@sf_mi のすべての投稿

湘南在住。人生40年とすると、残りはわずか数年。もう自分自身のため、社会の役に立つ記事しか書きたくない。そして、わずかな時間をもっと悔いなく穏やかに生きたい。 Twitter:@sf_mi

モラハラに消耗しているかもしれない

実は、最近よく目にする「モラルハラスメント(モラハラ)」を受けているかもしれないと気づいたため、「美容家電」「ロボット掃除機」「ハウスクリーニング」の3つの例をまとめた。このうち、まずはひとつのみ公開する。

なぜ、ハウスクリーニングの価値を認めないのか?

一度だけ業者に水回りのハウスクリーニングを依頼したことがある。そのクオリティの高さに驚嘆した。特に汚れがこびりついて取れなくなってしまうと業者に依頼しない限り、永久にきれいにならない。しかし、夫は家庭向けのハウスクリーニングというビジネスモデル自体を否定し、料金がもったいないので自分でやれという反発し、無能とひどく罵る。

一部の家電量販店ではPOSAカード式で「家事代行サービス/ハウスクリーニングサービス」を販売しているカジタクは「プレミアムホリデー」と題し、1日6時間、料理作りを含め、家事代行を楽しめる新しいサービスを開始した。「家事代行」を肯定的に感じている男女にとっては、わかりやすいネーミングであり、女性に寄り添ったメーカーの姿勢にとても好感が持てる。


光熱費や固定回線の通信料金など、項目ごとに分担する「夫婦別財布の」メリットは、自分の収入の範囲で自由におカネを使えること。デメリットは子どもの教育費や食費、冠婚葬祭費などをどちらが支出するかで揉めやすく、相互にチェックしないと貯金が貯まりにくいことだ。
続きを読む モラハラに消耗しているかもしれない

記憶は捏造される。夢は醒める―小説『わたしを離さないで』感想(ネタバレなし)

 作者のカズオ・イシグロの名は、ノーベル賞受賞の前、綾瀬はるか主演のドラマ版『わたしを離さないで』の番宣を見た後、Wikipediaで調べて知った。しかし、結局ドラマは視聴せず、受賞記念として、2017年10月に一挙放送された際も録画に失敗して、1回分しか見られなかった。やむを得ず、図書館で『わたしを離さないで』日本語翻訳の文庫版を予約した。それから1年。ようやく予約の順番が回ってきた。

 あらすじや設定を把握していたため、衝撃はさほどなかった。「日本生まれの英国人作家の純文学」という予備知識以外は一切入れずに読み始めるか、先にドラマ版を見て、原作との違いを探すという読み方をおすすめしたい。
続きを読む 記憶は捏造される。夢は醒める―小説『わたしを離さないで』感想(ネタバレなし)

2017年、4歳以下の子どもの転入数が神奈川県内トップだった理由

 2017年、神奈川県平塚市は、4歳以下の子どもの転入数は県内最多の241人だったそうだ。神奈川新聞や地域フリーペーパーの取材に対し、市長が明言している。

 日経新聞や朝日新聞が「都心の人工集中」と代表例として挙げる武蔵小杉を含む、川崎市中原区より4歳以下の子どもに限ると流入数は多く、圏内トップという。この事実は、おそらくあまり知られていない。市の広報不足と記者のリサーチ不足だ。

 首都圏の各地で児童が多数発生している中、平塚市の2018年4月時点の待機児童数は34人。17年、16年は0人だったので悪化したことになる。しかし、転入数の多さを考えると、かなり「子どもを預けやすい」環境といえる。
続きを読む 2017年、4歳以下の子どもの転入数が神奈川県内トップだった理由

劇場版コードギアス3部作に思うこと

**ネタバレあり。未見の方はご注意ください**

かつて最もハマった作品、そして、今後もこれ以上、繰り返し視聴する作品はないと思われる作品、「コードギアス」。かつて熱心に視聴し、ようやく冷めてきたところに映画化決定。バンダイグループの新規コンテンツの訴求不足の裏返しである。実際、「ドラゴンボール」のように、リメイクや再放送で作品寿命が伸びてきた作品は多い。単発で終わらせるには、学生/テロリスト/為政者の3つの顔を持つルルーシュの魅力は捨てがたいと考えたようだ。
続きを読む 劇場版コードギアス3部作に思うこと

住商複合開発 「成功」の決め手は駅直結/新路線

 

日本で一番成功した工場跡地の再開発は、川崎市西口周辺と駅直結の「ラゾーナ川崎」だろう。今後、さらに再開発に着手するそうだ。開発のポイントは「成長し続ける」こと。出生時は川崎市の貝塚に住み、その後、中原区木月で育った父は、一人でラゾーナを訪れた日の夜、あまりの変わりぶりに驚いたと感想を話していた。

