タグ ‘事件’の記事一覧

“世界の終わり”の予感に怯える日々

2011年4月3日11:45| 個別URL

 3月11日の東北地方太平洋沖地震の発生以来、別の地域でのM7.0~9クラスの大地震や火山の噴火が起きないかと怯えている。具体的にいうと、東京都内や東京湾直下、神奈川県西部の直下型地震、相模湾・駿河湾沖のプレート境界型地震、東海・南海・東南海連動型地震、富士山・箱根などの活火山の噴火が怖い。

曖昧な地震名・災害名が記憶の風化を生む

 4月1日に、正式に「東日本大震災」と呼称することが閣議決定されたが、個人的には「2011.3.11東日本大震災」や、「日本初の原発震災フクシマ2011.3.11」などと呼びたい。少なくとも、今後、同地域で発生すると思われる地震と区別するため、年度表記を入れて欲しい。およそ1000年に一度、必ず巨大地震と津波が発生するという仕組みまで突き止められたなら、後は、持てる技術と知恵をフルに活用し、それに負けない仕組み・システムを作ればいい。過去の地質調査は、非常に重要だと改めて思った。日本は、地学をはじめとする自然科学の研究にもっと力を入れるべきだ。また、原発関連の研究者は以前から「原発震災」の危険性を訴えていたといい、聞き入れなかった電力会社や国の責任は重い。

・「フクシマ以降」の時代(Chikirinの日記)
・東京に地震が来たら/関東大震災は再来するか(池田信夫blog)

 “東日本”とは、どの地域を指すのか、人によってイメージする場所は違うだろう。関東全域は、本震・余震で大きく揺れ、特に北関東の沿岸部や千葉の埋め立て地はライフラインが寸断されるなど、大きな被害を被った。その意味では、“東日本”という呼称は正しい。さらに、地震・津波による原子力発電所・火力発電所の停止が原因の東京電力の「計画停電」は、関東の広い範囲の経済活動に大きなダメージを与えている。しかし、今回、大勢の人が生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされた被災地は、東北・北関東の太平洋沿岸を中心とした地域だろう。曖昧で、数年後には、どこが震源なのかもわからなくなる、“東日本”という言葉は使って欲しくなかった。そもそも、地震の名称「東北地方太平洋沖」も、わかりやすいとは言い難い。

 たとえば、「日本列島・太平洋三陸沖、北緯38度6分12秒・東経142度51分36秒(気象庁発表)、2011年3月11日14時46分 Mw9.0(暫定)大地震」といった感じで、緯度・経度を明記し、地図アプリですぐに震源を確認できるようにすれば、何年経っても身近な出来事として感じられるはず。実際、地震速報(@earthquake_jp)が発信する地震速報では、緯度・経度が明記され、リンクをクリックするだけで震源を確認できて便利だ。

地震の前兆はあったかもしれない

 私は高校時代、文系選択者向けの「物理・生物・地学」の3つの選択肢のなかで、一番不人気だった「地学」を選択した。内容は比較的高度で、天気図の読み方や地層の見方すらきちんと理解できなかったが、当時、もっと真面目に取り組んでおけばよかったと後悔した。ちなみに、最近まですっかり忘れていたが、大学時代、「インターネットを使って特定のテーマについて調べよう」という課題で、「地震予知」について調べたこともあった。その頃と基本的に変わっていない部分も多いが、発生前に書かれた予知ブログや地震に対する質問(ヤフー知恵袋)には驚いた。電磁波や第6感、自然現象の観察による予知は可能かもしれない。

 3月11日前に感じた地震の予兆現象と思えるものは、自宅の無線LANルーターの突然の切断(3月8日)、原因不明の口の中の痛み(3月8日~3月12日。特に3月10日は非常に痛く、ロキソニンを飲んでも改善しなかった)、3月11日朝・昼の激しい空腹感ぐらい。無線LANが勝手に切れた時、一人で地震の前触れか、と騒いでいたが、まさか本当に当たるとは思ってもいなかった…。

