カテゴリ ‘書評’ の記事一覧

夢を追い求め、自問自答は続く

2012年8月15日22:45 | つぶやき, 書評 | 個別URL

 きっかけは、はっきりとは覚えていない。偶然、ちきりんさん(@InsideCHIKIRIN)とブログ「Chikirinの日記」の存在を知り、感銘を受け、過去記事を遡って読んだ。保険に対する考え方など、一部を除き、おおむね同意する。

『ゆるく考えよう』は、悩み・不安を軽くする人生指南書

 「Chikirinの日記」を再構成したちきりんさん初の書籍『ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法』が発売された2011年1月、市外の大型書店なら平積みになっているはずだから、中身を見て気に入ったら買ってきてと相方に頼んだ。ブログをまったく読んだことがない相方に読んで欲しかったからだ。しかし、タイトルが気に入らないと言い、買って来なかった。その後も、オススメブログとして「Chikirinの日記」を何度も薦めたが、話題になった記事数本を除き、読んでくれなかった。仕方がないので、私のほうで内容を要約し、口頭で伝えた。

 最近、ふと思いつき、図書館の蔵書を検索したところ、『ゆるく考えよう』があったので予約した。発売から1年以上経っているにも関わらず、5件も予約が入っており、ちきりんさんの知名度・影響力は、ネット上だけではなく、リアルにも広がっていると驚いた。ちなみに同時に予約した『自分のアタマで考えよう』はベストセラー小説並みの26人待ちで、まだ順番が回ってきていない。

 こうした経緯で、ようやく2012年7月に入って読んだ『ゆるく考えよう』。ブログの再構成にとどまらない密度の濃い内容に、新刊で購入するべきだったと反省した。内容と体裁から、いわゆる「自己啓発本」に分類されるかもしれない。しかし、本質は、情報リテラシー・知的好奇心の高い人に向けた哲学書だ。手元に置いておき、何かに悩んだら、その都度、読み返したい。本のページをめくりながら、ここ数年の悩み・不安が少しだけ軽くなった気がした。

挫折と限界を知った高校時代、英語への苦手意識と後悔

 今後、日本国内で働く限り、一流企業に勤めるグローバル人材と、一部の特定の職業以外は、高い収入を得ることは難しいだろう。「勝ち組」になるには、高い英語力(語学力)、コミュニケーション力、人脈(人的ネットワーク)が必要だ。しかし、会社員の父と専業主婦の母の教育方針「塾・予備校はなし、小中高大すべて国公立、大学の学費は奨学金をもらい、自分で支払うこと」に沿ったばかりに、それらを得ることができなかった。
(さらに…)


つぶやき, 書評,

「のだめカンタービレ」書評(1~18巻まで読んで)

2007年6月24日10:37 | 書評 | 個別URL

■mixiより転記

二ノ宮知子作「のだめカンタービレ」。私は基本的に少女漫画を読まないのでその存在をまったく知らなかった。ドラマやアニメ化をきっかけに気に入った作品はコミックスで買い求めるが、自ら作品を探すことはしない。「のだめ」は私がピアノをやめた頃にスタートした。連載当初から知っていれば、決してやめたりしなかった。続けていれば来年で20年。しかし7、8年のブランクがあるため、今は難易度Bクラスが辛うじて弾ける程度。天才のだめには程遠い。

「のだめ」の魅力は3点。漫画としてシリアスとコメディのバランスがすばらしい。絵柄も、少女漫画的技法と青年漫画に影響を受けたとみられる写実的指向が相まって独特の世界観を作り出している。小畑健作画の「DEATH NOTE」には描き込み度は劣るものの、コマ外のコメントや背景のキャラなど、一読しただけは気づかない遊び心とサービス精神がうれしい。特に8巻後半以降、レベルアップし、主人公の相手役、千秋真一の色気がアップ。とても美しい。18巻に至ってようやく女性キャラにも美しさが出てきた。音楽家同様、漫画家もめまぐるしく進化する。
(さらに…)


書評,