「平塚」タグアーカイブ

2017年、4歳以下の子どもの転入数が神奈川県内トップだった理由

 2017年、神奈川県平塚市は、4歳以下の子どもの転入数は県内最多の241人だったそうだ。神奈川新聞や地域フリーペーパーの取材に対し、市長が明言している。

 日経新聞や朝日新聞が「都心の人工集中」と代表例として挙げる武蔵小杉を含む、川崎市中原区より4歳以下の子どもに限ると流入数は多く、圏内トップという。この事実は、おそらくあまり知られていない。市の広報不足と記者のリサーチ不足だ。

 首都圏の各地で児童が多数発生している中、平塚市の2018年4月時点の待機児童数は34人。17年、16年は0人だったので悪化したことになる。しかし、転入数の多さを考えると、かなり「子どもを預けやすい」環境といえる。
続きを読む 2017年、4歳以下の子どもの転入数が神奈川県内トップだった理由

住商複合開発 「成功」の決め手は駅直結/新路線

 

日本で一番成功した工場跡地の再開発は、川崎市西口周辺と駅直結の「ラゾーナ川崎」だろう。今後、さらに再開発に着手するそうだ。開発のポイントは「成長し続ける」こと。出生時は川崎市の貝塚に住み、その後、中原区木月で育った父は、一人でラゾーナを訪れた日の夜、あまりの変わりぶりに驚いたと感想を話していた。

0〜4歳の乳幼児の流入超過数、神奈川県トップは……

だいぶ前から、神奈川県平塚市黒部丘のJT平塚工場跡地は更地だ。完全に解体されてから工事のピッチが下がった気がする。

2018年4月現在、平塚駅周辺は、JT工場跡地を含め、具体的な再開発計画はない。見附台体育館周辺は方針は定まっているが、詳細がわからず、もし実現しても駅前商店街の活性化や人口流入増にはプラスにならないだろう。

2017年撮影 JT平塚工場解体工事の告知
2017年撮影 工場解体工事の告知

続きを読む 住商複合開発 「成功」の決め手は駅直結/新路線

賃貸で住む、着席重視の沿線・駅の選び方

東京23区内勤務の場合

(1)駅から徒歩7分以内で、職場の最寄り駅まで乗り換え0〜1回で到着する(推奨)

(2)長時間の着席通勤、短時間の立ち通勤、どちらが生活スタイルに合っているか考える。立ちっぱなしOKなら沿線にこだわらず、家賃と物件仕様で絞り、着席通勤希望なら沿線・駅をピンポイントで定めて探す

(3)着席通勤したい場合、始発駅、始発でなくても必ず座れる駅、時差通勤なら座れる駅、有料通勤ライナーのある路線を選ぶ

(4)東京23区内に複数のオフィス拠点や店舗がある場合、外回りや取材で直行直帰する機会が多い場合は「東京・品川・新宿・池袋」のターミナル駅に乗り換え0〜1回、他の主要駅に乗り換え0〜2回で到着する駅を選ぶ

例えば……

・東急田園都市線:長津田/中央林間(渋谷・大手町まで乗り換えなし)
・東武スカイツリーライン(伊勢崎線):北越谷(品川まで乗り換え1回)
・JR東海道本線:平塚/大磯/二宮/藤沢(東京・品川・新宿・池袋まで乗り換えなし/新宿・池袋は湘南新宿ライン利用時)
・JR横須賀線:大船/戸塚/東戸塚/保土ヶ谷/新川崎(東京・品川・新宿・池袋まで乗り換えなし/新宿・池袋は湘南新宿ライン利用時)
・みなとみらい線:元町・中華街(新宿・池袋まで乗り換えなし、品川まで乗り換え1回)

続きを読む 賃貸で住む、着席重視の沿線・駅の選び方

駅ナカが欲しい―平塚駅西口周辺の広域再開発を切望する

 首都圏各地で再開発が進行中だ。計画中のものを含めると非常に多い。仕事用に一覧表を作ろうと思い、情報を追ってみて頭を抱えた。多すぎる。とても通常業務の時間内ではまとめられない。

 しかし、平塚市の再開発は、駅から離れた日産車体工場跡地と、「ツインシティ整備計画」と連動した大神地区だけで、駅一帯はない。北口バスロータリーは整備されたが、駅から降りた際の印象が一変したわけではない。

