「コードギアス 反逆のルルーシュ」タグアーカイブ

学生革命家ルルーシュは神話L.L.で永遠に

2008年、『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』放映開始直後にTwitterを始める。それから昨日まで発信したツイートは22457。当時は最大のネットコミュニティ・情報源は「2ちゃんねる」だった。いまは違う。LINEやFacebook、Instagramなど、いろいろあるが、自分は即時性のあるTwitterが使いやすかった。しかし、リアルタイム過ぎて半日で祭りは終ってしまう。コンテンツはますます「消費」されるようになった。

愛すべきルルーシュ

さて、2006年当時に日本でTwitterが流行っていたらコードギアスは当初から祭り続きだったかもしれない。しかし、その人気は一過性で終わった可能性が高い。「スマホ普及前」だったからこそ、ルルーシュのキャラクターは受け入れられ、愛され、男女ノーマルもBLカップリングも盛り上がった。自分はアニメ・マンガ好きであっても、「仲間との関わり」や「友人以上恋人未満」の関係が好きだ。「コードギアス 反逆のルルーシュ」は完璧だった。ナナリー大好きお兄さんルルーシュではなく、部下カレンと上司ルルーシュ、覆面の学生テロリスト・ルルーシュが好きだった。

好きなセリフというかシチュエーションは、「まさか本当に学生とは……」と正体が露見して、呆れた感想が出てくるところ。しかし、総集編映画3部作は学園生活シーンが減ったため、学生ではなく「少年」に変わった。個人的には少し残念だ。学生服ルルーシュがビジュアル的にも萌えたのに。

しかし、皇帝ルルーシュも捨てがたく、基本的にキムタカデザインのアニメ絵ルルーシュが好みだが、たまにキャラクター原案・CLAMPが描くルルーシュを見ると美しいとハッとする。CLAMPのNo.1ヒット作は、残念ながらアニメ・映画「コードギアス 反逆のルルーシュ」なのだ。それくらいヒットの要素としてビジュアル面は大きい。今はこうしたアニメチックな絵はトレンドではなく、最後のヒットといえるかもしれない。

コードギアス 復活のルルーシュver1

映画と時代

2008年9月の放映終了から11年、スマートフォンがだいぶ普及した結果、デジカメは売れなくなり、薄型テレビも浸透し、時代は4Kに切り替わりつつある。4Kテレビのクオリティにふさわしい作品として再び世に出せば、グッズ・アイテム・ゲームなどが売れ、円盤BOXも売れ、動画配信でもリピートされると踏んだ経営陣はオリジナル制作者「映画製作」を命じたと簡単に予想できる。

後継作品が生まれず、人口減少(若者減少)の日本でビジネスを続けていくための「延命」のための作品作り。約2時間の映画『コードギアス 復活のルルーシュ』は、その要求に応えつつ、物語の面白み・アクションのケレン味、声優ならではの演技を詰め込んだ、まさしく全部入り。しかもクオリティはハイレベル。テレビアニメは決して見ないが、アニメ映画なら鑑賞するという「映画ファン」にも強くアピールできるエンタテイメント作品に仕上がった。

平和は得難いもの、同じ明日が続くとは限らないというメッセージを投げかけつつ、最後はファンに向かって、史上最高クラスの人気キャラクターである、ルルーシュをまさにタイトルどおり、復活させ、「永遠」に神輿に乗せると、約束してくれた。

声優・福山潤が引退しない限り、ルルーシュは生き続ける。声変わりした玉城も今作では違和感がなかった。生身の声優はいつまで活動できるかわからないので、続編やリメイクは生きているうち、できるだけ早いほうが望ましいのだ。

10年間でいろいろ変わった。子どもが生まれた。一緒に買い込んだBDを視聴する日はいつになるだろうか。裏表あるルルーシュは人によって受け入れ難いようなので自発的に見たいという日まで、見せないで置くほうが吉だろうか。

5年後に25歳になったカレン、シャーリーがルルーシュに結婚を迫り、右往左往する『コードギアス 復活のルルーシュ2』、20年後にもうひとつの世界線(TV版が深夜枠で続いていたままのシナリオ)『コードギアス 反逆のルルーシュ Another』といった作品を期待したい。その時、家族は子ども一人の3人か、望んでいてもほぼ可能性の2人目と一緒の4人か、それとも独りか、未来はわからない。少なくとも11年前の自分は、出産直後ですらルルーシュの生存は信じていなかった。

