2006年最初の日曜日に

2006年1月1日19:01 | つぶやき| 個別URL

■mixiより転記

あけましておめでとうございます。

2005年は、「チャングム」に流されて終わりました。日本発ではないことが残念ですが、物語は言葉の壁を打ち破る力があると、改めて感じました。真実の言葉は、人の心に響く。2006年は、生み出す側になれるよう精進したいと思います。

【2005年勝手にランキング】
遅ればせながら、2005年の注目の事象・作品をピックアップ。

1. iPod大旋風 
2004年7月のiPod miniに始まり、知名度が格段に向上した2005年。システムとして「iPod+iTunes」の革新性も多く語られた。けれど、コンピュータとしては MacよりWindowsの方が優位になった1年だった。RSSリーダーと動画配信、その他諸々のテクノロジーについて、残念ながらWindowsの方が上回ってしまった。Mac OS X Tiger の「spotlight検索」は大いに魅力だが…。

2. 有名人遭遇
楽天の社長、価格.comの社長を会見で見た。両社とも数年前からサービスを利用していた。昔はネットユーザーのみ知っている会社だったが、今では典型的なTV派の両親さえ何となく知っている。しかし、基本的に私は内勤なので結局、会見取材は数回のみ。上司のみF・シラー氏ほか3名に会ってたよ。スキルがあれば、経験があれば、いや自己アピールすれば…。残念。ちなみに、1月10日にまた「何か」が発表されます。

3. 無添加化粧品
前にも増して食べ物の無添加にこだわるようになった。昼、コンビニで食べ物を買う時は、添加物の入ったものを避けるようにした。するとオニギリ+ハーゲンダッツのアイスばかりになり、太った。2005年はとにかくアイスやジェラートばかり食べていた気がする。食べ物同様、化粧品も添加物を避けるべきだと聞いた。敏感肌ではないので実害はないが、市販のナショナルブランドはほとんど駄目だとわかった。通販化粧品のごく一部だけが本物の無添加にこだわっている。

4. 買い時だった「アナログ対応」DVD・HDDレコーダー
アナログ地上波を録画するレコーダーは7月8月が買い時だった。私は6月に買ったため「かなり」割高だったが、とても良い買い物だった。次世代 DVDより、大容量・高信頼のHDDこそ、ユーザーが求めているもの。記憶媒体はフラッシュメモリでも構わないが、より安く、より多くの容量が欲しい。

5. ブログ・mixi
ネタは浮かぶが、書きにくかったブログ。書きたい気持ちとは裏腹に、更新が途絶えがちだった。思ったようにデザインできない点も不満(単なる知識不足だが)。一方、mixiは書きやすい。携帯からも入力できるので暇つぶしにもいい。携帯で一言書き、後日内容を追加するといった使い方をすれば、かなり充実させられそうな気がする。

6. 安全性を揺るがす事故・事象
JR西日本の脱線事故、オレンジの「湘南電車」の減少&新型車両の増加、姉歯氏による耐震偽装。効率化を求める余り、安全性や情感がないがしろにされた。もう世界は何も信じられない。フィッシング詐欺といい、騙されてアタリマエという社会になってしまった。お金を払って不利益を被る事態は、何とか改善して欲しいと、少子化問題とあわせて切実に願う。

つぶやき