盛り上がり、そして縮小に向かったデジタル家電普及の10年

2016/7/30 07:18 | つぶやき, デジタル | 個別URL

 スマートフォン・携帯電話、携帯オーディオ、液晶テレビ、デジタルカメの4ジャンルについて、過去の販売データを振り返って記事を書いた。時間が足らず、PCやその他の機器は、データを追うことができなかった。ただ、全般的な傾向は変わらないだろう。

・デジカメは「一人1台」から「一家に1台」に逆戻り? ニーズに応えるカタチは一眼か
・10年間、進まなかった液晶テレビの大画面化 40型4K登場でついにシフト始まる?
・スマホの普及率がついに従来型を逆転 「ケータイ」はいつまで残る?
・2010年をピークに縮小続く携帯オーディオ 生き残りの道はハイレゾか、それとも?

 液晶テレビやレコーダー、デジタル一眼レフカメラなどは、「値下がり」によって、普及に弾みがついた。しかし、急激な値下がりが止まり、単価が上昇に転じた頃から販売台数は伸び悩んだ。iPod nanoが大ヒットした携帯オーディオプレーヤー、コンパクトデジタルカメラ、ノートPCなど、多くのジャンルは、それぞれピーク時より市場規模は縮小し、買い替え時のサイズアップによって、4Kテレビ=大画面テレビが伸びている液晶テレビ以外、下げ止まりの歯止めをかける要因は見当たらない。

 携帯オーディオやPND(ポータブルナビ)、電子辞書は、同じ機能をもつスマートフォンに需要を奪われた。その一方で、4Kテレビやウェアラブル端末、最近では、VR(バーチャルリアリティ)関連製品など、付加価値の高い新たなジャンルが立ち上がり、ユーザーから資金を調達して製品化するクラウドファンディングも活発になっている。デジタル製品のクラウドファンディングは、単なる先着割り引き販売にもみえるが、うまく回れば、最良の仕組みといえる。

 この10年の間に、さまざまなヒット商品が生まれたが、PLCやワンセグチューナー、デジタルフォトフレームなど、一過性のブームで終わったものも多い。PCソフトから生まれたバーチャルシンガー「初音ミク」、iPhoneをきっかけに、2011年から本格的に普及し始めたスマートフォンは、すっかり定着し、生活に溶け込んだ。

 ドコモのiPhone参入、3社横並びを招いた最初のきっかけは、2011年10月に掲載した記事<「iPhone 4S」キャリア対決、ソフトバンク51.7%、au48.3%でほぼ互角のスタート>かもしれない。

 2016年、ついに総務省は、端末の実質0円販売を禁止するなど、過剰な規制を指示するに至り、販売店には大きなマイナスを与えてしまった。とはいえ、あと何年も経てば、誰もキャリアの違いなどは気にしなくなるだろう。iPhoneはiPhoneであり、総務省の目論見が成功すれば、やがて端末と回線の販売は分離せざるを得なくなる。

 振り返ると、2011年は、地デジ化ではなく、従来のケータイからスマートフォンへのシフトによって、大きな転換点となった年だった。これだけは、後世まで伝わる記録に残るよう、訴えていきたい。

【関連記事】
・スマートフォンの普及と日本の歪み
・iPhoneをめぐる争い 最後に勝つのはどのキャリアか

つぶやき, デジタル, ,