棄てられた氷河期世代 時代に壊された平凡な人生

自分や同僚は忙しいが、17時台に東京駅から帰宅する中高年の会社員や、休日、土日問わず、昼間に街を歩いている女性の多さをみると、世の中の人は「ヒマ」なのかと思ってしまう。自分のように、子どもを保育園に預け、睡眠と食事時間を削って何とか毎日回している子育て世帯は多いハズなのに、眠そうにしている人もそれほど多くはない。格差は何?

忙しいのはごく一部だけ、あとは皆、ヒマ。多忙な人はネットショッピングやスキマ時間にできるアプリ・ゲームに現実逃避する。年齢構成と労働状況が歪んだ国、それが今の日本。若手のがんばりが報われない年功序列の給与体系にしていながら、氷河期世代から手のひらを返して「評価給」という名の賃金抑制を行い、少子化・非婚化を招き、自然な滅びを受け入れつつある国。仕事と家事・育児の両立すら、一部の女性だけの悩み。本来、心底悩むべきは妻を専業主婦として養えない男性だ。

年収400万円以下の男女は無能か?

正社員フルタイム勤務にも関わらず、自分と夫の年収は、30代後半の個人年収の平均以下だが、会社の公開用の給与体系の資料を見たら「30歳相当」の職位・役職だった。本来なら世代平均並に得ていたはずで、単に評価されていないから給与が低いだけだと知った。自分は、現在、子どもの保育園のお迎え・準備、子どもの世話に時間を費やさなければならない制約があり、上がる見込みはない。昇給・昇格できれば、世代相応の年収は得られたはずで、要は自分が無能なのだ。
続きを読む 棄てられた氷河期世代 時代に壊された平凡な人生

映画『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』感想

この10年、日本の政治家は何をやっていたのか。少子化対策は若干の改善にとどまり、年金マクロスライドはいまだ全面的に発動していない。急増する高齢者を棄民として扱わない限り、この国は未来をつかむことができないと誰の目にも明らかなのに。

自然に滅びゆく日本に抗う……

2006年の『コードギアス 反逆のルルーシュ』テレビ版放映時、<大国と戦い、無条件降伏の結果、名前と尊厳を奪われた国>という設定はリアリティがあった。そしてゼロという強力なリーダーシップをもった象徴が登場すれば、多くの人が自立のため戦うという期待があった。放映当時はスザクに肩入れする人が多かったように思う。ルルーシュは同情以上に反感を抱かれていた。最後は日本人が大好きな自己犠牲の物語に帰結する。
続きを読む 映画『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』感想

仕事実績まとめサイトを立ち上げました

 新年あけましておめでとうございます。過去に執筆した仕事の実績や最新記事を紹介するサイト(sagano.site)を立ち上げました。同時に資産状況・運用結果を公開するサイト(no18.sfmi.work)も新たに開始予定。ともに、現在、広告、SEO対策含め、細部調整中です。

・sagano.site – ななしのライター@sf_miの活動履歴
・いつかの夢(仮)– マネー・節約テクニックと時事批評サイト

 貴重な休み、仕事でも本格的な大掃除でもなく、なぜかWordPressでサイトを作成。しかも異なるコンセプト、デザインの2つも。テーマ探しから素材ほぼ流用で、1サイトあたり6時間程度。時間のムダと思いつつ、久々に触ってみて「ハコづくり」はやはり楽しいと感じたのは事実。あっという間に時間が過ぎ、出産以降、自分のための時間を初めて取り戻した気がした。

 当初は、新サイト2つを更新するつもりでドメインなどを設定したものの、異なるデザインレイアウトを見て、今年は新サイトを更新し、仕事実績まとめサイトsagano.siteは時間に余裕が生まれた時でもいいかもしれないと思うようになり、またもや時間をムダにしたと後悔。このnanashino Blogは、今後はアニメ感想のみ更新し、近日中にデザインをリニューアルするかもしれませんスマホ版をリニューアルし、PC版も一部変更しました。

 各サイトの本格始動、リニューアルはいつになるのか。2017年の心境は非常にアップダウンがひどく、いろいろ手を出しすぎた1年だったと反省しています。2018年こそリセットしたいと思いつつ、変わらない日常が続きそうです。

映画『はいからさんが通る』レビュー「紅緒はいつでも自分の理想」

『はいからさんが通る』の原作は1巻、6巻、7巻の順に読んだ。母が買ったはずのコミックをなくしたといい、途中の巻がなく、あとで中古で購入した。イメージはお転婆、職業婦人。大和和紀画業50周年を記念して製作された『はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』を見て、どれだけ大きく影響を受けていたのか、改めて思い知らされた。なぜか不意に食べたくなる「つくね」「あんみつ」、破天荒な行動、茶すら入れられない不器用……、すべて「紅緒」のキャラクターだった。

環の影響も大きい。彼女のように自立して生きたいと思った。「殿方に選ばれるのではなく、私達が殿方を選ぶのです」。男女雇用均等法施行前の70年代に、少女漫画とはいえ、世の中に訴えた大和和紀はかなり先進的だ。
続きを読む 映画『はいからさんが通る』レビュー「紅緒はいつでも自分の理想」

理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない

 7月のある朝、目覚めた時点で絶望的になり、いま一番書きたいこと、自分しか書けないことを考え、書き上げた。その予測通り、政府はモデル例となる標準就業規則から「副業・兼業の禁止」の項目を外そうとしている。

・「副業・兼業の推進」は、デジタル家電・白物家電の販売を後押しする

 テレワークの普及、副業解禁は、これまでの仕事とプライベートの「分離」から「融合」へ大転換となる。仕事は会社のオフィスでやるべき、無能と罵る古い考えの人とはやっていられない。仕事は自宅や外出先でするもの、オフィスは、プロジェクトの根回しやその成果をアピールする場所だ。打ち合わせすら、本来ならテレビ会議システムがあれば遠隔でOK。わざわざオフィスに出勤する必要はない。それでも出勤する理由は、自宅の寝室・リビングが合わないからだ。電車内や知った人のいないフードコードのほうが落ち着く。
続きを読む 理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない