カテゴリ ‘映画・ドラマ批評’ の記事一覧

映画『この世界の片隅に』 生きる意味を問い直す「右手」の重み

2016年12月3日23:58 | つぶやき, 映画・ドラマ批評 | 個別URL

 11月23日水曜日、レディースディ。映画『この世界の片隅に』を鑑賞するため、池袋に赴いた。劇場は「池袋HUMAXシネマズ」。大学3年時に、夜21時から3作連続で上映された『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』のオールナイトイベント以来の訪問だ。例え、店に入らなくとも、いろいろな街を歩くと感慨深い。どこも同じようなテナントが並ぶ大型SCより、定番のチェーン店と個人経営の老舗・新店が入り混じった都心の街のほうがおもしろい。池袋駅自体は、乗り換えで頻繁に利用している。サンシャイン方向へ出たのは数年ぶり。以前と同様、独特の雑多な雰囲気は変わらない。

 大学時代も、土日のたびに、朝5時に起床して早朝からバイトに行くなど、無茶な行動をしていた。しかし、最近の分刻みのスケジュールに比べれば、まだ余裕があった。案の定、池袋駅で数分さまよい、前日に購入したオンラインチケットの引き換えに時間がかかったため、着席して1分も経たずに映画が始まった。準備が整っていなかった冒頭の数分と、涙で正視できなかったクラウドファンディグ出資者の名前が流れたED後のシーンだけでも、できればもう一度、観たいと思っている。

がんばる自分にご褒美を―この世界の片隅にいま、必死に生きてる

仕事と育児・家事の両立を果たすため、試行錯誤した結果、睡眠時間を削り、移動時間や空き時間を最大限活用して自分の時間を確保するしかないという結論に行き着いた。しかし、「自分の自由になる時間」以上に、心のバランスをとるため、「自分の好きなものを好きな時間に食べること」を重視してスケジュールを立て、食にこだわるあまり、肝心の食事時間を確保できず、物をなくしたり、些細な仕事上のミスを繰り返したり、11月は、自己嫌悪の極みの状態だった。

 そうした中、無理やり時間を捻出し、往復の2時間強の電車内は、ほぼすべて熟睡するという体調不良のなかで観た『この世界の片隅に』は、劇場鑑賞を強行した甲斐のある傑作だった。今後、戦争と日常を描いた映画の新定番として、5年、10年と継続的に、全国各地で上映され続けるだろう。

 作中、戦うシーンはない。けれども、女性を中心に、登場人物は皆、戦争と戦っている。見えない敵、見えない終幕。やがて突然終了し、今までの延長のようで、まったく違う新しい時代がやってくる。
(さらに…)


つぶやき, 映画・ドラマ批評,

映画『るろうに剣心 京都大火編』感想――懐かしさと新しい魅力

2014年8月14日12:35 | つぶやき, 映画・ドラマ批評 | 個別URL

 観るか観ないか、だいぶ悩んだ末、映画『るろうに剣心 京都大火編』を観に行った。鑑賞料金は、レディースデーのため1100円。観客は、俳優のファンと思われる20~50代の女性が多く、まれに子ども連れもいた。

・映画『るろうに剣心』公式サイト

 映画版第1作は観ていない。映画公開にあわせて執筆された原作者によるセルフリメイク『るろうに剣心 -キネマ版(特筆版)-』は、情報は知っていたが、やはり見ていない。アニメ化時のキャスト変更と、縁編(人誅編)の展開に失望し、連載開始当初のような熱意を失ったまま、連載が終了したため、「今さら」感のある映画化に興味が沸かなかったからだ。映画版第2弾『京都大火編』も、志々雄真実役が大河ドラマ『新選組!』の沖田総司役だった藤原竜也だと知り、予告編を見るまでは観る気はなかった。
ruroken20140813eiga
 冒頭の日常シーンでは、和洋折衷・文明開化の街の様子に、実写ならではの美しさ、細かさを感じた。史実に忠実かどうかはわからないが、多くの人がイメージする明治初期の雰囲気は、こんな感じだ。洋装と和装の人が入り混じり、どんどん新しい文化が生まれ、民衆は陽気で明るい。志々雄一派が集うシーンも和洋折衷で、賛同する一般兵(モブ)は、明治維新に不平を持つ氏族が大半なのだろうかと、混沌とした幕末~明治初期に思いを馳せた。
(さらに…)


つぶやき, 映画・ドラマ批評,

映画『風立ちぬ』感想ー失われた「熱中」を描いたノスタルジック・ファンタジー

2013年8月15日19:05 | 映画・ドラマ批評 | 個別URL

 映画『風立ちぬ』は、写実的なようでウソっぽいファンタジー。実在の人物・出来事をもとに、大正末期から昭和初期の激動の時代を描き、「反戦」を訴えているようにも、兵器である飛行機に魅せられた主人公・堀越二郎の狂気を描写しているようにも見える。テーマは、飛行機と反戦と出会いと熱中。ヒロイン・菜穂子の健気さは、多くの男性が好むところだろう。出自の良い、理想の年下妻(幼女)だ。ナウシカやキキは、勝ち気で自分で運命を切り開くタイプだったが、菜穂子は、珍しく男性に頼り、理想の自分だけを見せて姿を消した。表面的には頼っても、歴代のヒロイン同様、根本的には「自分で決める」性分だった。

