タグ ‘教育’の記事一覧

スマホ・ネット・SNSの普及を経て「横国マルチ」が「都市社会」に進化した

2017年5月14日06:50| 個別URL

 生涯年収は、新卒で就職した年の景気に左右されるという。2017年時点で30代後半から40代の世代は、就職状況が悪く、氷河期世代と呼ばれている。未婚率も高く、将来への懸念から節約志向も強い。実際、あと数年経てば、夫婦2人とも平均年収まで達するとは思えない。

主要家電量販店の初任給を比較 ほぼ横並びだが、実際は大きな差?
 「平成28年(2016年)賃金構造基本統計調査」によると、2016年6月の平均賃金(時間外勤務手当、休日出勤手当などを含めない税込の給与額)は30万4000円(平均年齢42.2歳、平均勤続年数11.9年)、男性に限ると33万5200円(平均年齢43.0歳、平均勤続年数13.3年)、女性に限ると24万4600円(平均年齢40.7歳、平均勤続年数9.3年)で、賞与や残業手当などをプラスすると、男女あわせた平均年収は400万円台半ばと推測される。

ITスキル・情報収集意欲の差が大きい氷河期世代

 そんな不景気の底から脱却しつつあった2002年に大学を卒業し、新卒で地元・神奈川の中小企業に就職した。皮肉なことに、浪人・留年、海外留学などで、現役モデルケースからはずれた人のほうが就職活動は容易だっただろう。折しも2002年度は、今に続く、インターネットを利用した「誰でも多くの企業にエントリーできる仕組み」が本格的に稼働した元年だった。PC・インターネット、携帯電話が使えない人は、その時点ではじかれた。大手企業も手探りで、まずは大学名で選別したため、著しく不平等だった。

 ひとくちに氷河期世代といっても、ITリテラシーの差は大きい。学生時代にWindows 95/98や、カラフルなカラーとスケルトンデザインで一斉を風靡したiMacなどでPCの存在を知り、その操作方法を独学や学校で習った層は、生まれて初めて触れたインターネット端末が10キー入力のケータイだったプレデジタルネイティブ世代、すでに最初からタッチ操作のスマートフォンだった、その下の完全デジタルネイティブ世代とは違い、PCのキーボード入力やマウスに慣れ親しみ、固定回線はダイヤルアップからADSL、光ファイバー(FTTH)、モバイルデータ通信は2G/3Gから4G(LTE)と、インフラの変化のともに、インターネットの普及をリアルタイムで体感してきた唯一の”アナログ→ネット世代”ともいえる。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評, , ,

夢を追い求め、自問自答は続く

2012年8月15日22:45| 個別URL

 きっかけは、はっきりとは覚えていない。偶然、ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN)とブログ「Chikirinの日記」の存在を知り、感銘を受け、過去記事を遡って読んだ。保険に対する考え方など、一部を除き、おおむね同意する。

『ゆるく考えよう』は、悩み・不安を軽くする人生指南書

 「Chikirinの日記」を再構成したちきりんさん初の書籍『ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法』が発売された2011年1月、市外の大型書店なら平積みになっているはずだから、中身を見て気に入ったら買ってきてと相方に頼んだ。ブログをまったく読んだことがない相方に読んで欲しかったからだ。しかし、タイトルが気に入らないと言い、買って来なかった。その後も、オススメブログとして「Chikirinの日記」を何度も薦めたが、話題になった記事数本を除き、読んでくれなかった。仕方がないので、私のほうで内容を要約し、口頭で伝えた。

 最近、ふと思いつき、図書館の蔵書を検索したところ、『ゆるく考えよう』があったので予約した。発売から1年以上経っているにも関わらず、5件も予約が入っており、ちきりんさんの知名度・影響力は、ネット上だけではなく、リアルにも広がっていると驚いた。ちなみに同時に予約した『自分のアタマで考えよう』はベストセラー小説並みの26人待ちで、まだ順番が回ってきていない。

 こうした経緯で、ようやく2012年7月に入って読んだ『ゆるく考えよう』。ブログの再構成にとどまらない密度の濃い内容に、新刊で購入するべきだったと反省した。内容と体裁から、いわゆる「自己啓発本」に分類されるかもしれない。しかし、本質は、情報リテラシー・知的好奇心の高い人に向けた哲学書だ。手元に置いておき、何かに悩んだら、その都度、読み返したい。本のページをめくりながら、ここ数年の悩み・不安が少しだけ軽くなった気がした。

挫折と限界を知った高校時代、英語への苦手意識と後悔

 今後、日本国内で働く限り、一流企業に勤めるグローバル人材と、一部の特定の職業以外は、高い収入を得ることは難しいだろう。「勝ち組」になるには、高い英語力(語学力)、コミュニケーション力、人脈(人的ネットワーク)が必要だ。しかし、会社員の父と専業主婦の母の教育方針「塾・予備校はなし、小中高大すべて国公立、大学の学費は奨学金をもらい、自分で支払うこと」に沿ったばかりに、それらを得ることができなかった。
(さらに…)


つぶやき, 書評,