DEATH NOTE読了


■mixiより転記

DEATH NOTEの最終2巻を一気に買って完結まで読んだ。第二部以降、立ち読みした限りでは勢いがなくなったような感があったが、コミックスで読むとなかなか鬼気迫るものがある。

なぜ夜神月は負けたのか?大人しく裁きだけに徹していれば、おそらく世界はキラの思想に落ちただろう。最後は正義が勝利した。さて、ミサミサはどうなったのだろう? リュークが月を自分のノートで殺したのは、月の自白によりミサミサが罪に問われるのを避けるため?と思いたい。

映画版はよりリアルだ。すでに一人失っている。裁きの理由も明確。続きが気になる。