 今、平穏無事に生きていることに感謝しよう。東京都内に通いやすく、温暖で海と山に囲まれた湘南地区。その暮らしやすさは、何ともろい大地のバランスの上に成り立っていたのか。過去に地震について学んだはずなのに、すっかり忘れていた。大切なことは月日が経っても忘れてはいけない。さらに、最新の情報を入手し、知識をアップデートしなければならない。

日本の終わりは、世界の終わり

 覆水盆に返らず。起こってしまった災害や出来事に対して、悔やんだり批判したりしていても何も生み出さない。教訓として、次の大きな災害を生み出さないこと、被害を最小限にするために対策を考えることが重要だ。

 今の社会の仕組み・システムや防災・防犯対策のまま、首都圏、特に東京・神奈川に大きな被害を与えるような巨大地震が起こった時、日本は終わる。多くの人が被災し、もはやボランティアすら集まらないだろう。2011.3.11の前のように安心して暮らせるよう、一刻でも早く新たな防災対策の策定に取り組むべきだ。もし、政府や経済界が被災地の復興や対面の保持にしか注力しないようなら、明らかにノーを突きつけたい。

【関連記事】
・2011年3月11日を境に日本は変わるだろう

(さらに…)


つぶやき,

NECとレノボの提携に思うこと-2011年1月後半のツイートまとめ

2011年2月5日12:14| 個別URL

 Twiterのアカウントを本名の一部を使用した@sf_miに変更。直接的なきっかけは、アカウントの末尾が抜け、返信にしばらく気づかなかったことがあったから。もう一つの理由は、Twitterを利用した読者参加型企画を実施するにあたり、短く、本名と近いアカウント名の方が応募しやすいと思ったから。

 一年前の1月28日は、日本時間の深夜にiPadが発表され、テレビ・新聞・インターネットは、朝からiPadの話題一色だった。先日アップしたエントリ「今だから言えるiPad発表日の出来事」は、相方に“タイトル詐欺”だといわれた。とっておきの情報満載の取材の裏話が書いてあるのかと思いきや、「自転車で転倒し、怪我したけど、仕事はちゃんとやったよ。自分で自分を褒めてあげたい」という個人的な話。騙されて読んでしまった人、ごめんなさい。でも、実話です。

 ちょうど1年後の木曜日、2011年1月27日は、「NECとレノボが提携、合弁会社設立へ」という話題で持ちきりになった。同じパソコン関連とはいえ、ネガティブ方向の余り嬉しくない話だ。1月21日の日経新聞の朝刊で第一報が報じられ、1月27日に正式発表された。予定より少し遅れて2月2日にアップした記事「NECとレノボがパソコン事業で提携、シェアトップのNECがなぜ?」(変更前タイトル)の反応は少なかった。その前週にアップしたMacの年間ランキング紹介記事も余りPVが伸びなかった。

【仕事】
・「Mac App Store」スタート! 2010年で一番売れたMacは?
・NECとレノボがパソコン事業で提携、2010年国内シェアトップの決断

 2月3日にMM総研が発表した「2010年国内パソコン出荷概要」によると、2010年のパソコンの出荷台数は前年比17%増の1527.1万台。1995年の統計開始以来、過去最高の出荷台数を記録した。パソコンは日用品。一部のマニア以外、もはや必要に迫られない限り、興味を持たない存在になってしまったようだ。MacすらiPhone、iPadの注目度の高さには及ばない。

 米アップルが発表したプレスリリースによると、2011年度第1四半期のワールドワイドでの販売台数はiPadがMacを上回っている。Android端末を含め、デジタル好きの興味関心の対象は、スペック以外の進化が止まったパソコンから、スマートフォン、タブレット端末に移っている。一度買えば少なくとも2、3年、処理速度の遅さを気にしなければ5年は使い続けられるパソコンは、今後、完全に買い替え需要が中心となる。だから、NECはレノボと提携するのだ。いまだにパソコンがデジタルの中心にあるような古いイメージに引きずられ、国内市場でのシェアトップの座を維持するために。

(さらに…)


つぶやき, , ,

報道と宣伝の狭間-「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第3話の流出事件について

2008年4月19日08:40| 個別URL

■mixiより転記

備忘録のための走り書きです。

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」第3話の流出事件について、2008年4月19日8時現在、googleニュースによると、29件の関連記事がある。
(さらに…)


つぶやき, , ,