「ホワイトジョブ300」の実現性を考える

2013年8月13日11:06 | 社会批評| 個別URL

 大石哲之(@tyk97)さんの「提案」は、ある種の理想といえるだろう。その趣旨には大いに賛同するが、現実問題として、首都圏では、家賃8~11万程度の郊外エリアでも「年収300万」では生活できない。給与の約半分が家賃・住宅ローンで消えてしまうからだ。逆に、東京都内・近郊で暮らし続けたければ、長時間労働を厭わず、高収入を目指して働くしかない。今ですら贅沢品の「子ども」は、完全に富裕層の特権になる。

「ホワイトジョブ300」の実現性を考える の続きを読む»

社会批評, ,

賃貸の定番・2DKの需要は消えた?

2013年8月11日07:35 | つぶやき, 社会批評| 個別URL

 引越し前に住んでいた賃貸アパートは、次の入居者が決まらないらしい。もう何か月も、不動産情報サイトに情報が掲載されている。このままだと、「空き家」となり、不良資産となってしまう【退去から約10か月後、別の方が入居されました】。私達がずっと住んでいれば、こんなことにはならなかった。心苦しく思うため、その理由を考察してみた。
賃貸の定番・2DKの需要は消えた? の続きを読む»

つぶやき, 社会批評,

格差の前段階として、「分断」が進んでいる

2013年7月7日09:45 | 社会批評| 個別URL

 理不尽な母親に悩み、ずっと”生まれ”と”運”に左右される「格差」が問題だと思ってきた。しかし、最近、”生まれ”と、触れてきた教育・文化・教養・人間関係の差による日本人同士の「分断」のほうが致命的な問題だと思うようになってきた。同じ市内ですら、学区が違うとまるで違う街。同じ学区でも、電車通勤・車通勤のフルタイム正社員と自転車通勤の非正規雇用者では、生活のリズムや街に対する評価がまるで違う。

 一口に非正規といっても、正社員になれずに妥協して勤務している若年層、夢を叶えるための自己研鑚や学業の合間に働くアルバイト層、家計の足しや小遣い増額のために働くパート主婦層では、求める水準が異なる。残念ながら、子どもを産むなら正社員に限る。少子化の要因の一つは、きちんと産休・育休を取得できる企業に勤務する正社員か実績のあるフリーランスしか安心して産めない現状の社会保障制度にあるだろう。一刻も早く改善して欲しい。

 本題に戻ろう。今の日本は、主に収入と文化資本の差と、運に左右される「格差社会」になりつつあり、その根底に「分断」がある。スマートフォンの普及は、ソーシャルメディアの普及とリンクしていると当初から感じていた。ソーシャルメディア側の信頼性の高い調査データがなかったため、仕事で書いた記事ではあまり触れてこなかったが、Twitterでは、繰り返しツイートしてきた。

 従来型の携帯電話、通称「ガラケー」は、この3年の間に、急ピッチでスマートフォンに置き換わりつつある。2010年4月に発売されたAndroid搭載スマートフォン「Xperia」が売れ、spモード対応後、さらに売上を伸ばした。iモードのアドレスがそのまま使えれば、スマートフォンでも受け入れられるとわかり、ドコモとKDDI(au)は、スマートフォンメインのラインアップに舵を切った。auは、その後、新規ユーザーの獲得のため、iPhone主体に切り替えたため、牽引役はドコモになった。今や、Android搭載スマートフォンのほとんどは、防水やワンセグ、おサイフケータイに対応し、ほとんどガラケーの発展形といってもいい。
格差の前段階として、「分断」が進んでいる の続きを読む»

社会批評, , , ,

現金を抱え込む高齢者

2013年6月1日09:50 | つぶやき| 個別URL

 一人っ子のため、父が亡くなった時、相続人は母と自分の2人だった。法定相続分は2分の1ずつだ。しかし、不動産・預貯金・自動車・固定電話回線など、父名義の資産は母がすべて相続した。母は、預貯金等はすべて自分のものと主張し、父名義の不動産(自宅)の権利を共有にする場合は、固定資産税を半分払えと言った。その時、なぜ、実家を売却したと仮定し、その想定売却額の半分を相続分としてもらう、という案を思いつかなかったのか。私は、正当な相続の権利を自ら放棄してしまった。