 2017年時点で、平塚市の人口減少を緩やかにし、子育て世代の移住を図るための案は、(1)平塚駅西口周辺再開発・駅ナカ新設、(2)夕方の東海道線通勤快速新設(東京駅発の復活)、(3)出社義務からの開放の3つだ。テレワーク・リモートワークが浸透すれば通勤の負担減り、家賃の少ない場所に住んだほうが合理的になる。ただ、いわゆる「働き方改革」は、自治体レベルの取り組みで解決する課題ではなく、今すぐ市が取り組んで解消する課題ではない。(1)と(2)が重要だ。

最強! 「湘南新宿ライン」+「上野東京ライン」

 残念ながら、平塚市全域ではなく、「平塚駅」周辺の限られたエリアだけ、住宅地として高いポテンシャルがあると考える。理由は、JR山手線のターミナル駅、東京・新宿・渋谷・上野の各駅に乗り換えなしの1本で行けるからだ。乗車時間はおおむね1時間から1時間半程度。特に日中50分の品川駅は行きやすい。
続きを読む 駅ナカが欲しい―平塚駅西口周辺の広域再開発を切望する

ベルマーレ専スタ新設こそ、人口減を食い止める最後の生命線

 2017年1月に「湘南スタジアム研究会」が発足し、老朽した現スタジアムに代わる、専用スタジアム(専スタ)の新設を目指し、現在、候補地や資金調達などを模索しているという。

■東京新聞
ベルマーレ本拠地移転 平塚など4市10カ所候補

 会議は非公開で行われ、移転先候補の具体的な場所は明かされていないが、十か所の内訳は民有地三か所、公有地七か所。現在、ホームとして使われているBMWスタジアム(平塚市大原)は含まれていない。

 議論は非公開で行われ、徹底的に箝口令が敷かれているらしく、Twitterなどでも情報は漏れてこない。そもそも、この情報を報道するメディアは少なく、東京新聞と読売新聞、スポーツ紙の一部、後は地域のフリーペーパーのみだ。Jリーグ自体はプロスポーツの一つとして注目度が高いものの、基本的に「選手」にフォーカスする。国は、「地方創生」や「地域活性化」を掲げていても、報道機関は、ローカルな話題というと、人情話に終止する。

人口減を食い止めるには「ベルマーレ本拠地」のブランドは必要

 ベルマーレ専用スタジアムの移転候補は平塚、茅ケ崎、藤沢、小田原の4市10か所。民有地3つのうち、2つはJT工場跡地だろう。平塚のJT工場の解体は急ピッチで進んでいる。眺望を遮っていた高層の倉庫もどんどん、解体され、近々消えそうだ。
続きを読む ベルマーレ専スタ新設こそ、人口減を食い止める最後の生命線

それでも『残念な街』といわれる湘南平塚に住み続ける理由

 神奈川新聞(カナロコ)に、平塚市の現状を的確に分析した、手厳しい内容の記事が掲載された。末尾の提言以外、ほぼ同意する。

・平塚市14年度予算案は約1756億円、ツインシティに力点

 (前略)新年度はさらに、平塚市大神地区と相模川対岸の寒川町倉見地区を新橋で結び一体的なまちづくりを行い、倉見地区に新幹線新駅を誘致する大型事業「ツインシティ計画」の推進に力を注ぐとしている。しかし同計画は、新駅の見通しが立たない中で肝心の倉見地区のまちづくりが進まず、現状では大神地区「ワンシティ」の国道129号沿線開発の様相が濃くなっている。地域住民の十全の理解も得られないまま、土地区画整理事業など数百億円規模の大型事業に突き進むことが妥当なのか厳しく問われている。

 落合市政が大型事業中心に動く陰で、平塚は2010年11月をピークに過去3年で人口が約2800人も減少した。昨年は転出超過(社会減)が県内で横須賀市に次ぐ規模。出生数も急減し、人口が約2万人少ない茅ケ崎市の出生数を下回った。社会減、自然減とも拡大傾向だ。働き盛り世代に選ばれず、子どもが生まれにくい街になっている。人口増が続いている藤沢、茅ケ崎市と比べ、湘南地域での平塚の地盤沈下は顕著だ。ハード、ソフト両面で、新年度予算案が、事態に十分対応しているか疑問も出よう。

 働き盛り世代に選ばれるには、都心への通勤が便利な駅周辺の活性化が重要な要素だ。駅北口の中心商店街は、平塚のアイデンティティーである湘南ひらつか七夕まつりを支える基盤でもある。駅前再開発の中心で懸案の見附台周辺地区再開発事業は、調査などが難航し、新年度予算案に盛り込めていない。まちづくりの方向性が問われている。

