タグ ‘ブログ’の記事一覧

2011年を振り返ってー「なりたい自分」が見えてきた

2011年12月31日22:58| 個別URL

 11月に入ってから、せっかくうまく回っていた歯車がずれ始めた。その結果、仕事の能率は下がり、執筆本数が減り、ブログの更新は、ほぼストップしてしまった。自己満足の個人ブログより、仕事の記事を優先するべき、と判断したからだ。しかし、休日返上で原稿を真剣に書いたのはわずか2日間だけで、あとはWii版の「ドラクエI・II・III」のFC版ドラクエIIIをプレイしていた。それ以上に多く費やした時間はTwitterだろう。不具合やアプリのAPI制限でTLを遡って見ることが難しいゆえに、空き時間は、つい、リアルタイムでしか読めないTwitterを優先してしまう。その結果、アプトプット量が大幅に減る―という悪循環にはまってしまった。

 その間、視聴したドラマ、アニメ、マンガなどの作品の感想を、本当はすぐにブログに書きたかった。特に、ネット上の口コミで余り評判が高くない作品ほど、すぐに賞賛の感想を書き、制作サイドや編集部に伝えなければ、打ち切りやメディア展開の規模縮小などの目に遭いかねない。それらの作品を楽しみにしている身にとっては非常に困る。しかし、先に公式サイトやWikipedia、Twitterのツイートなどを読んでしまって時間がなくなり、鑑賞直後の「自分だけの感想」は、文字化しないうちにほとんど忘れてしまった。ほんの一部は、忘れないうちにTwitterでつぶやいたが、文字制限のため、感じた思いの10%も表現できていない。良い作品やイベントに出会ったら、「ブログに感想を必ず書く」という習慣を身につけなければ、作品継続のために、本当にまずいと感じている。

 公私ともに、2012年は、今まで以上にアウトプット量を多くしたい。同時に、もっと自分の主張を強く打ち出したい。携帯電話ランキングなど、仕事の記事では、「量販店の集計データを文章や表を用いてなるべくわかりやすく客観的に伝える」ことを第一に、極力、自分の意見や主張は入れないように心がけている。データをなるべく多く公開し、どのようにとらえるかの判断は、読み手に委ねたいと思っているからだ。読者からの批判のコメントを防ぐ目的もある。

 けれど、本音では、根拠なく、自分の直感だけで「言い切りたい」ときもある。そして、自分が憧れている何名かのITジャーナリストと同じように、個人の名前で評価してもらえるようになりたいと思う。そのために足りない部分をどうやって伸ばせばいいのか、何を学べばいいのか、そもそも今の方向性でいいのか。その答えが見つからないまま、日々のルーティン業務と、編集長から直々に依頼された「iPhone 4S比較」の連載(第1回第2回)の心理的負荷、極度の体調不良が重なり、ブログが書けなくなってしまった。

 私は、現在、編集部ではなく、Webを含む制作担当部門に所属している。表向きはWebサイトの運営スタッフであり、基本的に量販店・メーカーに対する取材活動は行っていない。例外は、編集部に所属していた時につながりがあったアップルだけだ。けれども、前上司、現上司のありがたい判断により、日々、記事を書き、Webサイトのコンテンツ面の進捗を管理している。立ち位置は、「PVアップのための常駐ヘルパー」。自分の裁量で比較的自由に書くことができ、非常にやりがいがある。だから、つい、身体的に無理を通してしまう。

 ただ、取材に裏打ちされた説得力のある他の方の記事を読むうちに、左から右へ流す「文化的雪かき」に従事する一介のライターではなく、今や相互に密接に関わったサブカルチャーとデジタル、そしてインターネットの普及とともに急速に変化した新しいかたちの「メディア社会」の今(Now)と未来(Future)を、自分だけの視点で語るジャーナリストを目指したいと強く思うようになってきた。2010年5月からTwitterを使い始め、そこでの知的な会話やネットワークに刺激を受けて、ようやく「なりたい未来の自分」が見えてきた気がする。たとえ、名は残らなくとも、社会の役に立つ人間でありたい。今までも「無署名」または「署名入り」で多数の記事を書き、少なからず、世の中の動きに影響を与えることができたと自負している。その幅をもっと広げ、視点と視野を広く持ち、「この人の書くことなら信頼できる」と評価されるようになれたら本望だ。

 デジタル関連とは別に、日本の発展を阻害している年金や医療制度、地方自治などに代表される「旧来のシステム」の変革する活動に協力したいと思っている。今の日本社会の行き詰まりは、とどのつまり、大量生産・大量消費社会の行き詰まりに他ならない。メーカーも店舗も多すぎて、情報不足の消費者は選びきれず、逆に賢い消費者は欲しいものがなく、ミスマッチで無駄が世の中にあふれている。