制作者がファンに向けた答え……若すぎた

考察でよくあった、ルルーシュは「L.L.」になる。

本当に深読みが当たってしまった。黒の騎士団に対し、ルルーシュが自ら素顔を晒して指揮を取る―思い描いていたシーンそのまま、むしろ想像以上に。

素直にスタッフに感謝しよう。そして、よくわかっている。この作品自体がアニメファン・フィクション好きに向けた奇跡かもしれない。ギアスは願い。最近、フィクション作品から離れて忘れかけてた。

■関連記事
・「コードギアス」劇場版3部作に思うこと
・夏の暑さで思い出す、8年前のiPhone上陸騒ぎとコードギアス

劇場版コードギアス3部作に思うこと

**ネタバレあり。未見の方はご注意ください**

かつて最もハマった作品、そして、今後もこれ以上、繰り返し視聴する作品はないと思われる作品、「コードギアス」。かつて熱心に視聴し、ようやく冷めてきたところに映画化決定。バンダイグループの新規コンテンツの訴求不足の裏返しである。実際、「ドラゴンボール」のように、リメイクや再放送で作品寿命が伸びてきた作品は多い。単発で終わらせるには、学生/テロリスト/為政者の3つの顔を持つルルーシュの魅力は捨てがたいと考えたようだ。
続きを読む 劇場版コードギアス3部作に思うこと

映画『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』感想

この10年、日本の政治家は何をやっていたのか。少子化対策は若干の改善にとどまり、年金マクロスライドはいまだ全面的に発動していない。急増する高齢者を棄民として扱わない限り、この国は未来をつかむことができないと誰の目にも明らかなのに。

自然に滅びゆく日本に抗う……

2006年の『コードギアス 反逆のルルーシュ』テレビ版放映時、<大国と戦い、無条件降伏の結果、名前と尊厳を奪われた国>という設定はリアリティがあった。そしてゼロという強力なリーダーシップをもった象徴が登場すれば、多くの人が自立のため戦うという期待があった。放映当時はスザクに肩入れする人が多かったように思う。ルルーシュは同情以上に反感を抱かれていた。最後は日本人が大好きな自己犠牲の物語に帰結する。
続きを読む 映画『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』感想

夏の暑さで思い出す、8年前のiPhone上陸騒ぎとコードギアス

 最終回から1年目、3年目、5年目……。2006年から2008年にかけて、生活の中心となり、各話を何度も見返した「コードギアス」を振り返る記事を書こうと思いつつ、はや数年経ってしまった。世間的には、2008年夏は、iPhone日本上陸の夏だ。しかし、個人的には、後に悪性リンパ腫だと判明した父の入院と、「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」の夏だった。

 正直にいうと、当時、IT業界やメディアで騒がれた「iPhone 3G」にはあまり興味はなく、父の入院時の待ち時間は、ケータイ版の2chにアクセスして、「コードギアス」のネタバレや感想を読み続けていた。まさか数年後、日本人の象徴だったケータイがすっかり廃れ、iPhoneをはじめとするスマートフォンが広く普及するとは、夢にも思わなかった。Webサイト「BCNランキング」の閉鎖を前に、当時の記事をいくつか読み返したが、ことごとく日本ではスマートフォンは根付かない、と語っていて、つくづく予想は難しいと思った。たった8年前だが、遠い過去のようだ。
続きを読む 夏の暑さで思い出す、8年前のiPhone上陸騒ぎとコードギアス

ブルーレイ至上主義に敢えて反論する

※市場動向の変化にともない、現状とそぐわない記述もありますが、あらかじめご了承ください(2010.12.4)

■mixiより転記

 ブルーレイディスク(BD)レコーダーの実質的な第1世代が発売されたのは2006年11月。BD陣営のソニー、松下(当時)とHD DVDの東芝が20万円以上の高価格帯で激突し、結果としてBD陣営が勝利した。しかし、そのシェアは台数ベースで1割にも満たなった(数字はうろ覚え)。

 転機は2007年10月末。シャープのHDD非搭載のBDレコーダーに続き、ソニー、松下のHDD搭載BDレコーダーが発売され、週を追うごとにレコーダー全体に占めるBD対応機のシェア(構成比)が上がっていった。12月に一気に2割を超え、大々的に取り上げられた。2008年1月はいったん落ち込んだが、それは年始の型落ちモデルのバーゲンセールの影響。その後も順調にシェアは上がり続け、9月の祝日には初めて5割を突破。月でならすと10 月時点でもおそらく4割台にとどまるが、2年前、アナログチューナー搭載モデルが市場からこっそり姿を消したように、年明け以降は、従来型DVDのみ対応するハイビジョンレコーダーはフェードアウトするだろう。国内メーカーで残るのは東芝のみ。BDからDVDへの流れは止まらない。
続きを読む ブルーレイ至上主義に敢えて反論する

