2010年の記事一覧

大磯・平塚間を夜中に歩く-2010年12月後半のツイートまとめ

2010年12月31日23:59 | つぶやき, 湘南ローカル情報 | 個別URL

12月7日と12月28日の2回、帰宅時の電車で一駅先の大磯駅まで行ってしまった。どちらも火曜日。7日は完全に寝過ごし、28日はiPadでインターネットをしていて降りそびれた。東海道線の上りの最終電車はとっくに終了。電話をかけても、ダンナは迎えに来てくれず。やむを得ないので、自宅まで歩いた。実家の母名義(旧父名義)の普通自動車、夫の軽自動車の2台分の自動車保険を契約し、今年もかなりの額を自動車の維持費に費やしたのに、肝心な時に使えないのでは意味がない。

大磯駅から坂道を下り、国道1号線に出れば、あとはほぼまっすぐ。何度も通ったことのある慣れた道だ。とはいえ、真夜中は人はほとんどおらず、物寂しい雰囲気だった。頑張って歩いて帰っても誰も褒めてくれない。孤独で傲慢な自分。最初から世界のノイズで、不必要な人間で、世間から認められたと思ったのは錯覚だった。単純にタクシー代をケチったわけではない。愚かな自分を罰するために歩いた。
(さらに…)


つぶやき, 湘南ローカル情報, , ,

人の想像力は無限、制限できるはずがない-2010年12月前半のツイートまとめ

2010年12月19日01:03 | つぶやき | 個別URL

最近、はてなブックマークを使い始めた。ただひたすら、ブックマークするだけ。ブラウザのブックマークは、将来的にGoogleリーダーに集約するつもり。東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案については、反対しながらも、結局、行動に移せなかった。

この条例が施行され、厳格に運用されたら、萌えとデジタルの街「秋葉原」が終わる。日本独自の録画文化もなくなり、レコーダー・PC業界は大幅に縮小する。その影響で、多くの企業が倒産し、大量の失業者が生まれるだろう。マンガ・アニメを取り上げれば、若者の消費が、以前のように旅行や自動車、家具などのブランド消費に向かうとでも思っているのだろうか? 今の若者は、自分が好きな分野、自分が好きなブランドにしか心を動かさない。所有欲は一部のコレクターだけのもの。多くの人は「体感」できれば十分。今後、あらゆるデジタルデータのクラウド化が進むだろう。必要な時に必要な分だけアクセスできればいい。モノは要らない、自分の感性、使い方がすべて。

マンガ・アニメを含め、フィクションは、辛い現実に救いを与える。旧来の小説、映像だけが創作物ではない。創作物の価値を等しく認めず、あらゆる人が無限に持つ「想像する力」に制限をもたらす東京都の青少年健全育成条例改正案には、断固として反対する。
(さらに…)


つぶやき, ,

決して「エコ」にはならない自家用車-2010年11月後半のツイートまとめ

2010年11月30日23:40 | つぶやき | 個別URL

11月は週1本のペースで独自記事(仕事)をアップ。エコポイント改定にあわせて駆け込みで書いた薄型テレビの記事は、思惑通り、ポータルサイトに取り上げられ、多くの方に読んでいただけました。プライベートでは、東京都青少年健全育成条例の改正、実家の自動車問題など、ますます頭を悩ますことばかり。世の中は思う通りにならない。10年後の自分は、どうやって生きているのだろうか?
(さらに…)


つぶやき, ,

Twitterの速さに既存メディアは敵わない-2010年11月前半のツイートまとめ

2010年11月15日22:40 | つぶやき | 個別URL

Twitterの存在を最初に知ったのは、同僚から話を聞いた2008年5月。すぐにアカウントを作ったものの、ずっと放置していた。再開したのは、その2年後。編集部の責任者@pagetaneが「記者は全員実名でTwitterのアカウントを持ち、有意義な情報を発信してフォロワー数を増やせ」と指示を出してからだ。

最終的にその指示は撤回され、「個人のアカウントで業務にかかわる情報を発信し、フォロワー数を増やそうとすることを推奨する」という緩やかなものになった。結局、私ぐらいしか実践していない。ここまで個人的な見解や感想を吐露してよいのか正直わからないが、一個人として、仕事上で知り得た情報や宣伝を交えながら、いま考えていること、感じたことを発信していきたい。

法人・個人問わず、書き手の個性を明確に打ち出したブログメディアの台頭に危機感を感じている。しかし、社内共通の認識ではなく、話が噛み合わないことも多い。Twitterを友人とのコミュニケーションツールとしてではなく、情報発信/収集ツールとして利用している人ならば、TwitterのTL上に流れるさまざまな情報の「速さ」に既存メディアは到底敵わないことに気づくと思うのだが…。
(さらに…)


つぶやき, , ,

ソーシャルがメディアと消費社会を変える-2010年10月28日~30日のツイート

2010年10月28日23:43 | つぶやき | 個別URL

TwitterのTLを見ていると、時代に取り残されつつあるような危機感を覚える。ソーシャルウェブ、ソーシャルメディアが既存のインターネットビジネス、広告ビジネス、メディアと消費のあり方を変える。消費社会そのものは存続するが、マスメディアに誘導された大量消費・気分消費ではなく、個人の感性や人のつながり、口コミに大きく影響を受けたニッチ消費・リサーチ消費に移行する。事前に調べて納得しなければ買わない、行かない。メディアも同様。影響力をもつネットユーザー(情報キュレーター、プロブロガー)に気に入ってもらえなければ、ただRTするだけの受身のネットユーザー、サイレントコンシューマーに情報が届かず、媒体価値が下がっていく。自分はどうしたいのか、どうやって生きるべきか。2つの方向性のどちらを目指すべきか、思い悩んでいる。
(さらに…)


つぶやき,