続きを読む それでも『残念な街』といわれる湘南平塚に住み続ける理由

転入超過は東京都心とその周辺だけ 広範囲な「東京圏」への集中ではない

 2013年、3大都市圏(東京圏・名古屋圏・大阪圏)のうち、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)だけ、転入者が転出者を上回る「転入超過」となり、超過数は9万6524人に達したと報じられた。東京都特別区部を1市として扱うと、全市町村の76.2%が「転出超過」に該当し、「転入超過」はわずか23.8%。人口が集中する人気エリアと、人口流出が続く不人気エリア・過疎エリアに分かれている。

・景気回復、東京圏で転入増(時事通信)
 総務省は1月30日、住民基本台帳に基づく2013年の人口移動状況を発表した。東京都で、転出が転入を上回る「転入超過」数が2年連続して1万人以上増加して7万172人となるなど、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉各都県)への人口流入が増加した。

・3大都市圏で東京だけ転入超過…2013年人口移動(読売新聞)
・<人口移動>東京圏転入超過9万人 景気回復で大幅増(毎日新聞)

 出典は、住民基本台帳人口移動報告 平成25年結果(総務省統計局)。全市町村のうち、最も転出数が多かった市町村は神奈川県横須賀市で、神奈川新聞(カナロコ)は、同じ県内での格差を大きく取り上げていた。東京圏のなかでも、明暗が分かれ、東京都心への通勤に便利な街、イメージのいい街、中・高所得者向けの新築マンション・戸建て住宅が多く供給された街に人が集まっている。
続きを読む 転入超過は東京都心とその周辺だけ 広範囲な「東京圏」への集中ではない

スマートフォンの料金プランに望むこと~タブレットとの2台持ちのために

 わずか1か月ほど前なのに、すでに記憶が曖昧になっている。アップルが毎年、秋にiPhoneの新モデルを発表する限り、秋の定番行事は、「iPhoneまつり」だろう。それ以外に思い出はない。

 日本時間9月11日のアップルの発表を受け、3キャリアは微妙な駆け引きを行い、9月13日の昼から夜にかけて、iPhone 5s/5cの端末価格(実質負担額)とiPhone向けキャンペーンを発表した。当日中に手がつけられなかったため、9月14日は、朝6時に起床し、記事執筆後、マンションの管理組合の定例理事会に参加した。帰宅後、書き途中だった記事の本文と表を仕上げ、その後、表タグの作成に着手した。翌15日の午前中、予定より少し遅れて、3キャリアの「iPhone 5s/5c」の料金比較記事を掲載した(正しくは、端末の実質負担額+通信料金だが、便宜上、「料金」と記載している)。他のITニュースサイトより遅かったことと、改定を重ねた比較表が功を奏し、Yahoo!トピックスのトップに掲載され、大量にアクセスされた。「早起きは三文の徳」の事例として、忘れないようにしたい。

地元平塚のiPhone 5sの販売状況

 発売日の9月20日、ビックカメラ有楽町店を訪れた。今年で3年連続。朝8時過ぎの時点は、ドコモの列が一番長かった。auコーナーは店の奥のため、様子がよくわからなかった。発売日の翌日、9月21日は休日出勤した。帰りにビックカメラ有楽町店を訪れると、在庫のあるスペースグレイなら購入できた。

 9月22日の午前中、途中経過のデータを見ながら記事を執筆し、午後、地元のケーズデンキ湘南平塚本店に行った。ソフトバンクモバイルのiPhone 5sは、発売直後にも関わらず、「MNPなら2万1000円引き(分割払い時は2万1000円分の商品券プレゼント)」だった。ただし、期間限定・終了時期未定と言っていた。実際、次に訪れた時(10月14日)は、同様の割引はなかった。ドコモコーナーは、これまでと代わり映えなく、片隅に無理やりiPhoneコーナーを新設していた。MNP向けの割引(キャッシュバック)は、Android搭載スマートフォンのほうが多く、そちらを売りたいように見えた。ドコモの販売スタッフは、iPhone 5sとiPhone 5cの違いを満足に説明できず(そもそも人数がいない)、客も一部を除き、興味を持っていないようだった。
続きを読む スマートフォンの料金プランに望むこと~タブレットとの2台持ちのために