公開相談:マンションスケルトンリフォームの実現可否


亡き父が購入した1978年築の分譲マンション(施工:三木組、販売価格980万円?)の間取りは、昔の団地の「田の字」。壁芯面積約60m2の3DKで、同じ間取りの別の階が売りに出された際は、間取り図はもっと簡素化されていた。

  • <簡易間取り (最初に想起したバージョン)>
  • tanoji

  • <実際の間取り>
    ※北側洋室は変形4.5畳。出窓形状は記憶をもとにしたイメージ
  • renovation-mae

記憶をもとに書き起こしたので水回りは少々違うかもしれないものの、変形の出窓、ダイニング(リビングの位置づけの可能性が高い)とキッチンを区切るアコーディオンカーテン、備え付けガスリモコンなど、いまのマンションにはない、微妙なこだわりが入っている。

昔の団地田の字の3DKを2LDKにリフォームできる?

実は購入以来、40年間、ガスレンジフード、水栓以外、水回りを一切リフォームしていない。あまりにも古く、トイレの使い勝手が悪いので、将来相続したら、水回りの位置を一部変更、下記のように2LDK縦長リビングの間取りにリフォームすることは可能か?  

  • <リノベーションプラン案:
    3DK→2LDK、トイレ・洗面所位置変更>
  • renovation 2LDK

    ガスレンジ、シンクの位置を変更しないという前提で、作業台のみ島状にしたアイランドキッチンは意外に便利そうと感じた。南西角部屋なので、西から日差しが入り、なかなか明るいリビングになった。

    長年住んでいて一つだけ言えることは、やはり永住するなら、マンションは角部屋に限る。

    【関連記事】
    ・賃貸の定番・2DKの需要は消えた?
    ・宅配トランクルームは「情弱ビジネス」か、「持たない暮らし」の必須サービスか