0〜4歳の乳幼児の流入超過数、神奈川県トップは……

だいぶ前から、神奈川県平塚市黒部丘のJT平塚工場跡地は更地だ。完全に解体されてから工事のピッチが下がった気がする。

2018年4月現在、平塚駅周辺は、JT工場跡地を含め、具体的な再開発計画はない。見附台体育館周辺は方針は定まっているが、詳細がわからず、もし実現しても駅前商店街の活性化や人口流入増にはプラスにならないだろう。

2017年撮影 JT平塚工場解体工事の告知
2017年撮影 工場解体工事の告知

続きを読む 住商複合開発 「成功」の決め手は駅直結/新路線

スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

1日24時間では、やりたいこと、やるべきことがこなせない。削るとしたら睡眠しかない。最近話題のワード「睡眠負債」は、情報が多すぎて時間がない現代の歪みそのもの。「眠い」「休んだほうがいい」と感じたら、抗わずに寝てしまえばいいのだ。

何かに焦り、悩み、呆然とする……

2016年12月に書いた<ようやく気づいた「自分の時間」の確保法>は取り下げなければならない。子どもの寝付きが悪くなった2017年2月頃から徐々に、5月には明確に「不眠」だと思い、3つの病院をはしごした結果、3つ目の病院で処方された薬と有料カウンセリング、自問自答を経て、不眠とイライラ感・ストレス感の原因は判明したものの、抜本的な解決策は、見つからず。ただ、少しだけ緩和法に気づき、完全な解消に向けた道筋は見えている。

続きを読む スケジュール決めと、集中力確保の難しさ

賃貸で住む、着席重視の沿線・駅の選び方

東京23区内勤務の場合

(1)駅から徒歩7分以内で、職場の最寄り駅まで乗り換え0〜1回で到着する(推奨)

(2)長時間の着席通勤、短時間の立ち通勤、どちらが生活スタイルに合っているか考える。立ちっぱなしOKなら沿線にこだわらず、家賃と物件仕様で絞り、着席通勤希望なら沿線・駅をピンポイントで定めて探す

(3)着席通勤したい場合、始発駅、始発でなくても必ず座れる駅、時差通勤なら座れる駅、有料通勤ライナーのある路線を選ぶ

(4)東京23区内に複数のオフィス拠点や店舗がある場合、外回りや取材で直行直帰する機会が多い場合は「東京・品川・新宿・池袋」のターミナル駅に乗り換え0〜1回、他の主要駅に乗り換え0〜2回で到着する駅を選ぶ

例えば……

・東急田園都市線:長津田/中央林間(渋谷・大手町まで乗り換えなし)
・東武スカイツリーライン(伊勢崎線):北越谷(品川まで乗り換え1回)
・JR東海道本線:平塚/大磯/二宮/藤沢(東京・品川・新宿・池袋まで乗り換えなし/新宿・池袋は湘南新宿ライン利用時)
・JR横須賀線:大船/戸塚/東戸塚/保土ヶ谷/新川崎(東京・品川・新宿・池袋まで乗り換えなし/新宿・池袋は湘南新宿ライン利用時)
・みなとみらい線:元町・中華街(新宿・池袋まで乗り換えなし、品川まで乗り換え1回)

続きを読む 賃貸で住む、着席重視の沿線・駅の選び方

この国は自ら少子化を加速させている

政治には興味はないが、国のさまざまな政策は注視している。インフレ目標は正しい。だから、現金を抱える母に投資や現物化(自宅住み替え・自動車購入)を薦めたが、聞く耳を持たず。日本の上場企業の優待重視は、デフレ対応の人気取り策。海外のように配当の高さで出資を募るべきだし、増益増収続きが難しいなら上場しないという選択が正しい。それにしても、どうして誰もが現状維持ばかり望むのだろうか?

支給しすぎてきた年金制度はもうすぐ破綻する

人口減・空き家増加が顕著になる2030年前後を挟み、中古マンションや住宅地の売却価格に大きな違いがあるはず。現在の旧耐震・建て替え不可の自宅にあと5、6年、もしくは10年住み、その後、中古か新築マンションに住み替えると主張する母親に、今すぐ売却を促したい。ちなみに給湯設備は一回も更新していない。今さら100万円以上かけて水回りをすべてリフォームするくらいなら売却し、一人娘である自分と同居するか、売却資金を元手にそこそこのグレードの分譲賃貸か、サービス付き高齢者住宅に一人で住めば合理的にも関わらず、持ち家への思い入れに引きずられ、今の高水準の年金支給と、買い物に事欠かない街の賑わいが続くと信じてる。

続きを読む この国は自ら少子化を加速させている