 人は、強制的な労働・消費・勉強から自由になるべき。興味・好奇心の赴くまま、自由に過ごせたらどんなに幸せだろう。実際には、住居費をはじめ、生活するためのコストが高すぎるため、定年まで、身体を酷使しても働き続けなければならない。特に都心と都心近郊の住居費と、インターネットの通信費・携帯電話代は高すぎる。今の日本人は、高校卒業後の18歳もしくは大学卒業後の22歳から70歳くらいまで「休みなく働くため」に生まれてきたみたいだ。

 ブログが書けなかった個人的なもう一つの要因、体調不良。詳しくは今は書かない。ようやく訪れた病院で、これまでの経緯と症状を話したところ、医者からは真っ先に「ストレスが原因では?」と言われ、処方された薬を服用したところ、ほとんど解消したが、精密検査の診断結果が出るまではわからない(新年早々に精密検査を受ける予定、もう一つは保留中)。

 かつて、いつ死んでもいいと思っていた。2005年の冬、「液晶テレビの売れ筋は32V型」と日本で最初で伝えたのは私だ。結局、今でもサイズ別販売台数No.1は32V型で、日本の住宅事情が飛躍的に改善しない限り、大型化は進みそうもない。このほか、世の中のトレンドを動かすような記事を何本か書くことができた。学生時代には一度も得られなかった充足感を、今の会社に入社して初めて得ることができた。

 Yahoo! JapanとYahoo!ニュースが存在し続ける以上、私が書いた記事が「Yahoo!トピックストップ(ヤフトピトップ)」に載り、多くの人の目に触れた事実は永遠に残る。2011年だけでも、5本の署名入り記事が掲載された。特に5本目は、私でなければ書けない内容のもの。身体面はともかく、仕事の面で、2011年ほど充実した年はありませんでした。読んでいただいた多くの方々、どうもありがとうございました。

Fumi Sagano: @sf_mi

【関連記事】
・スティーブ・ジョブズ氏が遺してくれたもの
・iPhoneをめぐる争い 最後に勝つのはどのキャリアか
・ドラクエの思い出(1) FC版「ドラクエ II」とWiiの「SFC版ドラクエII」


つぶやき, , ,

検索エンジン対策としての個人ブログ、自己PR・プラスαの流入元として

2011年9月19日12:36| 個別URL

 8月下旬、9月後半、アップル関連の記事を仕事で2本続けて執筆し、サイトに掲載した。どちらも集計作業にかなりの時間がかかっており、かつ、かなり自由に書いた、「書き手の個性が出ている記事」だと自負していた。

 しかし、余りPVが伸びない。1本目は、現行の第6世代iPod nanoの不人気ぶりのせいかと思ったが(タイトルでは触れていないが、2001年1月から7月までの携帯オーディオのメーカー別販売台数シェアも紹介している)、2本目は違う。話題のiPhoneの売れ行きを振り返った記事だ。もっと多くの反応があると思っていた。その理由を探るうちに、Googleの検索エンジンに嫌われたらしく、記事のタイトルで検索しても、自社サイトの記事が検索結果に出てこないことに社内のSEO担当が気づいた。

 トップページや記事以外のページ、一部の記事ページは問題なく表示されるので、サイトが丸ごと拒否されているわけではない。また、外部配信先の記事は表示されるので、内容やタイトルがNGのわけではないようだ。3年くらい前から各記事の末尾に挿入しているAmazonアソシエイトを挿入しており、そのせいで「アフィリエイトサイト」に分類されてしまったのではないかという仮説を立て、対応策を検討している。

 Googleは、自社のGoogle AdSense以外のアフィリエイトを認めない方向に進んでいるようだ。確かに、検索結果にアフィリエイト目的の中身の薄い記事ばかり表示される現状は改善するべきだろう。しかし、区分の仕方が、余りにも独善的で一方的過ぎる。

 Amazonのアフィリエイトは、数あるアフィリエイトサービスのうち、Google AdSenseに次いで効率のいい、高収益が期待できるツールだと考えていた。PVをコストをかけずにマネタイズするには、アフィリエイト、ADネットワークしかない。企業運営のサイトにとって、アフィリエイト収益はビジネスに直結し、個人ブロガーにとっても、収益面でのモチベーション低下につながる。