 家購入にあたり、できれば住宅ローンは組みたくなかった。母親に「住宅取得等資金の贈与税の特例」を利用した生前贈与を頼んだが、「今の資産は夫婦2人で貯めたもの。生前贈与するくらいなら、すべて使いきって死ぬ。残っていたらラッキーとでも思いなさい。あなたたちの世代は、年金が支給されるかどうかわからないから、自分たちの分は自分たちで貯めなさい」と断られた。インターネットのQ&Aサイトに書き込むと、親の遺産をアテにするくらいなら家など買うな、と批判された。生前贈与しない代わりに、子どもをアテにしない親の心構えはむしろ褒めるべき、との意見もあった。

 一見、母の言い分は、まっとうに見える。しかし、母の手持ちの資産のほとんどは、会社員だった父が労働の対価として得た給与・賞与・退職金と、国から支給された年金を貯めたもの。母は結婚以来、専業主婦を決め込み、短期間のパート以外、金銭労働を行っていない。結婚するまでは、正社員・アルバイトとして働き、厚生年金保険料を支払っていたため、60歳以降、自分名義の厚生年金も受け取っているが、金額は少ない。老後資金は、夫婦2人で貯めたわけではなく、父が1人で稼いだものだ。母は適宜、利率の高い定期預金に預け替え、いくらか金額を増やしたに過ぎない。
現金を抱え込む高齢者 の続きを読む»

つぶやき, ,

住宅ローンは住居費の前借り、資金計画さえ間違わなければ問題ない

2013年5月6日09:14 | つぶやき, 社会批評| 個別URL

 この個人ブログの更新を休止していた間に引っ越した。余りにも露骨な新築・持ち家優遇の国の政策や、旧態依然の不動産業界の慣習などに対し、いろいろ思うところがあり、折にふれてTwitterでつぶやいてきた。一度、きちんと文章にまとめたいと思っているが、完全に住所が特定されてしまうため、躊躇している。

 以前から、新聞や雑誌には、家計簿(年間/月間の収支)をもとに、アドバイザー(FP)が診断するという記事が時々掲載されていた。新聞・雑誌記事をWebに転載するケースが増え、インターネット上でも頻繁にみかけるようになってきた。また、新築マンション情報誌「スーモ」では、巻頭特集として、世帯人数・年収・物件価格(物件情報)・住宅ローンの実例を紹介する記事が定期的に掲載され、ここ1年、その頻度が以前より増えている気がする。

・住宅を賃貸と購入どっちがいいの?と聞かれたら「賃貸最強!」と答えよう
・こんな理由で家を買ってはいけない! その3「結婚したから」「子どもが生まれるから」
※その1・その2・その4(最終回)もあり

 「賃貸最強!」は、ある意味、正しい。いくら家賃より出費が抑えられるからといって、既婚・未婚問わず、貯金がほとんどない状態で住宅ローンを組んで家を買うことには反対だ。ある程度、貯蓄があり、総支払額が確定している全期間固定金利(フラット35)で、20年~35年間、払い続けられる見通しが立っているならいい。多くの場合、不動産会社に勧められるまま、不確定な変動金利を選んでしまう。

 「結婚したから」「子どもが生まれるから」、圧倒的に多い「家賃がもったいないから」という安易な理由で家を購入するのも反対だ。日本は、引越しに伴う事務手続きが多く、気軽に引っ越せない。持ち家の場合、そもそも、希望する価格で売却できない場合が考えられる。その街に定住するつもりがないなら、買うべきではない。いくら好立地でも、永久に「売れる」「貸せる」保証はない。
住宅ローンは住居費の前借り、資金計画さえ間違わなければ問題ない の続きを読む»

つぶやき, 社会批評,