2011年を振り返ってー「なりたい自分」が見えてきた

2011/12/31 22:58 | つぶやき | 個別URL

 11月に入ってから、せっかくうまく回っていた歯車がずれ始めた。その結果、仕事の能率は下がり、執筆本数が減り、ブログの更新は、ほぼストップしてしまった。自己満足の個人ブログより、仕事の記事を優先するべき、と判断したからだ。しかし、休日返上で原稿を真剣に書いたのはわずか2日間だけで、あとはWii版の「ドラクエI・II・III」のFC版ドラクエIIIをプレイしていた。それ以上に多く費やした時間はTwitterだろう。不具合やアプリのAPI制限でTLを遡って見ることが難しいゆえに、空き時間は、つい、リアルタイムでしか読めないTwitterを優先してしまう。その結果、アプトプット量が大幅に減る―という悪循環にはまってしまった。

 その間、視聴したドラマ、アニメ、マンガなどの作品の感想を、本当はすぐにブログに書きたかった。特に、ネット上の口コミで余り評判が高くない作品ほど、すぐに賞賛の感想を書き、制作サイドや編集部に伝えなければ、打ち切りやメディア展開の規模縮小などの目に遭いかねない。それらの作品を楽しみにしている身にとっては非常に困る。しかし、先に公式サイトやWikipedia、Twitterのツイートなどを読んでしまって時間がなくなり、鑑賞直後の「自分だけの感想」は、文字化しないうちにほとんど忘れてしまった。ほんの一部は、忘れないうちにTwitterでつぶやいたが、文字制限のため、感じた思いの10%も表現できていない。良い作品やイベントに出会ったら、「ブログに感想を必ず書く」という習慣を身につけなければ、作品継続のために、本当にまずいと感じている。

 公私ともに、2012年は、今まで以上にアウトプット量を多くしたい。同時に、もっと自分の主張を強く打ち出したい。携帯電話ランキングなど、仕事の記事では、「量販店の集計データを文章や表を用いてなるべくわかりやすく客観的に伝える」ことを第一に、極力、自分の意見や主張は入れないように心がけている。データをなるべく多く公開し、どのようにとらえるかの判断は、読み手に委ねたいと思っているからだ。読者からの批判のコメントを防ぐ目的もある。

 けれど、本音では、根拠なく、自分の直感だけで「言い切りたい」ときもある。そして、自分が憧れている何名かのITジャーナリストと同じように、個人の名前で評価してもらえるようになりたいと思う。そのために足りない部分をどうやって伸ばせばいいのか、何を学べばいいのか、そもそも今の方向性でいいのか。その答えが見つからないまま、日々のルーティン業務と、編集長から直々に依頼された「iPhone 4S比較」の連載(第1回第2回)の心理的負荷、極度の体調不良が重なり、ブログが書けなくなってしまった。

 私は、現在、編集部ではなく、Webを含む制作担当部門に所属している。表向きはWebサイトの運営スタッフであり、基本的に量販店・メーカーに対する取材活動は行っていない。例外は、編集部に所属していた時につながりがあったアップルだけだ。けれども、前上司、現上司のありがたい判断により、日々、記事を書き、Webサイトのコンテンツ面の進捗を管理している。立ち位置は、「PVアップのための常駐ヘルパー」。自分の裁量で比較的自由に書くことができ、非常にやりがいがある。だから、つい、身体的に無理を通してしまう。

 ただ、取材に裏打ちされた説得力のある他の方の記事を読むうちに、左から右へ流す「文化的雪かき」に従事する一介のライターではなく、今や相互に密接に関わったサブカルチャーとデジタル、そしてインターネットの普及とともに急速に変化した新しいかたちの「メディア社会」の今(Now)と未来(Future)を、自分だけの視点で語るジャーナリストを目指したいと強く思うようになってきた。2010年5月からTwitterを使い始め、そこでの知的な会話やネットワークに刺激を受けて、ようやく「なりたい未来の自分」が見えてきた気がする。たとえ、名は残らなくとも、社会の役に立つ人間でありたい。今までも「無署名」または「署名入り」で多数の記事を書き、少なからず、世の中の動きに影響を与えることができたと自負している。その幅をもっと広げ、視点と視野を広く持ち、「この人の書くことなら信頼できる」と評価されるようになれたら本望だ。

 デジタル関連とは別に、日本の発展を阻害している年金や医療制度、地方自治などに代表される「旧来のシステム」の変革する活動に協力したいと思っている。今の日本社会の行き詰まりは、とどのつまり、大量生産・大量消費社会の行き詰まりに他ならない。メーカーも店舗も多すぎて、情報不足の消費者は選びきれず、逆に賢い消費者は欲しいものがなく、ミスマッチで無駄が世の中にあふれている。

 人は、強制的な労働・消費・勉強から自由になるべき。興味・好奇心の赴くまま、自由に過ごせたらどんなに幸せだろう。実際には、住居費をはじめ、生活するためのコストが高すぎるため、定年まで、身体を酷使しても働き続けなければならない。特に都心と都心近郊の住居費と、インターネットの通信費・携帯電話代は高すぎる。今の日本人は、高校卒業後の18歳もしくは大学卒業後の22歳から70歳くらいまで「休みなく働くため」に生まれてきたみたいだ。

 ブログが書けなかった個人的なもう一つの要因、体調不良。詳しくは今は書かない。ようやく訪れた病院で、これまでの経緯と症状を話したところ、医者からは真っ先に「ストレスが原因では?」と言われ、処方された薬を服用したところ、ほとんど解消したが、精密検査の診断結果が出るまではわからない(新年早々に精密検査を受ける予定、もう一つは保留中)。

 かつて、いつ死んでもいいと思っていた。2005年の冬、「液晶テレビの売れ筋は32V型」と日本で最初で伝えたのは私だ。結局、今でもサイズ別販売台数No.1は32V型で、日本の住宅事情が飛躍的に改善しない限り、大型化は進みそうもない。このほか、世の中のトレンドを動かすような記事を何本か書くことができた。学生時代には一度も得られなかった充足感を、今の会社に入社して初めて得ることができた。

 Yahoo! JapanとYahoo!ニュースが存在し続ける以上、私が書いた記事が「Yahoo!トピックストップ(ヤフトピトップ)」に載り、多くの人の目に触れた事実は永遠に残る。2011年だけでも、5本の署名入り記事が掲載された。特に5本目は、私でなければ書けない内容のもの。身体面はともかく、仕事の面で、2011年ほど充実した年はありませんでした。読んでいただいた多くの方々、どうもありがとうございました。

Fumi Sagano: @sf_mi

【関連記事】
・スティーブ・ジョブズ氏が遺してくれたもの
・iPhoneをめぐる争い 最後に勝つのはどのキャリアか
・ドラクエの思い出(1) FC版「ドラクエ II」とWiiの「SFC版ドラクエII」

つぶやき, , ,