 ノリろうさん @norirow が「GoogleとFacebookの目指すところは…『支配』?」で指摘したとおり、Googleはすべてのセンシティブな個人情報を握り、世界を牛耳ろうとしているのかもしれない。それでも、Google ChromeやGoogleマップなど、他の類似サービスに比べ、圧倒的に便利なものが多い以上、Googleの優位は続く。

 現在、インターネットの検索エンジン、特にGoogleで検索して見つからない情報は、世の中に「存在しない」ことにされる。Twitterなどソーシャルメディアの影響力が高まっているとはいえ、「検索」は、ネットでの情報収集の基本的手段であり、検索エンジン経由の流入はPVの増減を大きく左右する。

 現在の状況が続くなら、このブログに「今日、私が書いた記事」というエントリーを毎日投稿し、仕事で書いた記事への誘導を図るしかない。少なくとも、ランキングデータを使用した記事に関しては、毎回、セルフ解説記事を載せようかと、真剣に検討している。

 Twitter、Facebookなどの「ソーシャルメディア」と、アーカイブ・ストック先としての「ブログ」。この二つは、少なくとも、ジャーナリスト・記者、研究者、クリエイターなど一部の職種・業種にとって、自分の仕事の成果やパーソナリティ(人柄)をより広く知ってもらうための必須ツールになりつつある。今回の事実上の「Google八分」を受け、リアルとネット、仕事(公)とプライベート(私)の切り分けは、今後、無意味になるかもしれないと思った。

 私は私。自分は自分。インターネット上のログが、その人のライフログになる。

【関連記事】
・ニュース記事の署名なんて誰も気にしない
・便利すぎ!! Google Chrome

(さらに…)


つぶやき, デジタル, , ,

夏・冬・冬、過去3回のデータ消滅事件

2011年9月4日16:07| 個別URL

 大学3年の夏、同じゼミの人から借りた(最終的にもらった)SFC版の「ドラゴンクエストIII」に熱中していた。実家は、当時も現在もエアコンがないので、休日は涼しい早朝、バイトのある日は、汗をかきながら夕方にプレイしていた。あまりにも面白かったので、中古で「ドラゴンクエストVI 幻の大地」を購入。続けて一気にプレイした。大学の夏の思い出といえば、SFC版「ドラクエ」ともうひとつ、ホームページビルダーを使用した「HP作成」だった。当時、レンタル掲示板を借り、たまに書き込みがあった。1日のヒット数は100程度だっただろうか。あまり覚えていない。訪問者同士のやり取りも何度かあったと記憶している。

 その後、掲示板を閉鎖し、ブログ形式に移行。内容を大幅に縮小し、細々とアニメ・ドラマなどの感想を書き綴っていたが、2006年2月、レンタルサーバー上のデータがすべて消滅するというトラブルに遭遇し、あまりの空しさにやる気を失ってしまった。昨年夏、約5年ぶりに現在のURLでブログを復活したものの、1日あたりの平均PVは、大学時代のHPに及ばない。

 ブロガーのいしたにまさきさん(@masakiishitani)は、『ネットで成功しているのは、やめない人たちである』という書籍を出版した。内容は読んでいないが、書籍のタイトル通り、大学卒業後、サイトの更新を止めずに、力を入れて記事を書き続けていれば、今の私とは違う自分になったいたはずと後悔している。少なくとも、データ消滅事件までは、ブログやネットサービスに関心を持ち続けていた。時間を巻き戻せるなら、一番最初に購入したデスクトップPCが故障した2002年7月、サーバー上のデータが消滅した2006年2月、そして会社用のPCが故障し、HDDのデータが一切消えた2008年12月、それぞれトラブル発生前に戻り、予備のHDDか何かに、バックアップデータを取りたい。バックアップさえあれば、簡単にブログを復旧できたし、昔、書いた大量のTWO-MIX関連の記事・コンテンツを再構成したTWO-MIX情報サイトを、ブログ形式で開設することも容易だった。

 …そう。私は、過去に3回もデータが全消滅するトラブルに遭っている。HDD内蔵レコーダーのHDDも一度故障しているので合計4回。そのたびに、バックアップに必要性を痛感しながら、何も対策を取って来なかった(「私って、ホント馬鹿だね」としか言いようがない)。ちなみに、SFC版のドラクエIII、V、VIとも、あの絶望的なメロディとともに、セーブデータが消え、今はEDを見ることすらできない。

 これだけ何度も消えると、物やデータに執着するのが愚かに思えてくる。懐かしいものはやがて壊れる。すべて無に還る。私の確かな足跡はただひとつ、仕事で書いた署名入り/無署名の記事のみ。最低限、Yahoo!トピックスに掲載された記事をリスト化し、ネット上で公開しておくことが、現状、セルフブランディングの最大の近道かもしれない……と思いつつ、目先の仕事や欲望に負けて、まだ何もしていない。