 「起承転結」の速さと大胆なアクションを極上とする「映画」としては一級品。ただ、ウリの飛行シーンや軍用機の描写は、『ストライクウィッチーズ』の映画版のほうが上だった。スタジオジブリの手にかかると、すべてヨーロッパ風のノスタルジックな色に染まってしまう。物語自体は、運命的に出会った薄幸の美少女との唐突な悲恋をアクセントにした、ごく普通のストーリー。流れるように時が過ぎていき、「夢」と「現実」の境界線を意図的にわかりにくくしているため、掴みどころのないフワフワとした印象が残る。それでも、音や脇役のセリフが光る。二郎のぼそぼそとした抑揚のないしゃべりも、前評判ほど悪くない。あまりにもリアルで、生々しすぎると思うシーンもあった。
(さらに…)


映画・ドラマ批評, ,

映画『おおかみこどもの雨と雪』感想ー子どもの自立と親の子離れを描いた意欲作

2012年8月17日13:05 | 映画・ドラマ批評 | 個別URL

 映画『おおかみこどもの雨と雪』、この作品は賛否両論が起きている。私は「賛」の立場だ。

 物語のクライマックスは、子どもが親から自立し、親もまた、「育ってゆく子どもを認めるところ」にある。主人公の花は、最初、両親を亡くし、大学にもあまりなじめない、真面目な苦学生として描かれている。しかし、まるで運命に導かれるかのように、おおかみおとこ(彼)の後ろ姿を追い、恋に落ち、子どもを宿す。学業を棒に振り、子ども(長女・雪)を産む決断を下したシーンが描かれないため、2人の無計画さにやや呆れた。さらに、おおかみおとこは、長男・雨が生まれた後、よくある悲劇のように亡くなってしまう。すべては、2人の子の母親となった花を孤立化させ、田舎に移住させるための設定だ。嫌な意味でのご都合主義に、嘘っぽさを感じる人もいたかもしれない。

 序盤とは打って変わって、中盤以降は、物語はとてもスムーズだ。展開に違和感を覚えるところは少ない。最初は自由奔放だった雪が小学校に行くようになり、「おおかみこども」から「女の子」に成長していく姿が微笑ましい。一方、弱虫だった雨は、だんだんと狼としての自分を自覚していく。花は、彼に似た雨ばかり気にかける。私は一人っ子なので実体験はないが、こうした兄弟間の扱いの違いは、よく聞く話だ。細かい描写がとてもリアルに感じた。それでも雪は、母の愛を一人占めしようとせず、いじけないところが素晴らしい。

 テーマは親子の自立。一人一人の人間としてそれぞれ生きてゆく。12歳ぐらいで狼は成人になる。対して人間は、まだ子どもだ。美しい映像表現、アニメーションならではの躍動感のある動きとあいまって、姉弟の対比が見事にはまっていた。同時に、高度な文化があるゆえに、大人になるまでのステップが多い人間の不自然さを痛感した。

 子は、親の所有物ではない。子離れできない親、子育てに漠然とした不安を感じる将来親になるであろう20代から30代には、ぜひ見てもらいたい名作だと断言したい。確かに、幼いこどもや高校生には、あまりピンとこない作品だろう。また、作品に対し「否」と評価している人は、親があまり干渉しないタイプで、親子関係の悩みとは無縁だったと思われる。

 私には、花と、2人のおおかみこどもの関係が羨ましい。登場人物の年齢や姿を自在に操れるアニメーションという表現手法をもって、実写のドラマや小説でもなかなか表現できない「親子関係」を描いた意欲作。ご都合主義が若干鼻につくものの、細田守監督と脚本家の奥寺佐渡子氏にしか描けない、オリジナリティあふれる新しい定番映画が誕生したと評価したい。

【関連記事】
・子どもは親の所有物ではない
・夢を追い求め、自問自答は続く


映画・ドラマ批評, ,

「DEATH NOTE」は今年1番のヒット作か

2006年11月11日16:40 | 映画・ドラマ批評 | 個別URL

■mixiより転記

今年(2006年)のヒット商品は? そう問いかけるアンケートの質問項目を見てふと悩んでしまった。去年はiPod nano、ロケーションフリー、液晶テレビ、「チャングムの誓い」など、いろいろあった。今年のヒットはどれもインパクトに欠ける。ここに来て「ワンセグ」や「電子マネー」が盛り上がっているが、東京を中心とした首都圏のみ。六本木ヒルズや大崎のビジネスビルでは、多くの人が「おサイフケータイ」を使っていた。地元で「Suica」や「Edy」を使えるのは、駅ビルの数店のみ。時間にしてわずか60分しか離れていないが、まるで環境が違う。

今年のヒットと、世間的には言われそうな「DEATH NOTE」と「チャングムの誓い」。私のなかではどちらも2005年のブレイク作品。第二部を否定するわけではないけれど、「DEATH NOTE」が一番盛り上がったのは、L死亡前後なのは間違いない。映画はヒットして当たり前。あれだけ宣伝していながら、前編の興行収入が「名探偵コナン」の10周年特別編と大差ないと知って驚いた。
(さらに…)


映画・ドラマ批評,