映画『はいからさんが通る』レビュー「紅緒はいつでも自分の理想」

『はいからさんが通る』の原作は1巻、6巻、7巻の順に読んだ。母が買ったはずのコミックをなくしたといい、途中の巻がなく、あとで中古で購入した。イメージはお転婆、職業婦人。大和和紀画業50周年を記念して製作された『はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』を見て、どれだけ大きく影響を受けていたのか、改めて思い知らされた。なぜか不意に食べたくなる「つくね」「あんみつ」、破天荒な行動、茶すら入れられない不器用……、すべて「紅緒」のキャラクターだった。

環の影響も大きい。彼女のように自立して生きたいと思った。「殿方に選ばれるのではなく、私達が殿方を選ぶのです」。男女雇用均等法施行前の70年代に、少女漫画とはいえ、世の中に訴えた大和和紀はかなり先進的だ。
続きを読む 映画『はいからさんが通る』レビュー「紅緒はいつでも自分の理想」

理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない

 7月のある朝、目覚めた時点で絶望的になり、いま一番書きたいこと、自分しか書けないことを考え、書き上げた。その予測通り、政府はモデル例となる標準就業規則から「副業・兼業の禁止」の項目を外そうとしている。

・「副業・兼業の推進」は、デジタル家電・白物家電の販売を後押しする

 テレワークの普及、副業解禁は、これまでの仕事とプライベートの「分離」から「融合」へ大転換となる。仕事は会社のオフィスでやるべき、無能と罵る古い考えの人とはやっていられない。仕事は自宅や外出先でするもの、オフィスは、プロジェクトの根回しやその成果をアピールする場所だ。打ち合わせすら、本来ならテレビ会議システムがあれば遠隔でOK。わざわざオフィスに出勤する必要はない。それでも出勤する理由は、自宅の寝室・リビングが合わないからだ。電車内や知った人のいないフードコードのほうが落ち着く。
続きを読む 理解されない裁量労働制−仕事とプライベートは分離しない

駅ナカが欲しい―平塚駅西口周辺の広域再開発を切望する

 首都圏各地で再開発が進行中だ。計画中のものを含めると非常に多い。仕事用に一覧表を作ろうと思い、情報を追ってみて頭を抱えた。多すぎる。とても通常業務の時間内ではまとめられない。

 しかし、平塚市の再開発は、駅から離れた日産車体工場跡地と、「ツインシティ整備計画」と連動した大神地区だけで、駅一帯はない。北口バスロータリーは整備されたが、駅から降りた際の印象が一変したわけではない。

 2017年時点で、平塚市の人口減少を緩やかにし、子育て世代の移住を図るための案は、(1)平塚駅西口周辺再開発・駅ナカ新設、(2)夕方の東海道線通勤快速新設(東京駅発の復活)、(3)出社義務からの開放の3つだ。テレワーク・リモートワークが浸透すれば通勤の負担減り、家賃の少ない場所に住んだほうが合理的になる。ただ、いわゆる「働き方改革」は、自治体レベルの取り組みで解決する課題ではなく、今すぐ市が取り組んで解消する課題ではない。(1)と(2)が重要だ。

最強! 「湘南新宿ライン」+「上野東京ライン」

 残念ながら、平塚市全域ではなく、「平塚駅」周辺の限られたエリアだけ、住宅地として高いポテンシャルがあると考える。理由は、JR山手線のターミナル駅、東京・新宿・渋谷・上野の各駅に乗り換えなしの1本で行けるからだ。乗車時間はおおむね1時間から1時間半程度。特に日中50分の品川駅は行きやすい。
続きを読む 駅ナカが欲しい―平塚駅西口周辺の広域再開発を切望する

「人づくり革命」への提案

 政治絡みのニュースはよくわからない。そもそも正式名称がわからない。国は国民運動と称し、さまざまな啓蒙を進めているが、伝わってこない。例えば7月24日の「テレワーク・デイ」は開催直前に知った。

 以前、河野太郎氏の自宅のすぐそばに住んでいた(参照)。自治会の副会長、神社の氏子会の副会長を務めていた父は生前、河野太郎氏と顔見知りの仲だった。自分自身も平塚市の活性化策としてJT跡地の有効活用法を直接訴えたことがある。その河野氏は外務大臣に就任し、地元を離れることが増えるだろう。それでも事務所に案を持ち込めば聞いてもらえるはずだ。
続きを読む 「人づくり革命」への提案

新サイト「BCN RETAIL」を改めて紹介

 産前産後休業(実際には出産日から取得しているため、産前は1日も休んでいない)、育児休業中に旧サイト・デジタル生活応援サイト「BCNランキング」の閉鎖、新サイト「BCN RETAIL」への移行とサイトコンセプトのリニューアルが決定し、正直、非常に戸惑い、せっかく培ってきたブランド力の低下、消滅は非常に大きいと感じているけれど、結果的に方針転換は、自分のキャリア形成にはプラスになったと感じている。仕事として執筆・発表できる文章の幅が広がったからだ。
続きを読む 新サイト「BCN RETAIL」を改めて紹介