(さらに…)


つぶやき,

失望した東京都知事選の結果

2011年4月24日19:45| 個別URL

 仕事で2008年春からアクセス解析を担当している。しかし、検索キーワードの詳細な分析はほとんど行っていない。某社の商用ツール(通称RT)では、ワンステップで確認できないからだ。何よりキーワードの数が多すぎる。現状、急に増加したキーワード以外、キャッチアップできていない。

 このブログでは、Google Analyticsを利用している。といっても、デフォルトのレポートをたまにチェックしているだけだが。RTと比べると、非常にわかりやすい。もっと使いこなせば、より高度な分析ができるだろう。できれば、仕事でもGoogle Analyticsに移行したいと思っている。いくら検索しても、ニュース記事と公式サイトしか情報が出てこない今のツールはやめたい。事前に複雑な設定をしない限り、経路分析ができないとか、検索キーワード別を調べるためにログイン後、5回くらいクリックが必要とか、複雑すぎる手順に辟易している。

自己主張のためのTwitter&ブログ

 さて、2011年3月11日以降、急激に増えたキーワードがある。それは「地震」「津波」だ。皆、不安に思っているのは間違いない。「iPad」も増えてきた。iPad 2発表後の値下げをきっかけに、気になった人が多くなったらしい。それまでは、「コードギアス」「ブノワトン」が多かった。後者については本当にうれしい。余りにも多かったので、このブログとは別に、HDDから「ブノワトンのパン」の写真を探し、フォトメインのブログを作ろうかと思った。しかし、残念なことに、焼きたてをすぐに食べてしまったため、写真はほとんど残ってなかった…。

 SEO対策のため、特定のジャンル・分野に絞ったサイト・ブログを運営するべき、という主張がある。私は書き手の顔を意識させる個人ブログの場合、いろいろ混ざっていたほうがおもしろいと思う。Twitterも同じだ。所属を明らかにしたTwitterアカウントとプライベートなアカウントを作り、同僚には前者しか知らせたくない、という意見にも確かに一理あるだろう。個人的なことをつぶやきにくくなるからだ。素をさらけ出して、それで壊れる関係なら、あってもなくても同じこと。好きなものは好き、納得的ないことは納得できないと主張しよう。特に若い世代は、政治・経済に関心を持ち、自分の意見をどんどん表に出していくべきだ。

 少し前の話題になるが、青少年健全育成条例の改正を推し進めた石原慎太郎氏が東京都知事選に立候補し、4期目の当選を果たしたことは、インターネットを利用して発信する者と世間のズレを大いに感じる出来事だった。TwitterのTLに流れていた都民の反応とはまったく異なり、信じられないと思った。未曾有の大震災があったにも関わらず、多くの都民は「日本は変わらなければならない」と思っていないのか。このままだと、日本は終わる。東京一極集中の仕組みが、現在、日本経済の最大のリスクとなっているというのに。やはりTwitterで見かけた、出口調査をもとにした世代別投票数のグラフによると、20代、30代の若年層が放棄せず、東国原氏に投票していれば、石原氏を上回っていた可能性が高い。石原を選んだのは、高齢者層と無関心な若年層。本当に残念。

【関連記事】
・“世界の終わり”の予感に怯える日々
・2011年3月11日を境に日本は変わるだろう

(さらに…)


つぶやき, , ,

zenbackを導入したが…肝心の「関連記事」が表示されない(解決法求む)

2011年2月27日23:10| 個別URL

 シックス・アパートが運営するブログ向け関連記事表示サービス「zenback」を導入した。しかし、いつまで経っても、自分のブログの記事を対象とした「関連記事」が表示されない。導入から1週間後に追加タグを入れた。RSSも正しく配信されているはず。ヘルプを見ても、検索しても解決策がまったく見当たらない。その後、WordPressの関連記事表示プラグインも壊れて、正しく表示されなくなってしまった。やはり、自分自身で記事を選び、ひとつずつリンクを貼るアナログなやり方が一番なのかもしれない。

※zenbackの関連記事を表示させる方法をご存知の方、ぜひ教えてください!

2011.6.11追記
 本記事を含め、最近アップした記事のみ、「関連記事」が表示されるようになりました! 設定は特に変更していません。単にzenback側のキャパシティの問題だったのでしょうか?

【仕事】
・変わる携帯オーディオ市場、音楽専用のウォークマンとiPod touchの対決へ
・ 2011年1月の携帯電話ランキング、「GALAXY S」が2か月連続トップ

(さらに…)


つぶやき, デジタル, ,