は、主に収入と文化資本の差と、運に左右される「格差社会」になりつつあり、その根底に「分断」がある。スマートフォンの普及は、ソーシャルメディアの普及とリンクしていると当初から感じていた。ソーシャルメディア側の信頼性の高い調査データがなかったため、仕事で書いた記事ではあまり触れてこなかったが、Twitterでは、繰り返しツイートしてきた。

 従来型の携帯電話、通称「ガラケー」は、この3年の間に、急ピッチでスマートフォンに置き換わりつつある。2010年4月に発売されたAndroid搭載スマートフォン「Xperia」が売れ、spモード対応後、さらに売上を伸ばした。iモードのアドレスがそのまま使えれば、スマートフォンでも受け入れられるとわかり、ドコモとKDDI(au)は、スマートフォンメインのラインアップに舵を切った。auは、その後、新規ユーザーの獲得のため、iPhone主体に切り替えたため、牽引役はドコモになった。今や、Android搭載スマートフォンのほとんどは、防水やワンセグ、おサイフケータイに対応し、ほとんどガラケーの発展形といってもいい。
続きを読む 格差の前段階として、「分断」が進んでいる

ループする貧困・格差の問題と閉塞感(2012年5月のツイートまとめ)

 図書館で偶然見つけた2009年12月発行の書籍『格差社会という不幸』を読んだ。動画ニュース「宮台マル激トーク・オン・デマンド」の再録のため、今から2、3年以上前に討論された内容だ。しかし、去年から今年にかけて、事故や制度変更をきっかけに注目を集めるようになった「貧困」「晩婚・非婚化」を中心に、行き過ぎた規制緩和や事なかれ主義による「安全軽視」、情報リテラシーの知識やとらえ方の違いによる数々の「炎上事件(個人叩き)」、そして、ネットとリアルの融合によって生まれた「ビックデータ」の活用と「個人情報保護」の両立など、さまざまな問題について、すでに論じていたことに驚いた。

 良識ある人のなかでは、現状を打破するための解決策は、ほぼ見えているはず。経済を活性化し、金銭的にも心理的にも身体的にも「生きやすい」世の中を作り、特に若年層の収入を増やすことだ。

 経済成長とともに、人類初の大量生産・大量消費の資本主義社会が到来し、核家族化が進んだ結果、「金の切れ目が縁の切れ目」になった。日本経済全体の成長が鈍化した後も、昔の栄光の復活を追い求め、さまざまな仕組み・制度の抜本的な見直しを行わなかった。『格差社会という不幸』の中で繰り返し触れられた、現状は「タメのない社会」という指摘に共感した。一度失敗するとやり直しが効かず、生まれついた家庭環境がよくないと、親が死ぬまで、生涯、負の影響を受け続ける。「タメのない社会」は、経済格差を助長させ、その結果として階層の二極化と少子化が進んでいく。問題は、「格差」ではなく、日本国内での相対的な「貧困」。そこに気づかない限り、世の中はよくならない。

 大学で初めてインターネットに触れた時、これから絶対に伸びる、可能性に満ちた世界だと思った。それから14年。ツール(道具)としては、高齢者を除き、広く一般に普及し、情報を自ら発信する人も増えた。掲示板・チャット、ブログ、コメント欄、トラックバック、そして、Twitter・Facebookと、手段は変わっても、Webのトレンドは、一貫して双方向・リアルタイムのコミュニケーションの活性化に向かっている。しかし、同時に昔ほど、楽しさを感じなくなってきた。Facebookや有料メルマガなど、閉じたネットワークで楽しむ傾向が強まり、書き手の顔が見える面白い個人ブログ、Twitterユーザーが減ってきてしまった。初代iPadを購入してから丸2年、ずっとネット端末として使い続けてきて、本音としては、iPad本体ではなく、iPadで見ているネットコンテンツに蔓延する閉塞感とループ感に対し、少々「飽きた」感じは否めない。

【関連記事】
・経済活性化策を考える
・iPadが約7割――過去2年間のタブレット端末の売れ行きを振り返る

続きを読む ループする貧困・格差の問題と閉塞感(2012年5月のツイートまとめ)