「コードギアス」が終わり、日常が戻ってきた

 入院中の父の退院が決まった。8月8日から10月5日まで、約2か月弱。医師の説明を聞いた母からのまた聞きのため、あやしいところもあるが、悪性リンパ腫のなかで最も一般的なタイプらしい(おそらく、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)。体力と発生場所の関係から生検を行わなかったため、確定診断はできなかったが、処方が効いたことからほぼ間違いないだろう。以下、ネットで調べた情報。
続きを読む 「コードギアス」が終わり、日常が戻ってきた

滅びの美学-コードギアスR2 最終回再評価と総括

■mixiより転記

 ブログの感想を読んでいて少し印象が変わったので改めて。ネット上で一部の人が力説している「ルルーシュは生きている説」。最初は馬鹿な、と思ったが、確かにC.C.の目線などを見ると、「あり得る」と思う。スザクにすら嘘をつき、事件が完全に風化するまで、自分を殺して生きていく。C.C.の最期を看取る日までは。…こうなると、C.C.の一人勝ち。

【最終回オンエア直後の感想/最終回前の分析】
・コードギアス 反逆のルルーシュ R2 最終話「Re;」感想
・コードギアス7つの功罪

 カレンはもう一人のルルーシュ。ありえた未来。素顔がばれるまでは、カレンと同じようにすべてが終わったら学園に戻るつもりだった。そのためのゼロ、そのための仮面。実際にルルーシュ自ら、カレンに伝えている。ユフィもスザクに望んでいた。「学校行ってね。私は途中で辞めちゃったから…」。真剣に作品を見始めてから、ルルーシュとカレンのよく似た境遇が気にかかっていた。何か意図があるはず、と。カレンは一パイロットだったため、顔がバレても比較的容易に元の生活に戻ることができた。一方、事件の首謀者で政治の場に立ったルルーシュはそうはいかない。
続きを読む 滅びの美学-コードギアスR2 最終回再評価と総括

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 最終話「Re;」感想

■mixiより転記

 「コードギアス 反逆のルルーシュR2」最終回。サブタイトルは、読み方のわからない「Re;」。個人的には消化不良。サントラに一度もかかっていない曲があるよ? ヴィレッタ先生が結局ルルーシュをどう思っていたのかわからなかった…。うまくまとまっている。テーマはつながっている。しかし、サプライズとカタルシスが足りない。あのまま1期で終わっていた方がルルーシュ個人としても、作品としても良かった、と思わないこともない。ゼロ・ゼロ・ゼロ…。予想通り、血染めのルルーシュだった。カレンがスザクに完全に勝ってルルーシュを止められていたら、世界は変わっていたかもしれない。

 移ろいやすい世の中。それでも明日を願って生きていく。歪んだ世界がもしあれば壊して。2期25話の「テーマ」が見えない人は、1期の5話のルルーシュとスザクが交互に自分の思いを述べているシーンを見返すといい。2人が願った通り、独裁者ルルーシュが勝ち、世界はまとまり、一時的だが作中では戦争はなくなった。それで良かった?自分の明日は?自分の可能性は?

【1期の感想】
・現場放棄―コードギアス 反逆のルルーシュ第24話・第25話感想
・「コードギアス 反逆のルルーシュ」第23話までを見て

 ああ、消化不良。1期のように破たんした結末で良かった。カレン、カグヤ、シャーリー、ルルーシュと関わった女性陣はロクな目に遭っていない。救われたのは、C.C.のみ。ルルーシュは死んだ、フリだと思いたい。口先ではああ言っても自分好きだから結局生きてるよ…ないだろうな。同じスタッフによる別シリーズがあるとすれば、別の「ギアス」を授かった主人公の全く異なった孤独への道か、再び現れた別のゼロの活躍か…。ベスト回は、1期の6・12・ 17話・19話、21~23話、2期の7・19・22話。戦闘は、1期のナリタ戦、藤堂奪還、ブラックリベリオン、2期の太平洋奇襲作戦時の紅蓮合体、 23話のナナリーのフレイヤ発射。同じスタッフで何が違うのか、1期の方が戦闘時の緊張感が高かった。放送時間帯の影響もあるように思う。日中にリアルタイムで見ることは、おそらくこの作品で最後だろう。
…結局、日5のリアルタイム視聴の習慣がついてしまった。