2007年の記事一覧

薄れるこだわり

2007年12月2日10:59 | つぶやき | 個別URL

■mixiより転記

ディフェンスからオフェンスに回って欲しいというけれど、単に格下げ。「権力」が奪われた。私にディートハルトの仕事をやらせようとするのは、余りにもわかっていない。もし出来たなら、宣伝プロデューサーに転職するよ。

ネットの情報はどこまで信頼できるか。ニュースサイトのページネーションが見苦しい。山場のCMと同じ。見る気が失せる。来週以降、早々に mixiからブログに移行し、毎日更新するようにしよう。裏話、気になるニュース、ゲームプレイ、作品批評、社会批評。書きたいことはいっぱいある。仕事を離れて好きなことをもう一度、書こう。ここ2年半、忙し過ぎた。貯金はたまったけれど、心は空洞。昔に戻るだけ。多分、変わっても生きていける…と思いたい。

私が「コードギアス」が面白いと直感した第6話。「奪われた仮面」。やはり面白い。にゃー。初見時、アーサーが5話に登場した猫と同一とは気づかなかった。先週思い出したが、5話もどうやらリアルタイムで見たようだ。本放送で見なかったのは、2話の後半と3話丸ごと、4話前半。それでもハマッたのは、去年の年末に実施された前半1クール分の一挙無料配信。ネットの力をうまく生かした例。

●ダビング10の向こうに光は見えるのか

次世代DVDはいよいよ立ち上がりそう。複製の複雑さ、面倒さは「ダビング10」になっても変わらず。むしろややこしくなった。本当に欲しいものは、もはやパッケージで買った方が良さそうだ。

仕事、身の回り、コレクション、お金、評価・評判。何もかもがどうでも良くなってくる。命すらも。頭痛に襲われた時のみ、辛さを感じる。寒くても暑くても空腹でも、どうでもいい。私の時間と空間は自分で制御できない。

前向きさを忘れ、切磋琢磨を忘れ、思いやりを忘れ。楽譜の読み方も再びわからなくなった。タグも最低限しかわからない。MTの使い方は完全に忘却。名刺はどうやって渡せばいい?正しい敬語・日本語は? 

夏と冬を比べると、夏の方が好きだ。冬の自宅は寒い。未だにエアコンがない。コタツとセラミックヒーターのみ。自分の部屋もない。本気でトランクルームを借りようかと検討中。


つぶやき

DS版「コードギアス」の販売本数と「初音ミク」の比較

2007年11月4日22:59 | つぶやき | 個別URL

■mixiより転記

ネット上で見かけたゲーム系の調査会社の販売データによると、DS版「コードギアス」の発売第1週目の販売本数は約2万本。注目のPCソフト「初音ミク」の1週間の販売数は実はそれ以下。以前より落ちたとはいえ、週刊少年ジャンプ、マガジンの発行部数は150万以上。「人気」を支えるのは必ずしも購買者とは限らない。ムーブメントには祭りに参加するだけの見物人、冷やかし、聴衆が必要。ファンがいなくてもモノはある程度売れる。ただ、サイトのアクセスアップの方策を課題にされて、ほとほとブランド力がないと、忙しい現代人からどうやって時間を奪えるのかと頭を抱えてしまった。


つぶやき

2007年9月終了アニメ作品短評

2007年9月29日15:25 | アニメ感想 | 個別URL

■mixiより転記

2007年9月の休日は、ネットアクセスと口コミで評判のかき氷専門店で終わった。後は深夜アニメとピアノ。話題の「らき☆すた」は数回だけ見た。話やキャラはともかく演出が面白い。「さよなら絶望先生」は全12話中4、5回ほど見た。フルに見たのは、録画したラスト2回。しかし、テレビのチューナー経由で録画したので画質が悪い。「絶望先生」は眠さをこらえて生放送で見ると馬鹿らしいが、改めて見るとやはり演出と黒板などの小ネタが面白い。OP・EDの楽曲とセンスもイイ。

終電や終電近くの電車で帰ることが多いため、リアルタイムで見られる番組は深夜アニメだけ。眠くてもビデオで録画するとアナログのため画質が落ち、HDD も足りなくなるため、早く帰宅してもその時間まで起きていてしまう。どれもなかなか面白いので、同じ監督や出演者の昔の作品も見たくなる。結論としてDVDが欲しい。
(さらに…)


アニメ感想,

1995年の奇跡を振り返る―「ヱヴァ」新劇場版レビュー

2007年9月9日12:11 | つぶやき, アニメ感想 | 個別URL

■mixiより転記

1995年、ネットも携帯もPCも普及していない時代、「幽遊白書」の蔵馬役の緒方恵美が主演すると知ってリアルタイムで見た「エヴァ」が、監督自身の手によって再構築された新作劇場版として還ってきた。正式名称は「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE」。4部構成で次の「破」以降、オリジナルストーリーが展開されるという。
(さらに…)


つぶやき, アニメ感想, ,

現場放棄―コードギアス 反逆のルルーシュ第24話・第25話感想

2007年7月31日16:00 | アニメ感想 | 個別URL

■mixiより転記

先行上映会の落選通知が届いたことがわかった時点で即座に申請し、代休を取ってまで見る内容だったか? と自問自答しないわけではないが、未放送だった深夜アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」を試聴後、ゆっくりと浸るために本日は休み。現場放棄で後始末も上司任せ。もう半日が過ぎた。日曜日、予期せぬ大雨のために自動車が冠水、その後掃除のためどこにも出かけられない。場合によっては修理に出さなければなりそう。予期せぬイレギュラーが起きるのはこの世の常。

ファンしか見ない(ファンでさえ通常は録画して見る)と思われる朝4時-5時のオンエアとなった「コードギアス 反逆のルルーシュ」24話・25話。番宣も2回しか見なかったが、競合のITサイトでは告知記事を何度も見た。個人ブログを見ても、デジモノ好きとアニメ好きはかなりかぶっているようだ。

意外だった。スザクがゼロの正体はルルーシュではないか、とかなり早い時点から疑っていたこと。不可解な欠席日数の多さや戦闘中の対応で勘付いたのだろう。スザクは天然だから気づくはずがない、と思い込まされていた。
(さらに…)


アニメ感想