「つぶやき」カテゴリーアーカイブ

住商複合開発 「成功」の決め手は駅直結/新路線

 

日本で一番成功した工場跡地の再開発は、川崎市西口周辺と駅直結の「ラゾーナ川崎」だろう。今後、さらに再開発に着手するそうだ。開発のポイントは「成長し続ける」こと。出生時は川崎市の貝塚に住み、その後、中原区木月で育った父は、一人でラゾーナを訪れた日の夜、あまりの変わりぶりに驚いたと感想を話していた。

0〜4歳の乳幼児の流入超過数、神奈川県トップは……

だいぶ前から、神奈川県平塚市黒部丘のJT平塚工場跡地は更地だ。完全に解体されてから工事のピッチが下がった気がする。

2018年4月現在、平塚駅周辺は、JT工場跡地を含め、具体的な再開発計画はない。見附台体育館周辺は方針は定まっているが、詳細がわからず、もし実現しても駅前商店街の活性化や人口流入増にはプラスにならないだろう。

2017年撮影 JT平塚工場解体工事の告知
2017年撮影 工場解体工事の告知

続きを読む 住商複合開発 「成功」の決め手は駅直結/新路線

スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

1日24時間では、やりたいこと、やるべきことがこなせない。削るとしたら睡眠しかない。最近話題のワード「睡眠負債」は、情報が多すぎて時間がない現代の歪みそのもの。「眠い」「休んだほうがいい」と感じたら、抗わずに寝てしまえばいいのだ。

何かに焦り、悩み、呆然とする……

2016年12月に書いた<ようやく気づいた「自分の時間」の確保法>は取り下げなければならない。子どもの寝付きが悪くなった2017年2月頃から徐々に、5月には明確に「不眠」だと思い、3つの病院をはしごした結果、3つ目の病院で処方された薬と有料カウンセリング、自問自答を経て、不眠とイライラ感・ストレス感の原因は判明したものの、抜本的な解決策は、見つからず。ただ、少しだけ緩和法に気づき、完全な解消に向けた道筋は見えている。

続きを読む スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

この国は自ら少子化を加速させている

政治には興味はないが、国のさまざまな政策は注視している。インフレ目標は正しい。だから、現金を抱える母に投資や現物化(自宅住み替え・自動車購入)を薦めたが、聞く耳を持たず。日本の上場企業の優待重視は、デフレ対応の人気取り策。海外のように配当の高さで出資を募るべきだし、増益増収続きが難しいなら上場しないという選択が正しい。それにしても、どうして誰もが現状維持ばかり望むのだろうか?

支給しすぎてきた年金制度はもうすぐ破綻する

人口減・空き家増加が顕著になる2030年前後を挟み、中古マンションや住宅地の売却価格に大きな違いがあるはず。現在の旧耐震・建て替え不可の自宅にあと5、6年、もしくは10年住み、その後、中古か新築マンションに住み替えると主張する母親に、今すぐ売却を促したい。ちなみに給湯設備は一回も更新していない。今さら100万円以上かけて水回りをすべてリフォームするくらいなら売却し、一人娘である自分と同居するか、売却資金を元手にそこそこのグレードの分譲賃貸か、サービス付き高齢者住宅に一人で住めば合理的にも関わらず、持ち家への思い入れに引きずられ、今の高水準の年金支給と、買い物に事欠かない街の賑わいが続くと信じてる。

続きを読む この国は自ら少子化を加速させている

不動産テック「IESHIL」の中古参考価格は正しいか?

もはや何がきっかけだったのか覚えていないが、おそらくFacebookの広告がきっかけで、「IESHIL」の存在を知り、つい登録してしまった。デフォルトだと、中古参考相場価格が更新されたというメールが頻繁に届く。

2018年2月18日時点の総合評価は3.61、中古参考相場価格は新築時価格+298万円、想定賃料は15.2万円だ。想定賃料は、賃貸に出されている周辺の分譲マンションの家賃水準をみると、若干上乗せされている感があるが、築浅というプラス要素を加味すると妥当だと思われる。

ミソラシア20180218
母の実家の前ある築浅マンション「ミソラシア横浜桜ヶ丘」の中古想定価格

しかし、ふと気になって同じ神奈川県内の別の築浅物件をみると、軒並み新築時価格より上乗せされている。新築販売時、まったく売れなかった評判の悪い物件すら上ぶれしており、やはりビックデータをもとに分析した「机上の想定価格」のようだ。最近のマンション価格の高騰を受け、高く売りつけたい目論見もあると推測される。

ただ、「IESHIL」ダイレクトメールや思わず登録したくなる仕掛けは面白い。実際、新築時価格は正しく、購入者とモデルルームを訪れた人しか手にしていない価格表をどのように手に入れたのか気になるところだ。

【関連記事】
・『残念な街』湘南平塚に住み続ける理由
・住宅ローンは住居費の前借り、働く気があるなら問題なし
・待機児童ゼロ達成の唯一の方法、改札の全方向に保育園を

棄てられた氷河期世代 時代に壊された平凡な人生

自分や同僚は忙しいが、17時台に東京駅から帰宅する中高年の会社員や、休日、土日問わず、昼間に街を歩いている女性の多さをみると、世の中の人は「ヒマ」なのかと思ってしまう。自分のように、子どもを保育園に預け、睡眠と食事時間を削って何とか毎日回している子育て世帯は多いハズなのに、眠そうにしている人もそれほど多くはない。格差は何?

忙しいのはごく一部だけ、あとは皆、ヒマ。多忙な人はネットショッピングやスキマ時間にできるアプリ・ゲームに現実逃避する。年齢構成と労働状況が歪んだ国、それが今の日本。若手のがんばりが報われない年功序列の給与体系にしていながら、氷河期世代から手のひらを返して「評価給」という名の賃金抑制を行い、少子化・非婚化を招き、自然な滅びを受け入れつつある国。仕事と家事・育児の両立すら、一部の女性だけの悩み。本来、心底悩むべきは妻を専業主婦として養えない男性だ。

年収400万円以下の男女は無能か?

正社員フルタイム勤務にも関わらず、自分と夫の年収は、30代後半の個人年収の平均以下だが、会社の公開用の給与体系の資料を見たら「30歳相当」の職位・役職だった。本来なら世代平均並に得ていたはずで、単に評価されていないから給与が低いだけだと知った。自分は、現在、子どもの保育園のお迎え・準備、子どもの世話に時間を費やさなければならない制約があり、上がる見込みはない。昇給・昇格できれば、世代相応の年収は得られたはずで、要は自分が無能なのだ。
続きを読む 棄てられた氷河期世代 時代に壊された平凡な人生