カテゴリ ‘アニメ批評’ の記事一覧

『シン・ゴジラ』を見て、最低限のこだわりは捨てず、好きに生きようと誓った

2016年8月11日07:00 | つぶやき, アニメ批評 | 個別URL

 映画『シン・ゴジラ』を「109シネマズ川崎」で観た。なぜ川崎か。ネタバレを避けるため、感想は見ないように心がけていたが、ふと「川崎が壊される」というツイートを見かけたからだ。実際には、鎌倉や東京都内のほうが被害は大きかった。最終決戦は、東京駅周辺だった。見慣れた駅舎が崩壊し、活動を停止したゴジラがそのまま鎮座する異様。ラストシーンは、「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」というキャッチコピーそのものだった。

※鑑賞回数1回・パンフレット未購入のため、内容やセリフに記憶違いがある可能性があります。ご容赦ください。また、矢口、牧さん、カヨコ以外の人物名は、執筆にあたり、名前と肩書を調べました。

今の自分はすべて「エヴァ」から始まった

 1995年10月。TV版『新世紀エヴァンゲリオン』は初回から引き込まれ、録画したビデオを何度も繰り返し見た。待たされた1997年の劇場版以降、徐々に熱は覚め、それ以降は、決して熱心なエヴァファンではない。しかし、1995年10月から翌年3月にかけては、日本一熱心なファンの一人だったと自認している。
(さらに…)


つぶやき, アニメ批評, ,

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は“青春”の貴重さを描いた

2011年7月3日23:10 | アニメ批評 | 個別URL

 フジテレビ深夜のアニメ枠「ノイタミナ」は、人気コミック・小説のアニメ化もあれば、作家性の色濃いオリジナル作品もあり、制作側のTVアニメに対する意気込みを感じる。ひとまず1話・2話を見て、気に入れば視聴続行、気に入らなければ切る、という感じで見続けている。

 ノイタミナで初めて見た作品は「獣王星」。高山みなみさんが出演するという話を聞き、初めてフジテレビでも深夜にアニメが放送されていることを知った。次は「のだめカンタービレ」の1期。演出の斬新さ、キャストなどを含め、これまでの視聴作品のなかで、気に入った順に挙げると、「屍鬼」「四畳半神話大系」「のだめカンタービレ」「墓場鬼太郎」「空中ブランコ」。少女漫画テイストの原作モノより、「空中ブランコ」や「四畳半神話大系」のような、アニメの常識を打ち破った斬新な演出の野心作が好みだ。

2011年春アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」総評

 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」の第1話を見た時、これまでとは違った意味で斬新だと感じた。リアルとファンタジーが入り混じった描写から、青春映画のような感動的なストーリーが綴られるはず……という予想と期待は、回を重ねるにつれ、良い意味でも悪い意味でも裏切られていった。

 全11話を見て、やはり第1話の第一印象通り、2時間のアニメ映画にしたほうが良かったと思う。題材は良かったが、次回を見てもらうための「引き」と「ネタ」で、テーマがぼやけてしまった感じで残念だ。
(さらに…)


アニメ批評,

滅びの美学-コードギアスR2 最終回再評価と総括

2008年9月29日10:15 | アニメ感想, アニメ批評 | 個別URL

■mixiより転記

 ブログの感想を読んでいて少し印象が変わったので改めて。ネット上で一部の人が力説している「ルルーシュは生きている説」。最初は馬鹿な、と思ったが、確かにC.C.の目線などを見ると、「あり得る」と思う。スザクにすら嘘をつき、事件が完全に風化するまで、自分を殺して生きていく。C.C.の最期を看取る日までは。…こうなると、C.C.の一人勝ち。

【最終回オンエア直後の感想/最終回前の分析】
・コードギアス 反逆のルルーシュ R2 最終話「Re;」感想
・コードギアス7つの功罪

 カレンはもう一人のルルーシュ。ありえた未来。素顔がばれるまでは、カレンと同じようにすべてが終わったら学園に戻るつもりだった。そのためのゼロ、そのための仮面。実際にルルーシュ自ら、カレンに伝えている。ユフィもスザクに望んでいた。「学校行ってね。私は途中で辞めちゃったから…」。真剣に作品を見始めてから、ルルーシュとカレンのよく似た境遇が気にかかっていた。何か意図があるはず、と。カレンは一パイロットだったため、顔がバレても比較的容易に元の生活に戻ることができた。一方、事件の首謀者で政治の場に立ったルルーシュはそうはいかない。
(さらに…)


アニメ感想, アニメ批評

コードギアス7つの功罪

2008年9月24日00:10 | アニメ批評 | 個別URL

■mixiより転記

 午前中にフライング購入者の感想を見ていて急に欲しくなり、午後、ラスカの山野楽器で「コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.2」を購入。掲示板情報によると、昨日午後には秋葉原の一部ショップでは、売られていたそうだ。平塚でCDを購入したのは、おそらく高校3年の時以来。定価だけれど、父が入院している病院に向かう往復の車のなかで聴くためには仕方がない。とはいえ、昼間の幹線道路はうるさく、集中して聴けなかったが。

 サントラには、1期でおなじみの曲も少し含まれていた。掲示板の指摘を見て気付いたが、2期で最近、頻繁に流れている印象的な曲が入っていない。もう1枚あとから出るのか、著作権の関係で出版できないのか、それとも…。
 
 今月9月28日に最終回を迎える「コードギアス 反逆のルルーシュ」が起こした「奇跡」の功罪は、今後10年間のいわゆるオタク系コンテンツ業界の話題になるだろう。ポイントは下記の7つだ。
(さらに…)


アニメ批評

タイトルに関する考察

2007年3月24日12:23 | アニメ批評 | 個別URL

■mixiより転記

3日ほど前、帰路の途中でふと思った。なぜ「コードギアス」なのか。それほどハマッている。もっとも本編だけで、メディアミックスの派生作品は知らない。ロボットもどうでもいい。この作品のなかでは、ロボットは単なる兵器だ。

古今東西、物語のタイトルには一定のセオリーがある。漫画では、「ドラえもん」「あさりちゃん」のように、単純に主人公の名前と同じ場合が多い。「名探偵コナン」や「ゲゲゲの鬼太郎」「ヒカルの碁」のような発展系や、「DEATH NOTE」「スラムダンク」などの作品中のアイテム・用語も目立つ。

一方、長編の小説や映画になると、印象的なセリフやシーンに由来するものや、本編には使われない象徴的な単語がタイトルになる。たとえば、「白夜行」「こころ」「罪と罰」など。前者はキャラクター依存の連載物、後者は物語中心の一話簡潔物、と考えることもできる。「ハリーポッター」は形態は児童文学でも、内容的には漫画と大差ない。

さて、本題の「コードギアス」。正式タイトルは「コードギアス 反逆のルルーシュ」だ。当初は単に「反逆のルルーシュ」だったが、超能力的な設定を加えた際に変更したらしい。
(さらに…)


アニメ批評