ベルマーレ専スタ新設こそ、人口減を食い止める最後の生命線

2017年5月4日15:00 | つぶやき, 湘南ローカル情報| 個別URL

 2017年1月に「湘南スタジアム研究会」が発足し、老朽した現スタジアムに代わる、専用スタジアム(専スタ)の新設を目指し、現在、候補地や資金調達などを模索しているという。

■東京新聞
ベルマーレ本拠地移転 平塚など4市10カ所候補

 会議は非公開で行われ、移転先候補の具体的な場所は明かされていないが、十か所の内訳は民有地三か所、公有地七か所。現在、ホームとして使われているBMWスタジアム(平塚市大原)は含まれていない。

 議論は非公開で行われ、徹底的に箝口令が敷かれているらしく、Twitterなどでも情報は漏れてこない。そもそも、この情報を報道するメディアは少なく、東京新聞と読売新聞、スポーツ紙の一部、後は地域のフリーペーパーのみだ。Jリーグ自体はプロスポーツの一つとして注目度が高いものの、基本的に「選手」にフォーカスする。国は、「地方創生」や「地域活性化」を掲げていても、報道機関は、ローカルな話題というと、人情話に終止する。

人口減を食い止めるには「ベルマーレ本拠地」のブランドは必要

 ベルマーレ専用スタジアムの移転候補は平塚、茅ケ崎、藤沢、小田原の4市10か所。民有地3つのうち、2つはJT工場跡地だろう。平塚のJT工場の解体は急ピッチで進んでいる。眺望を遮っていた高層の倉庫もどんどん、解体され、近々消えそうだ。
ベルマーレ専スタ新設こそ、人口減を食い止める最後の生命線 の続きを読む»

つぶやき, 湘南ローカル情報,

待機児童ゼロ達成の唯一の方法、改札の全方向に保育園を

2017年1月3日09:40 | 子育て, 社会批評| 個別URL

 今年4月末から仕事復帰した。はや8か月、何とか続けられてきたのは、最寄りの平塚駅の改札から徒歩0分の保育園の立地と、最大21時までの保育時間の長さによるところが大きい。あらかじめ19時までの延長を申し込み、18時~19時の間に迎えに行く。勤務地が近い夫は、19時なら定時で仕事を切り上げれば間に合う。とはいえ、実際には出社時刻が遅く、実質的な業務終了時刻が遅くなっているため、お迎えは、いわゆる「時短」に切り替えた自分が担当している。
待機児童ゼロ達成の唯一の方法、改札の全方向に保育園を の続きを読む»

子育て, 社会批評, ,

ようやく気づいた「自分の時間」の確保法

2016年12月31日15:45 | つぶやき| 個別URL

 更新履歴をみると、年末の12月31日に個人ブログを更新するのは、2011年以来、5年ぶりだった。2011年といえば、スマートフォンが本格的に普及し始めた頃。その間、仕事に追われ、スマートフォンの月間ランキングやスマートフォンのシェア向上を伝える記事を執筆し、一部は大きな反響を得た。

 いろいろと執筆するなかで、タイトル・内容ともに短時間で仕上がった割に記憶があり、自信をもって今でも紹介できる記事は、下記の6本ほど。意外に少ない。
ようやく気づいた「自分の時間」の確保法 の続きを読む»

つぶやき, , ,

映画『この世界の片隅に』 生きる意味を問い直す「右手」の重み

2016年12月3日23:58 | つぶやき, 映画・ドラマ批評| 個別URL

 11月23日水曜日、レディースディ。映画『この世界の片隅に』を鑑賞するため、池袋に赴いた。劇場は「池袋HUMAXシネマズ」。大学3年時に、夜21時から3作連続で上映された『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』のオールナイトイベント以来の訪問だ。例え、店に入らなくとも、いろいろな街を歩くと感慨深い。どこも同じようなテナントが並ぶ大型SCより、定番のチェーン店と個人経営の老舗・新店が入り混じった都心の街のほうがおもしろい。池袋駅自体は、乗り換えで頻繁に利用している。サンシャイン方向へ出たのは数年ぶり。以前と同様、独特の雑多な雰囲気は変わらない。

 大学時代も、土日のたびに、朝5時に起床して早朝からバイトに行くなど、無茶な行動をしていた。しかし、最近の分刻みのスケジュールに比べれば、まだ余裕があった。案の定、池袋駅で数分さまよい、前日に購入したオンラインチケットの引き換えに時間がかかったため、着席して1分も経たずに映画が始まった。準備が整っていなかった冒頭の数分と、涙で正視できなかったクラウドファンディグ出資者の名前が流れたED後のシーンだけでも、できればもう一度、観たいと思っている。

がんばる自分にご褒美を―この世界の片隅にいま、必死に生きてる

仕事と育児・家事の両立を果たすため、試行錯誤した結果、睡眠時間を削り、移動時間や空き時間を最大限活用して自分の時間を確保するしかないという結論に行き着いた。しかし、「自分の自由になる時間」以上に、心のバランスをとるため、「自分の好きなものを好きな時間に食べること」を重視してスケジュールを立て、食にこだわるあまり、肝心の食事時間を確保できず、物をなくしたり、些細な仕事上のミスを繰り返したり、11月は、自己嫌悪の極みの状態だった。

 そうした中、無理やり時間を捻出し、往復の2時間強の電車内は、ほぼすべて熟睡するという体調不良のなかで観た『この世界の片隅に』は、劇場鑑賞を強行した甲斐のある傑作だった。今後、戦争と日常を描いた映画の新定番として、5年、10年と継続的に、全国各地で上映され続けるだろう。

 作中、戦うシーンはない。けれども、女性を中心に、登場人物は皆、戦争と戦っている。見えない敵、見えない終幕。やがて突然終了し、今までの延長のようで、まったく違う新しい時代がやってくる。
映画『この世界の片隅に』 生きる意味を問い直す「右手」の重み の続きを読む»

つぶやき, 映画・ドラマ批評,

『シン・ゴジラ』を見て、最低限のこだわりは捨てず、好きに生きようと誓った

2016年8月11日07:00 | つぶやき, アニメ批評| 個別URL

 映画『シン・ゴジラ』を「109シネマズ川崎」で観た。なぜ川崎か。ネタバレを避けるため、感想は見ないように心がけていたが、ふと「川崎が壊される」というツイートを見かけたからだ。実際には、鎌倉や東京都内のほうが被害は大きかった。最終決戦は、東京駅周辺だった。見慣れた駅舎が崩壊し、活動を停止したゴジラがそのまま鎮座する異様。ラストシーンは、「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」というキャッチコピーそのものだった。

※鑑賞回数1回・パンフレット未購入のため、内容やセリフに記憶違いがある可能性があります。ご容赦ください。また、矢口、牧さん、カヨコ以外の人物名は、執筆にあたり、名前と肩書を調べました。

今の自分はすべて「エヴァ」から始まった

 1995年10月。TV版『新世紀エヴァンゲリオン』は初回から引き込まれ、録画したビデオを何度も繰り返し見た。待たされた1997年の劇場版以降、徐々に熱は覚め、それ以降は、決して熱心なエヴァファンではない。しかし、1995年10月から翌年3月にかけては、日本一熱心なファンの一人だったと自認している。
『シン・ゴジラ』を見て、最低限のこだわりは捨てず、好きに生きようと誓った の続きを読む»

つぶやき, アニメ批評, ,