2013年5月の記事一覧

住宅ローンは住居費の前借り、資金計画さえ間違わなければ問題ない

2013年5月6日09:14 | つぶやき, 社会批評 | 個別URL

 この個人ブログの更新を休止していた間に引っ越した。余りにも露骨な新築・持ち家優遇の国の政策や、旧態依然の不動産業界の慣習などに対し、いろいろ思うところがあり、折にふれてTwitterでつぶやいてきた。一度、きちんと文章にまとめたいと思っているが、完全に住所が特定されてしまうため、躊躇している。

 以前から、新聞や雑誌には、家計簿(年間/月間の収支)をもとに、アドバイザー(FP)が診断するという記事が時々掲載されていた。新聞・雑誌記事をWebに転載するケースが増え、インターネット上でも頻繁にみかけるようになってきた。また、新築マンション情報誌「スーモ」では、巻頭特集として、世帯人数・年収・物件価格(物件情報)・住宅ローンの実例を紹介する記事が定期的に掲載され、ここ1年、その頻度が以前より増えている気がする。

・住宅を賃貸と購入どっちがいいの?と聞かれたら「賃貸最強!」と答えよう
・こんな理由で家を買ってはいけない! その3「結婚したから」「子どもが生まれるから」
※その1・その2・その4(最終回)もあり

 「賃貸最強!」は、ある意味、正しい。いくら家賃より出費が抑えられるからといって、既婚・未婚問わず、貯金がほとんどない状態で住宅ローンを組んで家を買うことには反対だ。ある程度、貯蓄があり、総支払額が確定している全期間固定金利(フラット35)で、20年~35年間、払い続けられる見通しが立っているならいい。多くの場合、不動産会社に勧められるまま、不確定な変動金利を選んでしまう。

 「結婚したから」「子どもが生まれるから」、圧倒的に多い「家賃がもったいないから」という安易な理由で家を購入するのも反対だ。日本は、引越しに伴う事務手続きが多く、気軽に引っ越せない。持ち家の場合、そもそも、希望する価格で売却できない場合が考えられる。その街に定住するつもりがないなら、買うべきではない。いくら好立地でも、永久に「売れる」「貸せる」保証はない。
(さらに…)


つぶやき, 社会批評,